スポンサーリンク

多肉植物にとってよい土とは?

多肉植物にとって良い土の条件

土 つち
多肉植物の土は難しい、普通の植物と違う土を使うというイメージがありますが、実は多肉植物にとって良い土も普通の植物と基本は同じです。共通点は水はけと通気性がよく、保水性もあり、雑草の種や雑菌や害虫などがいないという点です。

しかし多肉植物特有の事情もあります。それは

  • 普通の植物の土より水はけがさらに良い
  • 保水性・保肥性はそれほど強くない
  • 肥料分がかなり少ないほうがよい
  • 水やりを重ねても細かくなりにくい

などです。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.通気性が良い

通気性は空気の入れ換えができる性質です。通気性がよい土は団粒構造(すぐ下に詳細)で粒と粒の間に隙間があり、そこから空気が出入りできます。実は多肉植物も根が呼吸していて、根から酸素を取り込んでいます。

通気性が悪いと酸素が取り込めず根腐れの原因となってしまいます。土袋の下に残っている「みじん」(ページ末に詳細)がよくないというのは、土の粒と粒の隙間にみじん(極細かい粒)が入り込んで空気の通りを悪くしてしまうためです。

団粒構造とは
団粒構造とは、土の粒と粒の間にすき間があり、通気性や排水性にすぐれている構造のことです。みじんは団粒構造の正反対の性質です。例えば赤玉土や鹿沼土には隙間が多い(団粒構造になっている)ので多肉植物にとって良い土といえます。

ただ赤玉土や鹿沼土も水やりを繰り返すことで、だんだん崩れてきて最後にはみじんになってしまいます。定期的に新しい土に変えることで対処していきます。

2.排水性と保水性がある

矛盾しているように感じてしまう「排水性と保水性がよい」という点です。

排水性(水はけがよい)土とは
水はけが良い土は、水やりした後ざっーと鉢底の穴から水が出てくるような土のことです。水やり時に水がなかなか染みこまないような土、鉢底に粘土のような成分が溜まっている状態は排水性が悪いことを表しています。

水やりにはざーっと鉢底から流れ出るほどの水を与えて、古い空気を押しだし同時に新しい空気を供給する機能があります。排水性がよくないと植物は酸欠になってしまうため、この点は重要です。

保水性がある土とは
保水性は適度に水分をため込む(急激に乾かない)性質のことです。多肉植物の場合、保水性はそれほど強くなくて良いですが、適度に水分をため込む性質がないと生育が悪くなります。

たとえば大げさな例ですが、中くらいの大きさの軽石を鉢底から上まで積み重ねて作ったような土だと、上からやった水がほぼ全部鉢底から流れ出て植物が水を吸い取る暇がありません。普通の植物に使うには水はけが良すぎるくらいが多肉植物にとっては最適です。種類によりますが、原生地では砂利や細かい砂がサラサラしているというのをイメージするとよいでしょう。

3.清潔さ

清潔な土というのは、細菌やカビ、害虫、雑草の種などがない土のことで、具体的にはカビの胞子や雑草の種、病原菌、害虫の卵、根ジラミなどの害虫がいないことをさします。当たり前のようで意外と忘れがちな項目です。

古い土を使い回すことで前の植物が植わっているときに入り込んだ病害虫を、新しい植物が引き継いでしまいます。病原菌や虫の卵などを退治することはなかなか難しく手間がかかりますがとても大切な点です。

その他の3つのポイント

排水性、保水性、通気性、清潔さ以外にも大切なポイントがあります。全部守るのは難しくても、このような土が多肉植物に向いているとということを知っておくといいですね。

多肉植物で大切な7つのポイント

  • 通気性がよい
  • 排水性がよい
  • 保水性が少しある
  • 清潔である
  • 適切な重さがある
  • 保肥性が少しある
  • みじんが少ない

ポイント

適切な重さがある
適切な重さがある、というのは重すぎず軽すぎない土のことです。重すぎる土は根をつぶしたりみじん化していて通気が悪く植物にとってよくありません。また軽すぎる土もデメリットがあり、植えた植物がぐらぐらする、水やりしたとき表面にいつまでも沈まない層ができるなどが起こります。目安としては1Lあたり400~600グラムの範囲の重さがあるのが適切だと言われています。

保肥性が少しある
保肥性は与えた肥料を保持する力のことです。多肉植物の場合、肥料のききすぎは良くありません。そのため保肥性は少なくて問題ありません。しかし全くないとこれも問題になります。例えばハイポネックスを与えた時、それが全部素通りして流れてしまって植物体内に吸収できなければ肥料を与えた意味がなくなってしまいます。そのため普通の植物より肥料分が流れやすい程度の力があれば充分です。

全くないと困るのは多肉植物も植物で微量要素や肥料を必要とするためです

みじんとは
みじん
みじんは非常に細かい土の粒のことで、水やりをした時にどろのようになったり、乾いたときカチカチになるなどの性質があります。

みじんは通気性と排水性が悪く、普通の植物にもよくありません。さらに多肉植物にとっては大敵です。みじんを取り除くには、ふるいにかけたり、ビニール袋の中で振って下の方に溜まったところを取り除いたりする方法があります。

コメント