スポンサーリンク

多肉植物用に土を改良するには?

土は多肉用に改良できる

買ってきた土でももっと軽くしたい、植えてみたが苗がぐらぐらなので重くしたい、細かくて水はけが悪そうだ、など少し何かを足せば改良できる土にも出会うはず。そんな場合は改良用土を目的に合わせて何割か混ぜ込んでみよう。

水はけ・通気性を良くしたい

どうしても市販の土しか手に入らなかったなどで、花や野菜の土を使うとすると水はけの調節が必要になる。

  • 花と野菜の土1:日向土の細粒1
  • 花と野菜の土1:軽石の細粒1:バーミキュライト1
  • 元の土2:腐葉土1

などが考えられる。

また多肉植物・サボテンの土(以下では「市販の多肉土」と記述)を買ってきたが、意外と細かく通気性を良くしたいなどの場合は

  • 市販の多肉土3:日向土の小粒1
  • 元の土3:パーライト1

それ以外に、軽石やピートモス、くん炭などが通気性をよくするのに使える。

水持ちを良くしたい

根が極度の乾燥に弱い、プラ鉢ではなく駄温鉢なので乾きが良すぎる、といった場合は保水性を上げる必要がある。その場合、腐葉土やバーミキュライトを加えると良い。

  • 元の土3:バーミキュライトや腐葉土1

一般的に粒は細かいものほど保水性がよくなるが、みじんにならないように気をつける。

酸性にしたい

多肉植物は弱酸性(PH5.5~6.5)を好むので、アルカリ性を弱めたいことがある。鹿沼土とピートモスは酸性の土。くん炭はアルカリ性が強いので避ける。

なので

  • 元の土3:鹿沼土:1
  • 元の土3:ピートモス:1

などが考えられる。

なお、ピートモスは石灰などを混ぜて中性に調節済みのものと、何も入れず無調整のものがあるので、弱酸性にしたい場合は無調整のものを買う。

逆にアルカリ性にしたい場合はくん炭を混ぜるとよい。ただくん炭はアルカリ性が強いので、土の全体量の10%未満に抑えたほうがよい。

軽くしたい

川砂がたくさん入っていて重いという場合や、小さい粒ばかりで根が詰まりそうという場合は、バーミキュライト、パーライト、ピートモス、軽石の小粒、鹿沼土の小粒などを混ぜると良い。

具体的には

  • 市販の多肉土や元の土3:下記の改良用の土1

改良用の土として

  • とにかく軽くしたい場合は、バーライトやピートモス、バーミキュライト
  • みじんが気になる場合は、ふるった後に軽石の小粒
  • 通気性も良くしたい場合は、熟した腐葉土

などの組み合わせが考えられる。

重くしたい

挿し芽・種まき用土を買ったらあまりにも軽くて苗が立たないということがある。その場合は、種まき用土の性質に応じて、日向土、川砂、赤玉土などを入れると良い。

具体的には

  • 市販の多肉用土や元の土3:下記の改良用の土1

改良用の土として

  • できるだけ重くしたいなら、川砂がかなり重くできる
  • 重さも軽いがみじんも多いようなら、崩れにくい日向土小粒や焼き赤玉土、硬質鹿沼土

などの組み合わせが考えられる。

重さの比較

土の重さは200mlあたり(コップ1杯の体積)で比較すると次の順に軽い。

  • 25g パーライト・バーミキュライト・くん炭
  • 45g 腐葉土・ピートモス
  • 125g 標準的なブレンド土
  • 175g 赤玉土の中粒
  • 325g 川砂・真砂土

ほとんど同じように見える土だが、200cc当たり25gから325gのかなりの差があることが分かる。

コメント