スポンサーリンク

多肉植物は紅葉する!その仕組みときれいに紅葉させる方法を解説

冬になると葉や茎が赤やピンク、黄色や紫色に変わる多肉植物の「紅葉」。多肉植物の紅葉とは何なのか。なぜ紅葉するのか、どんな仕組みなのか、うまく紅葉させるにはどうしたらよいか。

多肉植物も紅葉する

多肉植物は秋から冬にかけて気温が下がってくると、桜やイチョウのように紅葉する。紅葉といっても種類によって色々な色があり、多肉棚が一面真っ赤になるということはなく、ピンクや黄色、紫などとてもカラフルになる。

多肉植物のことを調べていると
「水をやりすぎると紅葉がさめる」
「色が緑に戻ってしまったらしっかり日光に当てるといい」
「夏は緑一色なのに、寒くなるとカラフルに色づく」
など色々と紅葉の話題が多い。

そう、多肉植物を栽培する上で花を咲かせることやヒョロヒョロにしないことと同じくらい、きれいに紅葉させることは重要なポイントなのだ。

多肉植物の紅葉は普通の植物と同じ所とそうでない所がある。まず寒くなる秋から紅葉し始めること、寒さが厳しくなるにつれどんどん色が深まっていくことは多肉植物も同じ。だが多肉植物の多くは冬に紅葉しても葉が枯れて落ちてしまうことはない。葉はそのまま春を迎え、気温が上がっていくにつれ紅葉がさめていく。(緑色に戻っていく)。ただセダムなど一部の多肉植物は紅葉したあと冬に葉が落ち、春になってまた新芽が出てくるタイプもある。

紅葉の仕組み

多肉植物の紅葉の仕組みは普通の植物と少し異なる。多肉植物の葉には、通常クロロフィルという緑色の色素が多くあり、緑色に見える。しかし寒くなってくると葉の先に貯蔵されていたブドウ糖がアントシアニンやカロテノイドという色素に変化する。アントシアニンは赤~紫色に見える色素で、カロテノイドは黄色に見える色素。このアントシアニンやカロテノイドは葉の細胞のブドウ糖に紫外線が当たることで発生する。そのため日に当てると強く紅葉する。それなら夏に一番紅葉するのでは?と思ってしまうが、低温になること、葉の水分が少なくなることも条件になっているので、夏には紅葉せず秋から冬に紅葉する。

(条件)日が当たる+寒くなる+水分が少なくなる-->紅葉する

うまく紅葉させるには

うまく紅葉させるには

  1. 寒さにあてる
  2. 日に当てる
  3. 水やり・肥料を控える

の3つが大切だといわれている。

それ以外に

  • 昼夜の寒暖の差が激しいこと
  • 湿度が低く乾燥している

なども関係している。

しかし実際に色々な多肉植物を育ててみると、紅葉のスピードも紅葉しやすい条件も、紅葉の冷め方も種類によってかなり違うことが解る。少し寒くなっただけですぐ色づくが日が当たらない所に置くと数日で緑に戻ってしまう「火祭り(クラッスラ)」があるかと思えば、かなり寒くなり寒さが続かないと色づいてこないエケベリアやカランコエ、水をやると数日で葉の中心部分(ロゼットの中央)から緑色に戻ってしまうがまたすぐ紅葉し直すグラプトペタルムなど様々ある。

うまく紅葉させる条件や重要な条件の順位が種類(属)によって微妙に違っているらしい。
それでは種類(属)ごとにどうしたら紅葉させられるかまとめてみた。

属別のうまく紅葉させるコツ

グラプトペタルム・グラプトセダム・グラプトベリア

品種:朧月や秋麗、ブロンズ姫・初恋など
水やり:水への反応が強く、水を控えるとよく紅葉するが、寒くても水やりするとすぐさめる
気温:15℃を切れば徐々に紅葉してくる
変化のスピード:早い(3~5日)
色:赤、ピンク、紫系
紅葉させるコツ気温が下がってくると自然に色づきやすい属なので、太陽光になるべく当てるように努める。屋外に置かないと薄い色になるので注意。水やりすると一時的に中心付近の紅葉がさめるが、水が切れてくるとすぐ色づくので心配いらない。12月以降の冬は鉢底から流れるほどではなく鉢内が5割程度湿るくらいに控えるのがコツ。

エケベリア

品種:チワワエンシス、コロラータ、セトーサ、ラウリンゼ、桃太郎、ラウイ、花うららなど
水やり:水やり直後の紅葉冷めはない
気温:夜5℃~10℃が1ヶ月くらい続くと葉の先からだんだん紅葉してくる
変化のスピード:遅い(2週間~1ヶ月くらい)
色:赤、オレンジ、ピンク、紫系
紅葉させるコツ比較的長く寒さに当てないと紅葉しないので気長に待つ。寒さが続くと夏の間開いてしまった葉が再び上を向き締まってくる。締まってくると紅葉を始める。秋は直射日光に当てないと紅葉しにくい。水を減らすことも大切。

<クラッスラ

品種:火祭りや赫麗、赤鬼城など火祭り系
水やり:水やり直後に若干紅葉が冷めるが数日で赤くなる
気温:火祭り系は他の多肉より早く真っ先に紅葉する印象。20℃を下回ると少し黄色くなり、温度が下がるほど真っ赤に濃く紅葉してくる。低温に敏感に反応。
変化のスピード:早い(数日くらい)
色:赤~オレンジ~黄色
紅葉させるコツ他の種類より紅葉させるのが簡単。だが水やりを減らし日に良く当てることが大切。赤くなるのも早いが冷めるのも早い。

<クラッスラ

品種:クラッスラのその他、星系、ロゲルシーなど
星の王子や舞乙女などの星系、ロゲルシー、ワテルメイエリーなど
水やり:星系は紅葉がゆっくりしている。水への反応は鈍いが減らさないと色づかない。ロゲルシーなど毛がはえている系はかなりストイックに水を切らないと色づかない印象。
気温:気温が20℃以下になると少しずつ紅葉する。
変化のスピード:遅い(2週間~1ヶ月くらい)
色:赤~オレンジ
紅葉させるコツロゲルシーは紅葉しづらいが、うまくいくと葉と茎がオレンジ色になる。

セダム

品種:
紅葉種とそうでない種がある。紅葉した後、葉が溶けて茎が枯れ、株元に新芽を残し越冬するものがある。黄麗や銘月、虹の玉やオーロラは寒さに反応して強く紅葉する。夏場はセダムは緑一色になってしまう。
水やり:夏はこまめに水やりするが、紅葉させるにはそれなりに水やりを減らす必要がある。
気温:気温が20℃以下になると少しずつ紅葉する。
変化のスピード:中(2週間くらい)
色:オレンジ、黄色、茶色
紅葉させるコツ気温の変化には敏感なようで夏は緑だった葉が寒くなると自然と色づいてくる。黄色になるものも多い。水やりを少なめにして直射日光にあてておけば簡単に紅葉する。オーロラや虹の玉、銘月などは寒さと日光に強く反応しよく日と低温に当てると赤、オレンジになる。

パキフィツム

品種:月美人、オビフェルム、ビリデ、星美人など
水やり:葉に水分が多いと寒くなっても緑のままになってしまうので、水は控える。
気温:気温が15℃以下になると少しずつ紅葉する。
変化のスピード:遅い(1ヶ月くらい)
色:ピンク、紫色、オレンジ色
紅葉させるコツ水分を減らすことがまず大事なこと。水を減らして日に当て、寒さが強くなると少しずつピンク~むらさきの色になる。ただ外側に白い粉がついていて紅葉が見えにくいことがある。

アエオニウム

品種:夕映え・黒法師
水やり:水やりに強めに反応する。水やりすると一時的に冷める
気温:気温の低下にはあまり反応しない(夏も色づくものは色づいていることが多い)
変化のスピード:早い(数日~1週間くらい)
色:黒、ピンク、黄色、茶色など
紅葉させるコツ水やりにとても敏感だが、日照不足にも敏感に反応し、真っ黒な黒法師も緑色になってしまう。しかし紅葉するのも早い。夕映えやサンバーストなどは気温にも若干反応し、寒くなるとピンク、オレンジ、赤色に色づく

カランコエ

品種:胡蝶の舞錦、フミリス・朱蓮・唐印など
水やり:すぐ反応する訳ではないが、減らさないと紅葉しにくい
気温:気温が20℃以下になるとゆっくり紅葉はじめる
変化のスピード:遅い(1ヶ月くらい)
色:赤、ピンク、オレンジ、黄色、茶色
紅葉させるコツ朱蓮や唐印などははっきりと紅葉するが、月兎耳などうさぎの耳系は葉先の色が濃くなる程度。ただ室内に置きっ放しだと葉が緑色になってしまう。気温が低くなると強く紅葉するが、カランコエは寒さに弱く5℃以下に置くと生育が止まってしまうので、5℃を切るようになったら室内に入れる。そうすると徐々に紅葉が冷めてくるので暖かい日は昼だけ外に出すなどしてなるべく5℃~15℃くらいの寒さと日光に当てるようにする。

紅葉しない属・品種

リトープス:日に当てないと葉は緑色だが、日に当たっている部分は灰色~茶色っぽい色になる
ハオルシア:紅葉しないが、日に当てると緑色が濃くなる。硬葉系は若干紫がかってくることがある。ハオルシアは日に当てすぎると赤みがかってくるので色づいたらもっと暗いところに置く必要がある
セネシオ:グリーンハウスや京童子など紅葉しない種が多い。ただ日に当てすぎると茶色っぽくなるのでそこまで日に当てないこと
オトンナ:セネシオと同じキク科のオトンナ属のルビーネックレスは深い紫色に紅葉する。水やりするとすぐ緑になる。かなり水を切って葉が若干しなしなするくらいでないと濃い紫色にはならない。日に当てないと紅葉しない。15℃以下の寒さも必要。
コノフィツム:紅葉しない
コチレドン:旭波の光など赤く染まる品種と、子猫の爪や熊童子など紅葉しない品種がある。
アドロミスクス:紅葉しない
アロエ:紅葉しない
センペルビブム:紫~赤色に紅葉するものと、しないものがある。紅葉種は葉先が色づく

コメント