スポンサーリンク

市販の多肉植物用土の選び方

多肉植物用の土ってどんな土?

土 つち多肉植物って土が難しい、普通の土ではだめだ、どんな土がよいのか、避けたほうがよい土があるとしたらどんなものか。など多肉植物を育てる上でまず悩むのが土選び。

多肉植物の土の準備方法は、自分でブレンドする方法と市販品のサボテンや多肉植物の土を買う方法がある。以下では市販品を買う場合のベストな選び方をみていきたい。

といっても始めて土を買う人も少なくないはず、それだと買ってきても良い土と悪い土の区別が分からない。だけどブレンドするのは大変だから手軽に少サイズの市販品で育ててみたい。

実は多肉植物用の土といっても一つではない。大きく分けると

  1. サボテン用・多肉植物用の土
  2. さし芽・タネまき用の土
  3. 鉢底石

の3つがある。

サボテン用・多肉植物用の土

多肉植物の土粒が大きめで通気性がよく、また適度な重さがあり大きくなった株を植えるために使う。

さし芽・タネまき用の土
多肉植物の土雑菌などが入っていない清潔で、粒が非常に細かく軽いもので挿し芽(挿し木)や種まきをする時に使うもの。

鉢底石

色々なサイズの多肉植物を植える際、水はけをよくするために鉢底に敷く軽石。

使い分け
挿し木で育ててみたい場合は、「挿し芽種まき用の土」を用意し、大きくなって根も生えているポット苗を手に入れたら「サボテン・多肉植物用の土」を使うとよい。しっかり根が出ているものは小さな苗でも鉢底に鉢底石を敷き詰めた方がよい。また挿し木で始めたとしても大きくなってきたら、「サボテン・多肉植物用の土」に植え替えた方が生育が良くなる。

普通の園芸用土は避ける
またご存じの方も多いと思うが、普通の「植物や野菜の土」は多肉植物には性質が合わず、水もちが良すぎる、肥料が多すぎる、通気性が悪い、などのトラブルが起こるので、ブレンド済みの市販品を使うなら多肉用土かサボテンの土を選んで欲しい。

多肉植物によい土の7つのポイント

ポイント

多肉植物で大切な7つのポイント

  • 通気性がよい
  • 排水性がよい
  • 保水性が少しある
  • 清潔である
  • 適切な重さがある
  • 保肥性が少しある
  • みじんが少ない

それぞれの詳細は「多肉植物にとって良い土とは?」で紹介しているのでできればチェックしてほしい。

7個も項目があって大変に思われるが、一番大切なのは上から4つの「通気性がよい、排水性が良い、保水性がよい、清潔である」が取り敢えず守られればよい。

と言っても具体的にどんな市販品を買えば良いのか?よい点と悪い点の両方をみてみよう。

買って良い多肉用土と悪い土

良い多肉用土の特徴

  • 粒のサイズが揃っている
  • 軽すぎず重すぎない
  • 品質表示がある
  • 肥料がほとんど入っていない

基本的には粒が揃っていて軽すぎない、重すぎない、肥料が入っていないなどの土がよい。しかし多肉植物用の土は粒サイズの揃っていないものも多く、種類も少ないので選べないと思うかもしれない。その場合はふるいにかけて粒サイズを揃えたり、1つ土を買い足して混ぜたりしてもよい。また全部が軽石でできていそうな軽い土は避け、細かくて普通の園芸用土より重い湿ったような土も避ける。

避けたほうがよい土の特徴

  • 袋の底の方にみじんが溜まっている
  • カビが生えている
  • コケや藻のような緑のものができている
  • 土袋に通気穴もなく、水滴がびっしりついている
  • 大きな腐葉土が入っている
  • においが変

みじんとは
みじんごく細かくなった土の粒で、通気や排水性が悪くなり多肉植物にとって良くない。

袋の底に粉のようなものが溜まっているもの、カビや水滴、藻などが生えているものは水分が多いか、腐葉土などが未熟でカビていると思われるので避けたい。また水滴が多いのは園芸店の管理が悪いこともあるのでなるべく避けたい。みじんは少ない方が良いが、買ってきてふるって使えばなんとかなるので、あまり気にしなくてもよい。

土の品質表示とは

ちゃんとした土には必ず品質表示のラベルがついている。
土の品質表示 土の品質表示 土の品質表示

  • 用途
  • 容量
  • 配合原料(上位4種)
  • 肥料の配合有無
  • 製造元の会社名や住所など

などの項目が記載されている。

もし品質表示がないものは成分などが分からず多肉植物に合うかどうか参考にならないし、信頼性に欠けるので避けたほうがよい。
できれば小粒・中粒などサイズが書いてるあるもの、酸度調節済みかph(ピーエイチ)が書いてあるものが望ましい。多肉植物は全体的にPH5.5~6.5程度の弱酸性を好む。

また極端に安いものは品質がそれなりに悪いことが多いので避けたい。

必要な量の目安

植木鉢それでは最後にどれくらいの量(リットル)を買ったら良いのか見ていこう。

多肉植物の多くは苗が小さく大量の土は要らない。そのため花や野菜用の園芸用土のように18L、14Lなどは要らない。大きいものを買うと使い切れなくて、古くなってしまう。5L程度あれば0.5L×10鉢くらいは余裕で足りる。通販で買うなど、どんな土か分からない場合は数種類の土を1L、2Lの少量パックで買い、よいと判断できた土を買い増しするという方法もありだ。

参考程度に鉢のサイズごとの必要な土のリットル数を調べた。

号数別の土の必要量
号数 口径 容量
2号鉢 6cm 0.13L
2.5号鉢 7.5cm 0.25L
3号鉢 9cm 0.3L
4号鉢 12cm 0.6L

多肉の場合鉢のサイズが小さく、園芸店などでは2.5号鉢(茶色い丸ポットで売っている市販品)が多い。

他に多肉植物によく使われるプラスチックポットで「プレステラ」という鉢があるが、プレステラ90が0.25L、プレステラ105が0.35Lとなっている。

コメント