こちらから文字サイズを変更できます
スポンサーリンク

クラッスラ属(Crassula)の特徴と種類・育て方

クラッスラ属の写真

春秋型のクラッスラ
星乙女星乙女 星の王子星の王子
青鎖竜青鎖竜 ペルシダペルシダ リトルミッシーリトルミッシー
ムルチカバムルチカバ 銀揃え銀揃え 若緑若緑(ムスコーサ)
ブロウメアナブロウメアナ ロゲルシーロゲルシー マルギナリス錦マルギナリス錦
エリコイデスエリコイデス 神刀神刀 黄金花月黄金花月
ボルケンシアイボルケンシアイ ブルーバードブルーバード
夏型のクラッスラ
火祭り火祭り 火祭り(紅葉)火祭り(紅葉) もみじ祭りもみじ祭り
火祭り錦(火祭りの光)火祭り錦(火祭りの光)
ゴーラムゴーラム サルメントーササルメントーサ 天狗の舞天狗の舞
テトラゴナテトラゴナ
冬型のクラッスラ
レモータレモータ
玉稚児玉稚児 エレガンスエレガンス ジェイドタワージェイドタワー
デルトイデアデルトイデア パステルパステル

型が不明

ワテルメイエリーワテルメイエリー クラッスラ 不明不明 不明
不明

クラッスラ属(Crassula)の特徴

ベンケイソウ科
育てやすさ:育てやすい
生育型:種類により春秋型・夏型・冬型
成長速度:種類によりやや遅い~普通
殖やし方:葉挿し△ 挿し穂〇
原産地:熱帯アフリカ・南アフリカ・マダガスカル
耐暑性:やや強い
耐寒性:やや強い
越冬最低気温:種類により0℃~3℃(書籍値)


※4段階評価
育てやすい-普通-やや難しい-難しい
成長が早い-普通-遅い-とても遅い
耐寒性と耐暑性が、強い-やや強い-やや弱い-弱い

クラッスラはこんな植物
もともとはクラッスラは南部・東部アフリカ・マダガスカルなどに生息している。種類が色々あり、形や色、大きさなどひとつの属と思えないような個性の豊かさ。生育型も3通りに分かれている。有名な「金のなる木」は夏が生育期の夏型、多肉植物を育ててると必ずといってもいいほどよく目にする「火祭り」や星の形をしているものは春と秋が生育期の春秋型。そして冬に生育する冬型のクラッスラは、稚児姿のような四角形や星形が長細く連なっているものが多い。

さび病になりやすい
夏型・冬型・春秋型があるということで、育て方が分からないと感じやすいが、実際に育ててみたところ、夏型・冬型も春秋型の育て方で問題なく育てられた。それとは別にクラッスラの品種の半分くらいは非常にさび病にかかりやすいというデメリットがある。春から秋にかけてあらかじめ農薬を散布して予防しないかぎりほぼ間違いなく罹患する。とはいえ暑さ寒さに耐えるグループなので、初心者にも育てやすい種類といえる。

育て方のコツは

  1. 夏型・冬型も春秋型の育て方でも一応大丈夫
  2. お金のなる木以外はさび病になりやすいので3~8月は毎月農薬を散布する
  3. 水は土がカラカラに乾いてから、たっぷり与える
  4. 基本雨ざらしにしない

これさえ守ればとりあえず枯らさないで育てられる。

型別の年間栽培カレンダー

水やり 3~5月は生育期なので土が乾いたらすぐにたっぷり与える
7~8月は休眠期なので月1回程度~断水気味にする
9~11月は春と同じく土が乾いたらすぐたっぷりあげる
12-2月は生育期なので土が乾いたら暖かい日の昼間に与える
置き場所 4~6月、9~11月は日当たりのよい戸外に
7~8月は休眠期なので明るい戸外の明るい日陰(50%遮光)に置く
12~2月で0℃を下回ったら室内の直射日光のあたる所に取り込む
植え替え 4~5月、10~11月が適期
殖やす 4~5月、10~11月に葉挿し・挿し木・株分け
肥料 4~6月に液肥を月1回ほど
9月に月1回ほど、10月以降は紅葉しづらくなるので肥料をやめる
開花 種類により4~10月頃

主な種類名

クラッスラ春秋型

エリコイデス : Crassula ericoides var. purpusii
キムナッチー : Crassula ‘Kimnachii’
ブロウメアナ: Crassula expansa subsp. fragilis
ボルケンシー錦: Crassula
マルギナリス・ペルシダ : Crassula pellucida var.marginalis
リトルミッシー : Crassula pellucida ssp. marginalis Variegata
ロゲルシー : Crassula capitella ‘Campfire’
愛星 (アイボシ) : Crassula
火祭り (ヒマツリ) : Crassula cv. Himaturi
赫麗 (カクレイ) : Crassula hyb.
銀揃 (ギンゾロエ) : Crassula mesembrianthoides
若緑 (ワカミドリ) : Crassula lycopodioides var.pseudolycopodioides
神刀 (ジントウ) : Crassula falcata
星の王子 (ホシノオウジ) : Crassula conjuncta
星乙女 (ホシオトメ) : Crassula perforata
赤鬼城 (アカオニジョウ) : Crassula sp.
大型緑塔 (オオガタリョクトウ) : Crassula pyramidalis
南十字星 (ミナミジュウジセイ) : Crassula perforate f.variegata
舞乙女 (マイオトメ) : Crassula cv.jade Necklace
アルボレッセンス : Crassula arborescens
かぐや姫 (カグヤヒメ) :
クラバータ : Crassula clavata
ジェイドタワー: Crassula ‘Jade Tower’
ピクツラータ :
プベッセンス : Crassula pubescens
リンゴ火祭り: Crassula ‘Ringo-Himatsuri’
磯辺の松(ムルチカバ) (イソベノマツ) :
円刀(コチレドニス) (マルバ) : Crassula sp.
乙姫(クーペリー) (オトヒメ) :
銀盃(ヒルスタ) (ギンハイ) : Crassula hirsuta
紅椿 (ベニツバキ) : Crassla ×justi-corderoyo ‘Benitsubaki’
神童 (シンドウ) : Crassula falcata×’Lotie’
青鎖竜 (セイサリュウ) : Crassula lycopodioides
洛東(ラクトウ):Crassula lactea

クラッスラ夏型

金のなる木 (カネノナルキ) : Crassula ovata
黄金花月 (オウゴンカゲツ) : Crassula ovata ‘Ougon Kagetu’
テトラゴナ(桃源郷)(トウゲンキョウ) : Crassula tetragona
火祭りの光 (火祭り錦) : capitella var.
エルネスティ: ernestii
ゴーラム: Crassula ovata ‘Gollum’
サルメントーサ: Crassula sarmentosa f. variegata
紀の川 (キノカワ) : cv. ‘Moon Glow’
紅笹 (ベニササ) :
紅稚児 (ベニチゴ) : radicans
高千穂(ツリタ) (タカチホ) :
天狗の舞 (テングノマイ) :

クラッスラ冬型

レモータ : Crassula
稚児姿 (チゴスガタ) : Crassula deceptor
アイボリーパゴダ : ‘Ivory Pagoda’
アルストニー :
エレガンス:
ケーペンシス:
コルメラ:
スザンナエ :
ナマクエンシス :
バルバータ(月光) (ゲッコウ) : barbata
玉稚児 (タマチゴ) : arta
玉椿(テレス) (タマツバキ) : teres
小夜衣(テクタ) (サヨゴロモ) : tecta
巴(フェミスファエリカ) (トモエ) : hemisphaerica
呂千絵 (ロチエ) : ‘Morgan’s Beauty’

※推定「冬」
ホッテントッタ : serisea var.hottentotta
エレガンス : elegans
デルトイデア : deltoidea
ジュゲム : marchandii

不明種
ムルチカバ : multicava

休眠期とは?
多肉植物は自生地の環境と異なる日本で育てることになり、日本の暑さ寒さで生育が鈍ったり寒さで成長が止まったりする。その時期のことを「休眠」という。休眠期は生育が鈍るので根が水を吸収しなくなり、土の水が乾きづらくなる。いつまでも土が湿っていると根腐れや蒸れを起こす。そのため休眠期には水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控える。
斑入り種と普通の種類は育て方が違うの?
斑入り種と普通の種類は性質が異なり、弱い。別の種類として扱った方がよいかもしれない。斑入り種は葉緑素が少ない分、性質が弱く育て方も難しい。耐寒性や耐暑性が下がり、特に強い直射日光を嫌うようになる。普通どおりに育てると葉が焼けて黒くなる、葉がポロポロ落ちる、株が枯れる、溶けるといったトラブルが起きる。そのため日陰で育てたり、室内に取り込んだりと育て方を工夫する必要がある。斑入り(錦(ニシキ)がつく)の場合、斑が少なくなる傾向があるのできれいに保ちたい、斑入りを楽しみたいという場合は7~9月は遮光が必要。白粉がつくものや美毛が生えているものも同じように扱う。

育て方のポイント

以下の育て方は基本的に春秋型を中心にしています。夏型、冬型で異なるときは別に記載しています。

水やり

水やり
<夏型の場合>
3~6月は7~10日に1回くらい、鉢底から水がながれ出るくらい与える。梅雨時は土がカラカラに乾くまで待ち、月2回程度の水やりにする。7~8月も同じような頻度だが、根腐れ防止のため1回当たりの水の量を減らす。夏型といっても日本の蒸し暑さには弱く、春秋のように水を与えると、蒸れて枯れてしまうことがある。9~10月は1週間に1回、鉢底から流れ出るまで与える。11~2月の休眠期は月1回程度、1回の量も表面が濡れるくらいの量に控える。3℃以下の日は水を与えないほうがよい。

<春秋型と冬型の場合>
3~5月と9~11月は生育期なので7~10日に1回くらい、鉢底から水がながれ出るくらい与える。7~8月は休眠状態なので水やりは月1回程度少量で断水に近いくらいに抑える。12~2月は休眠するので月1~2回程度、比較的温かい日の昼間に与える。3℃を下回っている間は凍結を防ぐため水やりしない。

水やりの目安というのは馴れるまで難しいが、基本的に鉢がカラカラに乾いてからたっぷり水をやる。鉢を持ち上げて軽くなっていたり、葉にシワが出そうなくらいがタイミング、そして水やり後は3日で表面が乾くのが最適な量。

置き場

置き場夏型も春秋型も冬型も真夏(7~8月)の直射日光は強すぎて葉が傷むので50%程度遮光(明るい日陰)する。かならず外で管理する。4~6月と9~11月は日の当たる屋外に、12~3月の中で5℃を下回る時期は直射日光のあたる室内に取り込む。なるべく寒さに当てて(10℃くらい)日光を当て、肥料をやらず、水も控えめにする。日光不足になるとひょろひょろ茎が伸びる「徒長」をしやすいので、7~8月以外はしっかり日に当てたい。

※どの時期でも屋外で管理する場合は、軒下など雨がかからないところを選ぶ。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し多肉植物の中では直射日光には強いほうだが、7~8月は50%程度遮光するか明るい日陰に置く。また高温には強いものの湿気には弱いので梅雨~夏は通気のよい所で育てる。夏は室内に置くと蒸れて枯れやすいのでできれば戸外で50%遮光ネットをかけるか、半日陰に置く。風通しと土の乾燥、遮光の3つをしておけば40℃程度は耐える。この時期は水をやると一発で根腐れすることもあるので、比較的涼しい日を選んで夕方に水をやる。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し冬型だから氷点下にさらしても大丈夫という訳ではなく、種類によるが越冬最低気温の推奨値は0~3℃以上(できれば5℃以上推奨)となっている。凍結させたり霜が降りたり寒風が当たったりすると枯れることがある。葉が凍っても根が凍っていなければ春に復活することもあるが、折角育てた株もゼロからのスタートになってしまう。どの型も冬は休眠しているので、水やりは暖かい日に月1回程度少量、関東以北の寒冷地では室内への取り込みが必須になる。簡易ビニール温室はあまり効果がないので注意。水分を控えると寒さへの耐性が増す。

殖やし方

殖やし方春秋型、夏型は4~6月と9~10月の間に繁殖(挿し芽、葉挿し、株分け株分け)ができる。冬型は10~4月の間にできる。クラッスラの繁殖は比較的簡単なグループで、基本生育期に枝を切っておいておけば難なく根がでるものが多い。根が出る速度は種類により5日~1ヶ月と種類によって差がある。

「繁殖に適した季節」
夏型は4~6月と9~10月の間
冬型は10~4月の間
※冬型は真夏に冬眠、夏型・秋冬型は冬に冬眠しているのでその時期は繁殖を避ける。

挿し木(挿し芽)の方法:

挿し木は「繁殖に適した季節」に親株から5~10cm程度茎をカットし、4~5日程度空の瓶などに立てかけておく。それから乾いた土に挿し、発根するまでは直射日光の当たらない室内で管理する。発根(1cm程度)したら水やりを始める。品種によるが発根するまで5日~2週間程度。カットした親株からは2ヶ月くらいで、一つ下の葉の付け根から脇芽が出ることが多い。

葉挿しの方法:

葉挿しはできるものとできないものがあり、どの型も「繁殖に適した季節」に行う。基本的に親株から葉を丁寧にもいで乾いた土の上に置いておくと2週間~1ヶ月くらいで芽が出る。根が先に出るものと芽が先に出るものがある。根が出てきたら土に根を埋める。水やりは根が充分にのび、親葉の水分がすっかり子株に移り、カリカリになってから行う。

株分けの方法:

クラッスラは何年も育てていると群生するようになる。群生したら鉢から抜いて、根をつけて株を分け、別の容器に植え付けると子株ができあがる。植え付けてから3~4日後から水やりを始める。株分け前は10日以上水やりを控えて土をカラカラにしておく。

植え替え:

植え替えも株分けと同様に「繁殖に適した季節」に行う。事前に水やりを1週間ほど控えて土を乾燥させておく。休眠期の冬・夏に植え替えると株にダメージを与えるので控える。クラッスラは特に生育が旺盛なタイプと控えめなタイプがあるが、火祭りのような旺盛なタイプは1年に1回以上の植え替えが必要になる。控えめなタイプは2年に1回で大丈夫。

植え替えは不要なことと思いがちだが、クラッスラにとって適切な植え替えはとても大切。鉢の中が根で一杯になるとそれ以上成長できない。そうでなくても込みあった株元の整理や肥料の追加と古い根の整理、土を新しくする、根にはびこる白い虫(サボテンコナカイガラムシ)などの害虫の駆除、といった役目もある。10日ほど水やりを控えて土をほぐしやすくし、根を切らないように鉢を掘り起こして古い根を取り除き、肥料不足になった土を新しい土と取り替える。

土他の種類ほど土を選ばないが、やはり水はけのよいもので肥料分が少ないものがよい。多肉植物用の土を買ってきてもよいし、自分でオリジナルの土を作ってもよい。作る場合はくん炭やピートモス、ボラ土、赤玉土、鹿沼土(いずれも小粒)を混ぜ合わせる。土は種類によって性質が異なり、バランスよく配合するためには最低3種類以上の土を混ぜ合わせたほうがよい。根が細いタイプは小粒の土が望ましい。また水やり後、さっと乾かない土(野菜や花の土など)を使うと徒長したり根腐れしたりしてしまう。

(例)赤玉土をメインに、鹿沼土、軽石、腐葉土を3:2:2:3くらい

※軽石を鉢底にしくと水はけがよくなる。

鉢は大きく分けて2種類あり、通気が悪いプラスチック鉢、通気のよい陶器の鉢(駄温鉢など)がある。クラッスラはどちらも植えられる。プラ鉢なら水やりの頻度が少なくて済むし、大きめの陶器の鉢に植えれば頻度を増やす必要がある。また植え替えが面倒だからと初めから大きすぎる鉢に植えると、水の乾きが悪く根腐れやすいので、その時その苗にちょうどいい大きさの鉢を選ぶ。

肥料

肥料
基本的には普通の植物よりごく少量でよい。やらないでも育つが早く大きくしたい場合は4~6月、9~10月に施肥する。多肉植物は水やりの回数が少ないので固形肥料が使いづらい。ハイポネックス2000倍液のような薄めた液肥を、月1回程度水やりと同じ分量与える。肥料が多すぎると葉の色が薄くなったり、茎ばかり生長し葉と葉の間が広がってしまったりするので、施肥を迷った場合、初心者のうちはやらなくても大丈夫。

病害虫

病害虫
クラッスラは高い確率でカビが原因の病気にかかりやすい。葉に白い粉がついて見える「うどんこ病」や黒い斑点ができる「黒星病」、葉が茶色になって枯れる「さび病」になりやすい。特に春から秋にさび病が高確率で起きるので、クラッスラ属の多肉植物だけはベンレートなどの農薬(殺菌剤)をあらかじめ予防的に散布したほうがよい。

害虫は特別つきやすいわけではないが、モンシロチョウが卵を産んだり、ナメクジが花を食べたりするので、あらかじめ浸透移行性の粒剤オルトランDXを土に撒いておいたり、こまめにチェックする。

クラッスラは種類により冬~春に小さな星形で少しくさいニオイの花を咲かせることがある。しっかり外で育てて強健な株にしておけば冬~春に開花する。1つの花の寿命は2週間くらい。クラッスラは花が咲いても株は枯れないタイプ。種を採らない場合は、花が咲き終わったらハサミで花がら摘みをする。

クラッスラによくあるトラブル

  • 火祭りなど紅葉種が赤くならない・・・よく日に当てること(重要)、水を控えること、寒さに当てることが大切!
  • 茶色い斑点ができる・・・カビによる病気。クラッスラ属は弱いのでじめじめした季節は殺菌剤(農薬)散布は必須ともいえる
  • なかなか成長しない・・・クラッスラは成長はやや遅めのものと早いものとかなり差があるので遅いものは気長に待つ。しかし全く成長しない時は根にネジラミがいるかもしれない
  • 挿し穂になかなか根が出ない・・・セダム属やグラプトペタルムに比べるとゆっくりなので最低2週間くらいは待つ
  • 似たような種類が多くてどう区別したらいいか分からない・・・クラッスラは似たような品種が多いことと学名が同じでも日本語名で別の名前がついていることがある。学名をみると同じ仲間かどうか確認できる。
ワンポイント
ポイント

  • なるべく戸外で育て、強い株に成長させよう
  • 花や紅葉を楽しむには、低温と控えめの水やりを心がける
  • ちょっとグロテスクの形から星やタワーのような形、季節ごとの色の移り変わりを楽しもう

コメント