スポンサーリンク

サボテンの胴切りとその挿し木の方法

サボテンを増やす方法のひとつに「胴切り」があります。胴切りとは何か、行う時期、注意点、発根までの流れなどを解説しています。

胴切りとは

胴切り

胴切りとは、柱サボテンなど茎が太いものを水平に切ってそこから発根させる増やし方です。

多肉植物の挿し木がありますが、茎が太い胴体になっただけで挿し木と変わりありません。そのため胴切りしたサボテンは、多肉植物の挿し木と同じようにカット面を乾かしてから土に挿し、発根後水をやるという流れです。

サボテンは徒長して形が悪くなったり、長細くなったり複数の苗に分けたりしたい場合がありますが、そのようなときに胴切りを行います。

適切な時期

胴切りは挿し木と同じく繁殖の適切な時期(適期)があります。適切な時期は生育期の成長が盛んなときで、休眠前や休眠中には行いません。休眠中に行うと根が出ずに失敗する確率が高くなります。

サボテンは夏型の多肉植物なので、3~10月によく生育しますが、そのうち胴切りの一番最適な時期は3~5月頃です。(最適は4~5月です。)ただし7月、8月も可能です。また6月は梅雨時で湿気が多く腐りの原因になるため避けた方が無難です。

寒冷地の場合は1ヶ月程度遅らせて考えます。目安の気温は日中の気温が25℃程度まで上がるかなり暖かくなった頃です。

胴切りの大切なポイント

成功させるに当たって大切なポイントが3つあります。

良く切れるカッターで水平に切る

まず良く切れる清潔なナイフ・カッターなどを使うことが大切です。切れない刃や他の植物を切ったナイフなどは断面を傷めるほか、病原菌が侵入することがあります。

また断面を水平に切ることも大切です。水平に切って周囲を削いでおくことで、発根後の植え付けがしやすく生育もよくなります。

切り口を充分に乾燥させる

切り口は充分に乾燥させましょう。多肉植物の一般的な挿し木と異なり、サボテンの胴切りは切り口がとても大きいです。そのまま土に植えるのではなく、乾燥してしっかりと膜ができるのを待った方が安全です。

しっかり乾く目安は1週間程度です。その後清潔で小さめの粒の乾いた用土に挿します。

出た根を大切にする

体力をしぼって出した根は大切にしましょう。サボテンの発根までにかかる時間は最低1ヶ月程度と長期間で、せっかくでた根を折ってしまうと、次の根が出ないこともあります。土に挿したらむやみに触らないことが大切です。

そのため未発根の時から土に挿すのではなく、空き瓶などに立てかけておいて時々発根しているか確認するほうが安全かもしれません。

その他の注意点

半日陰で管理する
胴切りして発根して土に挿し根が伸びるまで、ずっと半日陰で管理しましょう。直射日光の当たる所に置いているとあっという間に干からびて枯れてしまいます。また真っ暗の部屋などに置いておくと光合成できず弱ってしまいます。

清潔な土と用具を使う
土は病害虫の心配のない新品の用土を使いましょう。ナイフやはさみなどの道具も熱湯や火で消毒してから使います。

元気な株を選ぶ
元気で健康な株を使いましょう。根詰まりしたり病害虫にやられている株を使うと、発根までに体力が尽きて枯れてしまったり、病気がうつったりしてしまいます。

時期を守る
成功率を上げるためには、適期に作業することが大切です。サボテンの場合、夏型の典型なので3~5月、できれば充分暖かくなった4~5月が望ましいです。

土の種類は
土は肥料分のない細粒~小粒のサイズの土を使います。何種類も土を混ぜるこだわりの配合をする必要はなく、日向土単体やバーミキュライト単体、赤玉土単体といったもので構いません。

スポンサーリンク

胴切りの方法

流れ

①トゲを取り除く
②水平に切る
③周囲をそぐ
④切り口を乾燥させる
⑤土に挿す
⑥発根したら水をやる
準備するもの

  • キッチンペーパー
  • 手袋
  • ハサミ
  • カッターナイフ

①トゲを取り除く

胴切り

まずカットする部分のトゲをハサミで短くカットしておきましょう。トゲがついているとカッターで切るとき邪魔になり、ガリガリ切ると断面に傷がつくためです。

②水平に切る

胴切り

植え替え

手袋をしてサボテンの茎を水平に切ります。とげが痛い場合は、キッチンペーパー2枚を重ねて4つに折りたたんだものでサボテンをくるむと全く痛くありません。

③周囲をそぐ

胴切り

カットしたら周囲をカッターで削ぎます。サボテンは乾燥したとき断面が陥没します。そうすると発根後に植えにくくなります。カッターで削いでおくことでこの陥没を防ぐことができます。

④切り口を乾燥させる

胴切り

カットしたら切り口をよく乾燥させましょう。最低1週間程度は土に挿さないで半日陰で乾かします。

⑤土に挿す

1週間ほど乾かしたら、乾いた用土に挿します。または空き瓶などに立てかけて発根を待ちます。

⑥発根したら水やりする

数ミリ発根してきたら本格的に土に植え、少しずつ水やりを開始します。根は湿った土に触れることでぐんと勢いよく伸びてきます。

発根するまでにかかる期間は早くて1ヶ月、通常2ヶ月程度かかります。大きな苗ほど発根に時間がかかり、小さいものほど早く根を出そうとするようです。

コメント