スポンサーリンク

プチプチ梱包材(エアキャップ)で多肉植物の寒さ対策はできる?効果を実証!

季節

冬になれば多肉植物は寒さ対策が必要になる。商品の緩衝材として使われる通称「プチプチ」、エアキャップを多肉植物の棚(ビニール温室)に巻いたり覆ったりしたら効果があるだろうか?実際に試して温度を計測、効果を検証してみた。

疑問
多肉植物の冬の寒さ対策に、屋外のビニール温室にプチプチをぐるぐる巻きにしたら保温効果はあるか?
疑問の答え

  • 結論は効果ほぼなし
  • 夜は1℃ほど気温より高く効果があると思えたが朝の温室内の温度は外と同じだった
  • 熱源のないビニール温室はプチプチを巻いても温度が下がる
  • 寒風を避ける効果はある
  • 温度を下げたくないなら室内への取り込みが必要

まとめ 残念だがプチプチでは全く保温できなかった。温度計で外と中を比較したところ、朝には外と同じ寒さになっていた。寒風が直接当たるのを防ぐことはできるが、寒冷地など本格的に寒さ対策しなければならない地域には効果が期待できない。

プチプチの寒さ対策効果は

多肉植物は冬に不織布シートをかけたりすると寒さを和らげるといわれているが、本当にそうなのか特大サイズのプチプチを買って実験してみた。

購入したのはアマゾン通販の「紺屋商事 エアーキャップ 1000mm幅x42m巻 紙管なし」 幅1m×長さ42mの特大サイズでこれをガムテープでつぎはぎする。

プチプチ

管理人は暖房機能のない簡易ビニール温室で多肉植物を育てているが、ビニール温室のまわりにガムテープで縫い合わせたプチプチをくるんで中と外に記録型の温度計をいれて一夜の温度を調べた。すると日没直後は3℃程度外より暖かかったが、夜中0:00ごろになると差は1℃に縮み、朝8時には同じ寒さに冷えていた。

そしてプチプチを巻いたことによる逆効果もあった。昼間まで巻きっぱなしでいると中の温度が非常に高くなってしまう。今度は外より遥かに高い温度になってしまった。これでは温度変化が激しくなりすぎる。

結局その後は0℃を下回る日は全部室内に取り込むことになった。

コメント