スポンサーリンク

多肉植物を日本で栽培するためには?

日本にも自生している

多肉植物はアフリカやメキシコなど遠い国にしか生えていないと思われがちだが、実は日本にも一部の多肉植物が自生している。例えば「セダム」多肉植物には見えない普通の草のような姿で、道ばたや古い民家にひっそり生えていたりする。マンネングサ、だと聞いたことがある方も多いと思う。その他では子持ち蓮華で有名な「オロスタキス」も日本に自生している。オロスタキスのイワレンゲのたぐいは野生のものが激減しており絶滅危惧種にも指定されている。「アエオニウム」の黒法師もかやぶき屋根の古い家などで見たことがあるのではないだろうか。ミセバヤ(ヒロテレフィウム属)も立派な日本原産の多肉植物だ。

日本に原生している多肉植物

  • セダム属
  • オロスタキス属
  • アエオニウム属
  • ヒロテレフィウム属

など

育てられる条件

高温多湿で水の嫌いな多肉植物がなぜ日本でも育つのか?それは日本にも多肉植物が好む環境があるからだ。たとえば

①川べりの石がゴロゴロしたところ・・・雨が降ってもすぐに下に流れたり蒸発したりして土が乾燥する
②かやぶき屋根の北側・・・風がよく吹き降った雨もすぐ乾く。雨は屋根の傾斜ですぐに流れてしまう

このような場所はすぐに乾燥してしまい、他の草花や雑草さえも育つことが出来ない。そこで多肉植物が生育するのにちょうど良い。

日本で多肉植物が自生しているところには特徴があった。それは

  • 水はけが良いこと
  • 風がよく当たること
  • 日がよく当たること
  • 暑すぎないこと

つまりこの条件を揃えることが出来れば、アフリカやマダガスカル、南北アメリカなど他国の異なる環境で自生する色々な多肉植物を育てることが出来る!

生育型という考え方

日本で他国の異なる環境で育つ多肉植物を育てるにはどうしたらよいか?そのために考え出された栽培方法が「生育型」(生育パターン)だ。生育型とは、自生地の環境を日本の四季に合わせて上手に育てるための便宜上の分類だ。多肉植物は気温の高いところで育つものや氷点下のもとで育つものなど種類ごとに生育環境が異なる。それを日本で育てた場合に春と秋によく生育ものを「春秋型」、冬によく生育するものを「冬型」、夏によく生育するものを「夏型」と分けた。多肉植物を一つ一つ原産地を覚えて、特徴を覚えて、・・などととてもやっていられない。しかし生育型を3つに分けることで、「アエオニウム属は冬型だから夏が近づいたら水やりを減らそう」というふうに栽培や管理がしやすくなる。

生育型ごとの特徴

  • 春秋型・・・生育温度10℃~25℃、春と秋に生育し、夏と冬は生育が緩慢になったり休眠したりする
  • 夏型・・・生育温度20~35℃、夏にかけて生育し、春と秋は生育が緩慢になり冬は休眠する
  • 冬型・・・生育温度5℃~20℃、秋から冬にかけて生育し、春は生育が緩慢に、夏は休眠する

コメント