こちらから文字サイズを変更できます
スポンサーリンク

プレイオスピロス属「帝玉」の育てレポ・写真

このページではプレイオスピロス属の帝玉を育てた記録日誌を公開。リアルな姿や水やりの頻度、温度や育て方を紹介します。

2020年3月4日(0ヶ月目)

2020年3月4日、ヤフオクでプレイオスピロスの代表種「帝玉」を購入。前年から種まきで育てていたが、いっこうに大きくならないのである程度大きくしてもらった苗を購入して育ててみた。実生2年生ということで、2年かけて育った苗、サイズは長辺(大きい辺)が3.5cm程度程度ありかなり大きかった。

帝玉2年目
届いたときの大きさ(定規と比較)

帝玉の根
直根型のせいか思いのほか根が長い。

帝玉2年生
プレステラ90では深さが心配だったので、プレステラ120に植えた(口径9cm)

帝玉2年生を上から見た様子

2020年11月11日(半年後)

帝玉2.5年目
帝玉2.5年目
春についていた葉は大きくなり、脱皮して一回り大きくなっていた。

生長して重くなったためか、苗が持ち上がり倒れてしまっている。植え替えた方がよいのだろうが、根を切って枯れてしまうのではないかと思って植え替えできずにいる。

今ある葉の割れ目から次の葉も見えており、二重脱皮しないか心配になる。

届いたときは同じ大きさだったのに、今は差ができてしまっている。大きいものは4.5cm程度、小さいものは3.0cm程度となっている。

この間、2020年の夏は暑かった。この帝玉は多肉植物の棚(簡易ビニール温室)で育てていたが、遮光しても晴れている日の昼間は45℃までいってしまっていた。もし直射日光で育てていたらひとたまりもなかっただろう。

夏の間一切水を与えなかった。もともと帝玉は夏の6~8月断水する種類だったので問題無かったのだろう。この半年でも1cmは大きくなっていた。

2021年2月2日(1年後)

帝玉が来てから満1年が過ぎた。少しずつ大きくなり3ヶ月前より大きくなった。一番大きいものは長辺5.0cmになった。

帝玉3年生

帝玉3年生

コメント