スポンサーリンク

マミラリア属の種類・特徴と育て方

マミラリア属の写真

マミラリア属桜月桜月 マミラリア属 銀手毬銀手毬 マミラリア属 金手毬金手毬

マミラリア属(Mammillaria)の特徴

サボテン科
マミラリア属(Mammillaria)
生育型 夏型
育てやすさ 育てやすい
成長速度 やや遅い
殖やし方 さし芽、種まき
原産地 南北アメリカ・メキシコなど

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

マミラリア属はこんなサボテン
北アメリカからメキシコ、南アメリカに400種ほどが自生しているサボテンの大きなグループ。メキシコというと暖かい所と思いがちだが、実際にはそれほど暑い所ではなくむしろ冷涼な気候で0℃にも耐えられるものがたくさんある。サボテンの中でも日光を好み、特に白い棘が生えているタイプは強い光を当てて育てるとトゲが美しくなる。棘以外もマミラリア属は花の色、棘の色、大きさが色々楽しめてコレクション性が高い。大きさも数センチ程度から10cmを超える大型種がある。

暑さ自体はそれほど苦手ではないが、日本のような蒸し暑さは苦手で、夏の水やりや根腐れ対策の管理はやや難しい。それでもサボテンの中では育てやすく、すくすく育つグループ。夏型なので意外と思われがちだが、春秋が最も生育がよい時期で、夏場はむしろ若干鈍る。最も生長する春秋には土が乾いたらたっぷりの水を与え、日光によく当てるようにする。

育て方のコツ

  • サボテンの中でも特に強い日光を好む
  • サボテンだが生育期はたっぷり水を与える
  • 0℃を切らなければ年中戸外で栽培できる
  • どの季節も雨ざらしにせず、水は株元に注ぐ

年間栽培カレンダー

生育型 夏型
生育期 3~7月半ば月と9~11月
休眠期 12~1月
緩慢な時期 7月半ば~8月いっぱい
水やり
  • 3~7月上旬は土が乾いたら鉢底から流れるまで(2週に1回ほど)
  • 7月中旬~8月は土が完全に乾いてから数日後に
  • 9~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(2週に1回ほど)
  • 12~2月は1ヶ月に1回の霧吹き、2月は断水(一切与えない)
置き場所
  • 年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に
  • 4~5月は直射日光の当たる屋外
  • 6~8月はやや遮光気味(半日陰・50%遮光程度)
  • 9~11月は直射日光のあたる屋外
  • 12~2月は雨の当たらない屋外だが、0℃以下の場合は日当たりの良い窓辺に
植え替え
  • 3月半ば~6月、9~10月が適期
殖やす
  • 3月半ば~6月頃に挿し木、株分け
肥料
  • 植え付け時に緩効性肥料、4~6月、9~10月に月2回ずつ液肥を与える
開花
  • 12月~翌年5月

※栽培カレンダーはあくまでも目安です。実際は土や鉢の種類、地域によって大きく異なります。地域や使っている土、置き場所によって適宜読み替えて下さい。

主な種類名

銀手毬(明日香姫)(ギンテマリ) Mammillaria gracilis
金手毬(エロンガータ)(キンテマリ) Mammillaria elongata
月影丸(ツキカゲマル) Mammillaria zeilmanniana
姫春星(ヒメハルボシ) Mammillaria humboldtii var.caespitosa
満月(キボウマル) Mammillaria candida var.rosea
白星(シラボシ) Mammillaria plumosa
休眠期とは?
多肉植物の日本での栽培は自生地の環境と異なる。そのため日本の寒さや暑さに耐えられなくなると生育が鈍ったり成長が止まったりする。その時期のことを「休眠」という。時期は種類によって異なり、夏に休眠するタイプと冬に休眠するタイプがある。休眠期は生育が鈍るので肥料や水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控える。

育て方のポイント

水やり

水やりマミラリア属はサボテンなので水が要らない様に見えるが、実際には時期によってたっぷり与える必要がある。水分をあまり与えなくても枯れないが、生長もゆっくりになってしまう。

マミラリア属の水やりは生育期(春秋)は鉢が乾いたらたっぷり、休眠期(冬や暑さが一番厳しいとき)には与えないか月1回与える程度まで控えるのが基本になる。土が乾いてから与えるのが大原則で、梅雨時など鉢の乾きが遅いときは無理に与えない。また与えるタイミングにも注意が必要で、暑い季節は涼しい夕方に、寒い時期はこれから暖かくなる朝~午前中が適期。

実際の目安は生育期の3~7月上旬は土が乾いたら鉢底から流れるまで(2週に1回ほど)与える。本格的に暑くなってきたら水やり回数を減らしていく。7月中旬~8月は土が完全に乾いてから数日後に、春秋より量も控える。9~11月は生育期なので土が乾いたら鉢底から流れるまで(2週に1回ほど)与える。11月から休眠に向けて回数を控えるようにして、12~1月は月1回の霧吹き、2月は断水(一切与えない)をする。

置き場

置き場年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に置き、0℃を下回ったら室内に取り込む。マミラリア属の多くの種類は、サボテンの中でも強い光線を好み、どの季節も良く日の当たる所に置く。冬に室内に取り込む時も明るい窓辺で最低4時間日が当たる所を選ぶ。

実際には3~4月に休眠から目覚めて生育を始めたら、5~6月頃まで直射日光の当たる屋外に置く。梅雨が明け頃の6にはやや遮光気味(半日陰・50%遮光程度)にして8月いっぱいまで続ける。9月に再び生育期、9~11月は直射日光のあたる屋外で栽培する。12~2月は雨の当たらない屋外だが、0℃以下の場合は日当たりの良い窓辺に取り込む。

室内に取り込む場合は、窓辺に置いて少なくとも一日4時間は日が当たるようにする。室内では窓に向いている面にしか日が当たらないので、1週間に1回程度鉢を180度回してまんべんなく当たるようにする。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し20~35℃で一番生育する夏型の植物で、夏の暑さは耐えられても湿度の高い蒸し暑さは苦手な種類もある。夏の暑さ自体に弱いものもある。また夏場は水の量が多かったり乾きが悪かったりすると、根腐れの原因になるので、少なめにとどめておいた方が安心。風通しの良い所に置くのは基本だが、特に夏は腐り防止に徹底的に風通しを良くする必要がある。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越しサボテンの越冬温度は5℃以上とされているが、マミラリアのほとんどは寒さに強く、0℃を切らなければ戸外で越冬できる。※一部には耐寒性がない品種もあり、その場合は室内に取り込んで育てる。

断水して0℃が耐えられるものの、室内に取り込み5℃以上を保って少量の水やりを続ける方法もある。

殖やし方

殖やし方マミラリア属は子株がついて群生することが多く、離れた子株から挿し木や株分けして簡単に殖やすことができる。また種まき(実生)でも殖やせる。マミラリア属はサボテンの中では種まきの難易度が低い。

植え替え

植え替えは3月~9月の長い期間行えるが、植え替え後の生育をよくするためには9~10月が一番適している。(春順調に生育していく)また、春の生育期である3月半ば~6月も植え替えはできる。一番暑い時期や冬の休眠時は、植え替えで根を切った後、新しい根が伸びにくいので避ける。

植え替えは株が小さなうちは1年に1回、大きな株は2~3年に1回行う。群生するタイプを長期間放置すると、密になり蒸れ腐れを起こしやすいので、植え替え時に2~3個の塊に分けて別々に植え付ける。

土と鉢

土

肥料

肥料

病害虫

病害虫

によくあるトラブル

  • 棘をきれいに保つには・・・白いトゲをきれいに保つためには、水やり時に頭からかけず、株元から注ぐようにする。花がらをそのままにしておくと白い棘にシミが残ってしまうので、ピンセットなどで取り除いておく。もちろん汚れるので雨ざらしにしないようにする。
  • 花が咲かない・・・生育不良や日照不足などが原因と考えられる。冬も半日はよく日に当てるようにする
  • 水やり頻度について・・・実生中の1~2年の小苗は水不足に弱いので、成苗よりこまめな水やりが必要になる
  • ・・・

コメント