スポンサーリンク

サボテンってなに?多肉植物との違いは?

サボテンとは

サボテンとは、サボテン科というひとつの科のこと。キク科、バラ科、ツリフネソウ科などの科と同じくサボテン科という科がある。そのことをさしている。

サボテンと多肉植物の違い

それならサボテンと多肉植物は同違いがあるのか?ひょっとしたら同じ仲間なのかと思ってしまう。実は多肉植物のほうが大きなグループだ。多肉植物は葉や茎にたくさん水をため込み乾燥に強い植物をいう。サボテンは多肉植物のひとつなのだ。

多肉植物

  • ベンケイソウ科(エケベリア属、グラプトペタルム属、クラッスラ属、セダム属、パキフィツム属、カランコエ属など)
  • アロエ科(アロエ属、ハオルシア属、ガステリア属など)
  • ツルナ科(リトープス属、コノフィツム属、ブラウンシア属など)
  • サボテン科(アストロフィツム属、エキノカクタス属、エキノケレウス属など)

このように、サボテンも多肉植物の一部なのだ。

区別は刺座にあり

ユーフォルビアの一部には棘がある。スタペリアにもとげのようなものがある。サボテンにもとげがある。しかしとげがないサボテンもある。・・・サボテンってどうやって区別したら良いのだろう・・・実はサボテンだけに特有のものがある。これがあればサボテンと見分けられる。それは「刺座」(しざ)だ。刺座はアレオーレともいわれているサボテン特有の器官で、とげの付け根にある綿のようなもののことをさす。歴史的には枝が縮んで体内に埋め込むような形になった枝だといわれている。棘のないサボテンもあるが、刺座は必ずある。だから、刺座があるかどうかをチェックすることで、他の多肉植物や植物と見分けることが出来る。

刺座の役割

サボテンの刺座とは、どんな働きがあるのだろう?サボテンのトゲは葉が茎につく部分が変化してできたものだといわれている。植物は気孔を通して蒸散するが、蒸散することで体内の水を失ってしまう。それを防ぐために葉が棘になったと考えられている。それ以外に棘は、サボテンを食べる動物から身を守るために、また大気の中の水分を体に取り込むため、など色々な機能があると考えられている。

コメント