スポンサーリンク

月美人・星美人の育てレポ

このページでは月美人や星美人、桃美人などの美人系のパキフィツムを育てた記録日誌を公開。季節や育てた方で変わる月美人の姿や、葉挿しのやり方と葉挿しが育っていく様子などをレポート。リアルな姿や水やりの頻度、温度や育て方を紹介します。

月美人の育てレポート

2019.6.4 月美人を購入


6/4、近くのスーパー兼花屋さんで月美人と桃美人を購入した。他に写っているのは一緒に買った多肉植物。全部2号鉢(口径6cm程度)で1鉢200円だった。

2019.7.27 猛暑の中のパキフィツム


7月27日に撮影。連日35℃を超える猛暑の中、月美人は無事に育っている。35℃は気温で温室内は40℃を超えたことも何度かあった。そして気温は日陰で測る数値、日が当たるところに温度計を置くと50℃を超えている。直近の水やりは7/5、7/14、7/25で10日に1回はやっている感じ。一応無事な月美人だが、暑さで葉が開きお椀型が盃のように平べったくなってしまった。葉を少し押してみるとぐらぐらしていて落ちそうな感じ。本で調べると暑さで葉が落ちることもあるという。

2019.10.22 夏を越した月美人 温度差で葉に割れ目


今年の9月は異常に暑く、10月22日の今でも最高気温が28℃近くになる。日を追うごとに日差しが深くに差し込み、日よけがかかせない。パキフィツムは水をやった後、高温にさらされたり低温になって温度差が激しいと葉が割れることがあるが、月美人も実際割れてしまった。水やりは10/5、10/13、10/22と今が一番頻度が多い時期だと思う。

割れ目のアップ写真

この割れ目はどうなるのか?傷口から腐ってしまうのではないかと心配したが、数カ月で割れ目を自己修復してしまった。今では目立たない傷になっている。以下はその写真。

2019.12.14 紅葉してくる(比較写真あり)


11月頃から月美人が紅葉してきた。葉も次第に立ち上がってロゼット(バラの花のような形)らしくなってきた。月美人や星美人は紅葉すると白い粉の下地が紫~ピンクに染まってくる。下は真夏盛りの7月22日の写真と1月15日の比較写真。ゆっくり色づくので変化が無いように見えるが並べてみると違いがよく分かる。

2019.7.22 月美人2020.1.15

紅葉はこのくらいが限界なのかというと実はそうではない。水やりを更に控えた株はもっと濃く紅葉する。その例がこちら。下葉にくぼみとシワができるほど水やりを控えてコンパクトに育てられてきた。そのため明らかに濃い紫色になっている。下葉はオレンジ色っぽくなっている。

月美人

いっぽう水をやりすぎて日にも当てていないといくら寒くなっても全く紅葉しない。11月25日なのに完全に緑色で葉がはじけそうなくらいみずみずしい。

同じ品種と思えないほどの違い。育て方で色も形も大きく変わるのが多肉植物だということを実感させられた。

2020.1.15 月美人に花芽がつく

月美人

紅葉がますます濃くなって、はっきりと分かるくらいむらさき色になってきた。さらに1月に入って花芽を発見!

エケベリアと同じようにロゼット(バラの花のような形に巻いている葉)の中央付近からひょこっとピンクの花芽が顔を出した。春3~4月頃オレンジ色の花が咲くということである。最近は最低気温が3℃、最高気温が12℃程度。記録的な暖冬。外に置きっ放し。しかし水やりはかなり慎重に気を遣い少ない量を11/26、12/15、1/15に。

星美人や月美人の葉挿し体験記

パキフィツムは葉挿しがしやすい代表的な属、そのため実際に葉挿しをしてみた。2019/2から2020/1までヶづきたついま、約1年たち、成長速度の遅さにびっくりする中、葉挿しで育った苗も紅葉してきて育て甲斐を感じる。

2019.5.8 星美人などの5種の葉挿しを購入

月美人の葉挿し

2019/5/8に美人シリーズの葉挿しセットを購入。
月美人
星美人
桃美人
東美人
月下美人
全てパキフィツムとされている。

写真の通り全て発芽している。購入したのは5月だが、ここまで成長するまでおそらく3ヶ月はかかったはずなので、現在は3ヶ月目ぐらいの成長過程だと思う。メルカリで5枚500円(送料込み)

葉挿しは根を土に埋めたり差し込んだり色々な方法があるが、今回は写真のように目の細かい土の上に載せただけにしている。葉挿しは親葉が元気なうちは水をやらないほうがよいので、まだ水やりはしていない。

2019.6.17 約4.5ヶ月目


購入から1.5ヶ月、葉挿しを始めてから約4.5ヶ月の状態。葉が大きくなっているのが分かる。早く大きくしたくて水やりをしてしまった。


若干、茎が伸びてしまっている。室内の窓辺に置いていたためだろう。徒長を防ぐために外での栽培に切り替える。

2019.7.16 約5.5ヶ月後


ここ1ヶ月でかなり大きくなった。水をやっているからか・・・月下美人だけぷっくりしておらず他と違う属のような感じがする。


その10日後(2019.7.27)、水やりのしすぎで東美人と月美人の親葉が腐った。まだまだ必要だった親葉・・やはり初期の葉挿しには絶対、水やりしてはいけない。

親葉が腐るとこうなる・・・

2019.8.21 約6.5ヶ月目


月下美人は成長が早すぎる・・・パキフィツムではないかもしれない。エケベリアとの交配種「パキベリア」か?それともグラプトペタルム系か・・葉挿しに水やりをしたせいで星美人の親葉も枯れてしまった。

2019.11.4 約9.5ヶ月目


月日は飛び、1つずつの鉢に植え替えられた。月美人と星美人と東美人と月下美人は生き残ったが桃美人は一度茎が枯れ、残った葉が偶然葉挿しとなって生き残ったのでとても小さい。月下美人は成長が早すぎるのでプレステラ90(たてよこ7cm)の鉢に植えた。他は2号鉢(直径6cm)


※月下美人は11/4に写真を撮り忘れ、12/14の写真。葉挿しで育った子株の葉がもげて土に落ち、自動的にまた葉挿しが作られているのがおもしろい。

2020.1.15 約11.5ヶ月(1年目)


葉挿しを始めてからおよそ1年がたつ美人系の葉挿し、寒くなり子株も立派に紅葉している。星美人と月美人は同じ種といわれているが、写真では色が違う感じがする。東美人と生育の差が大きい。


アップ写真


月下美人は成長が早く、だんだん朧月のようにみえてきた。

コメント