スポンサーリンク

多肉植物にとってよい土とは?

多肉植物にとって良い土の条件

土 つち
多肉植物の土は難しい、普通の植物と違う土を使うという印象を持ちがちだが、実は多肉植物にとって良い土も普通の植物と基本は同じ。共通点は水はけと通気性がよく、保水性もあり、雑菌や害虫などがいないという点、これはまさに普通の植物と同じ条件だ。

しかし違うところもある。それは普通の植物の土より水はけがさらに良いこと、保水性・保肥性はそれほど強くないこと、肥料分がかなり少ないほうがよいこと。それから水やりを重ねるとだんだんと細かい土になってしまわないものがよいという点が異なる。それぞれ詳しく見ていこう。

1.通気性が良い

通気性は空気の入れ換えができる性質。通気性がよい土は団粒構造(すぐ下に詳細)をしていて粒と粒の間に隙間があり、そこから空気が出入りできる。実は多肉植物も根が呼吸していて根から酸素を取り込んでいる。通気性が悪いと酸素が取り込めず根腐れの原因となる。土袋の下に残っている「みじん」(ページ末に詳細)がよくないというのは、土の粒と粒の隙間にみじん(極細かい粒)が入り込んで空気の通りを悪くしてしまうため。

団粒構造とは
団粒構造とは、土の粒と粒の間にすき間があり、通気性や排水性にすぐれていること。例えばみじんは団粒構造の正反対で、赤玉土や鹿沼土には隙間が多い(団粒構造になっている)ので多肉植物にとって良い土といえる。ただ赤玉土や鹿沼土は水やりを繰り返すことでだんだん崩れてきて最後にはみじんになってしまうので、土は定期的に新しいものに変えることが大切。

2.排水性と保水性がある

矛盾しているように感じてしまう「排水性と保水性がよい」という点。

排水性(水はけがよい)土とは
水はけが良い土は、水やりした後ざっーと鉢底の穴から水が出てくるような土。表面からなかなか水が染みこまないような土、鉢底に粘土のような成分が溜まって水が停滞しているような状態のことをさす。水やりにはざーっと鉢底から流れ出るほどの水を与えて、古い空気を押しだし同時に新しい空気を供給する機能があり、排水性がよくないと植物は酸欠になってしまう。

保水性がある土とは
保水性は適度に水分をため込む(急激に乾かない)性質。多肉植物の場合保水性はそれほど強くなくて良いが、適度に水分をため込む性質がないと生育が悪くなる。大げさな例だが、軽石を鉢底から上まで積み重ねて作ったような土だと、上からやった水がほぼ全部下から出て植物が水を吸い取る暇がない。普通の植物に使うには保水性が悪すぎる、くらいが多肉植物にとってはよい。原生地で砂利や細かい砂がサラサラしているのをイメージする。

3.清潔さ

清潔な土というのは、細菌やカビ、害虫などがいない土のことで、具体的にはカビの胞子や病原菌、害虫の卵、根ジラミなどの害虫がいないことをさす。当たり前のようで意外とおろそかにしがちなのが、この土の清潔さ。土を使い回すことで前の植物が植わっているときに入り込んだ病害虫を、新しい植物が引き継いでしまう。だが病原菌や虫の卵などを退治することはなかなか難しく手間がかかるが、とても大切な点であることには変わりない。

その他の3つのポイント

排水性、保水性、通気性、清潔さ以外にも大切なポイントがある。全部守るのは難しくても、こんな土が多肉植物に向いているとということを頭の片隅に置いておきたい。

多肉植物で大切な7つのポイント

  • 通気性がよい
  • 排水性がよい
  • 保水性が少しある
  • 清潔である
  • 適切な重さがある
  • 保肥性が少しある
  • みじんが少ない

ポイント

適切な重さがある
適切な重さがある、というのは重すぎず軽すぎない土のこと。重すぎる土は根をつぶしたりみじん化していて通気が悪く植物にとってよくない。また軽すぎる土も植えた植物がぐらぐらする、水やりしたとき表面にいつまでも沈まない層ができるなど根にとって良くない。1Lあたり400~600グラムの範囲の重さがあるのが適切だといえる。

保肥性が少しある
保肥性は与えた肥料を保持する力。多肉植物の場合、肥料のききすぎは返って良くない。そのため保肥性は少なくて良いものの、全くないとこれも問題になる。例えばハイポネックスを与えた時、それが全部素通りして流れてしまったら、肥料を与えた意味がない。そのため普通の植物より肥料分が流れやすい程度の力があれば充分。

また多肉植物でよく使われる火山性の土(赤玉土や鹿沼土など)は肥料成分(そのうちリン酸)の吸収を阻害してしまう作用があるので、やはり補わないといけない。

みじんとは
みじん
みじんは非常に細かい土の粒のことで、水やりをした時にどろのようになったり、乾いたときカチカチになるなどの性質がある。みじんは通気性と排水性が悪く、普通の植物にもよくないが多肉植物にとっては大敵。これを取り除くには、ふるいにかけたり、ビニール袋の中で振って下の方に溜まったところを取り除いたりする必要がある。

コメント