スポンサーリンク

多肉植物の5月の状態と育て方・するべきこと

このページでは多肉植物の5月の状態と育て方、するべきことについて解説しています。

動きが活発な5月

5月5月は急に気温も高くなり、春秋型を中心に盛んに生育する季節となります。

夏型にも動きが出始めて冬型はだんだん休眠期に向かっていきますが、多くの種類が生育しており、年間の水やり量からしても4月と並んで一番多い季節です。

と同時に害虫や病気の発生も多くなってくる時期で、アオムシやカイガラムシ、ワタムシ、うどんこ病、さび病などの防除のために薬剤の散布が必要になる時期でもあります。

そして4月から続けて植え替えや株分け、挿し木や葉挿しにも最適な時期で、作業が楽しい(忙しい)時期になるでしょう。

エケベリアなど主に春秋型

グループ1 主な種類
エケベリア属
エケベリア、アドロミスクス、オロスタキス、春秋型のクラッスラ、グラプトペタルム、グラプトセダム、グラプトベリア、コチレドン、シノクラッスラ、セダム、ヒロテレフィウム、セデベリア、センペルビウム、ダドレア、パキフィツム、パキベリア、モナンテス、ロスラリア、春秋型のセネシオ、アナカンプセロス、アプテニア、ガステリア
生育状況 4月に引き続いて一番生育が旺盛な時期です。気温が高くなって紅葉が冷めて緑色に変わり始めます。コチレドンなど種類によっては花を咲かせます。センペルビウムやオロスタキスは子株をたくさん作り、セダムは一番生育の良い状態になります。
置き場所 外での管理が基本になります。風通しがよい所に置いて蒸れを予防しましょう。
日当たり(遮光) 日光が強くなっており、日差しに弱めのものは軽く遮光を始めます。エケベリアなど強い種類はそのまま日なたで育てても問題ありません。急に日なたに出すと葉焼けを起こすことがあるので、だんだんに強い日差しにならしていきましょう。ガステリアは日焼けに注意します。
水やり どんどん大きく成長させたい場合は、土が乾いたら鉢底から流れるまでたっぷり与えます。コンパクトに抑えたい場合は、それほど水やりを増やさないで乾かし気味に育てます。
作業 殖やす 一番繁殖が行いやすい時期で、発根や根付きが早く成功しやすいです。葉挿しや挿し木に向いています。
植え替え 根詰まりしてしまった株などは、この時期に植え替えをするとその後の生育がよくなります。
肥料 2000倍程度に薄めた液肥を月に1~2回与えると良いでしょう。大きく育てたい場合は多めに与えますが、コンパクトにしたい場合は与えません。
病害虫対策 カイガラムシ、ワタムシ、ハダニなどが付くことがあるので、株元に粒状の殺虫剤をまいておくとよいでしょう。(例 オルトランDX粒剤) 病気ではうどんこ病やさび病などを起こしやすい季節なので、あらかじめ病気用の薬剤(殺菌剤)をまいておくのも一つの手になります。

リトープスやコノフィツムなど

グループ2 主な種類
リトープス
コノフィツム、リトープス、ブラウンシア、ギバエウム、ケイリドプシス、プレイオスピロス、フェネストラリア、フォーカリア、チタノプシス、アルギロデルマなど
生育状況 リトープスなどが徐々に生長を止め、休眠期に向かい始めています。コノフィツムなどでは古い葉がしぼみしわがよってきます。プレイオスピロスでは古い葉が脱皮の兆候を見せ始めます。
置き場所 戸外の雨の当たらない明るい日陰に移動させましょう。西向きの白壁の前などに置くのはやめ直射日光が当たらない涼しい場所に置きましょう。
日当たり(遮光) 日差しが強くなってくるので30%程度遮光を始めます。葉を熱しすぎないように気をつけます。
水やり 4月までは週に1回程度水をやっていたとすると、月に2回程度にだんだん水やりを減らしていきます。コノフィツムでは皮が被ってきたら休眠期のサインです。
作業 殖やす 行いません。
植え替え 行いません。
肥料 行いません。
病害虫対策 生育期でなくても害虫はつくので、まめに観察しカイガラムシやワタムシなどが付いていないかチェックし適宜殺虫剤をかけましょう。

アエオニウムやセネシオなど主に冬型

グループ3 主な種類
アエオニウム属
アエオニウム、冬型のクラッスラ、冬型のセネシオ、玉形メセン以外のメセン類
生育状況 だんだん生育が緩慢になってきて水の吸い上げが悪くなってきます。セネシオやアエオニウムはまだ生育を続けており、水やりの頻度が若干落ちてきています。
置き場所 雨が当たらない風通しの良いところにおきましょう。西日の当たる西向きの置き場所だと暑すぎるため朝だけ日の当たる東向きの所に移動できればベストです。
日当たり(遮光) 日差しが強くなってくるので、30%程度遮光を始めましょう。葉を熱しすぎないように気をつけます。
水やり アエオニウムやセネシオなどはだんだんと生育が鈍ってくるので水やり回数を減らしていきますが、完全にカラカラにはならないようにしましょう。月に2回は水やりをします。
作業 殖やす 行いません。
植え替え 行いません。
肥料 控えます。
病害虫対策 アエオニウムは特にカイガラムシが付きやすく、その他ワタムシ、ハダニなどが付くことがあるので、株元に粒状の殺虫剤をまいておくとよいでしょう(例 オルトランDX粒剤) 病気では冬型のクラッスラにさび病が発生しやすいので、殺菌剤(病気用の薬剤)をまいておきましょう。
特記事項

アロエやアガベなど主に夏型

グループ4 主な種類
アロエ
アロエ、カランコエ、夏型のクラッスラ、アガベ、アストロロバ、ポーチュラカリア、ユッカ、ペペロミア、トラデスカンティア、カリシア、サンセベリア、セロペギア、チランジア、夏型のユーフォルビア
生育状況 アロエなど夏型の多肉植物の生育が始まります。アロエやアガベなどでは新葉が始め、パキポディウムは開花期に入り、セロペギアはつぼみを付け始めます。
置き場所 外の日の当たる雨のかからない所で管理しましょう。風通しの良いところを選びます
日当たり(遮光) アロエやアガベなど日差しに強い種類はまだ遮光しません。ただ急に日が当たる所に置くと葉焼けを起こすことがあるので、だんだんに強い日差しにならしていきましょう。
水やり どんどん大きく成長させたい場合は、土が乾いたら鉢底から流れるまでたっぷり与えます。コンパクトに抑えたい場合は、それほど水やりを増やさないで乾かし気味に育てます。
作業 殖やす 大分夜の気温が高くなってきて、繁殖の時期に入ってきます。挿し木や株分け、葉挿しなどに最適な季節です。
植え替え 5月に植え替えをすると夏に向けての生育がよくなります。
肥料 植え替え時に固形肥料を入れていない株には、少量の薄め(2000倍程度)の液肥を与えましょう。
病害虫対策 カイガラムシ、ワタムシ、ハダニなどが付くことがあるので、株元に粒状の殺虫剤をまいておくとよいでしょう。(例 オルトランDX粒剤)

ハオルシアなど

グループ5 主な種類
ハオルシア
ハオルシア
生育状況 ハオルシアの良く生長する時期の一つで、新葉を出しみずみずしい姿になります。一方徒長の心配もある季節です。
置き場所 強い光に弱いので、風通しのよい室内の窓辺に置きましょう。
日当たり(遮光) 室内の明るい半日陰に置きます。外で管理する場合は、遮光をしっかり行わないと葉焼けしてしまいます。
水やり 生育期で土が乾いたら鉢底から流れるまでたっぷり与えます。
作業 殖やす 5月いっぱいまでは繁殖の適期で、葉挿しや株分け、挿し木を行えます。
植え替え 太い根のタイプなので、植え替えが大切です。できれば5月中に行っておきましょう。
肥料 2000倍程度に薄めた液肥を月に1~2回与えるとよいでしょう。
病害虫対策 害虫では根ジラミやカイガラムシが発生しやすいので観察を怠らないようにしましょう。室内で育てる場合、根腐れ病を起こしやすいので通気を心がけます。
特記事項

主にサボテン科の植物

グループ6 主な種類
サボテン科の多く(オプンティア、セレウス、テロカクタス、ツルビニカルプス、ロフォフォラ、ギムノカリキウム、エキノカクタス、アストロフィツム、パロディア、メロカクタス、マミラリア、エキノプシス)
生育状況 4月は三寒四温で寒い日もありますが、5月になると安定し暑い日もでてきます。目覚めが遅い種類も5月には生育期に入り、活発に成長します。4~6月はサボテンが一番充実する時期です。
置き場所 雨の当たらない戸外の日なたに置きます。温室では庫内の温度が上がりすぎないように窓を開けましょう。
日当たり(遮光) 日差しに弱いタイプは20%程度の遮光をしましょう。マミラリアなど日光に強いタイプは不要です。
水やり 4月に引き続き生育が旺盛なので、鉢の土が乾いたら鉢底から流れ出るまでしっかり水やりをします。
作業 殖やす 挿し木、接ぎ木、種まきが行えます。
植え替え 4月と並んで植え替えの季節です。
肥料 植え替え時に土に緩効性肥料を混ぜ込むか、液肥を月1回水やり代わりに与えましょう。
病害虫対策 サボテンは比較的病害虫に強いですが、完全にないというわけではありません。カイガラムシ・ワタムシ・ネマトーダ・アカダニ・ナメクジ・ヨトウムシなどに気をつけましょう。病気では根腐れやカビが原因の病気に注意しましょう。

主に夏型のコーデックス類

グループ7 主な種類
多くのコーデックス類(アデニア、アデニウム、ヤトロファ、パキポディウム、スタペリア、フェルニア、ディオスコレアの一部、イポメア、ドルステニア、リプサリス、ホーディア、チレコドン
生育状況 パキポディウムなど花盛りで黄色い花を咲かせます。
置き場所 風通しのよい戸外の日なたに置きましょう。
日当たり(遮光) 行いません。
水やり 乾かし気味にします。
作業 殖やす 引き続き種まきが行えます。
植え替え 植え替えに最適な季節なので植え替えをしつつ、土に肥料を入れるとよいでしょう。
肥料 緩効性肥料を土に混ぜ込むか、液肥を月1~2回与えましょう。
病害虫対策

主に冬型のコーデックス類

グループ8 主な種類
冬型のコーデックス類(オトンナ、ディオスコレアの一部、モンソニア、ペラルゴニウム、)、ハティオラ
生育状況
置き場所
日当たり(遮光)
水やり
作業 殖やす
植え替え
肥料
病害虫対策
月ごとの育て方
スポンサーリンク
れのみをフォローする
~多肉ちゃんこんにちは~多肉植物の育て方サイト

コメント