スポンサーリンク

多肉植物の育て方の超基本

水やり・日光・置き場所が3つのポイント

多肉植物を育てる上で一番大切な3つのポイントが

  • 水やり
  • 置き場所
  • 温度

とてもシンプル。しかし言葉で言い表すことは簡単でも、それをマスターするのはとても大変で枯らしてしまうのもこの3つが原因になることが多い。

水やりの基本

水やり水やりの基本は「生育時は鉢の中が完全に乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与え、休眠期は回数と量を控えるか断水(全く水をやらない)すること

多肉植物は少ししか水が要らない印象だが、生育期は普通の植物とほぼ変わらない。そして休眠期になると極端に水やりを減らす必要がある。細かい水やりの注意点は挙げたら切りがないが、この2つのポイントをまずマスターすれば取り敢えず大きな失敗はしないようになる。※「生育期」は多肉植物の種類によって生育する季節のこと

置き場所

置き場所置き場所の基本は、雨の当たらない屋外で直射日光をしっかり当てること。

多肉植物の多くは本来外に置いてしっかり日光に当てる必要がある。またどの種類も一年を通して風通しを良くする必要がある。また雨ざらしにしてよいものとよくないものがある。

※種類によっては直射日光に当ててはいけないものもある。また季節によって日光の量を調節する「遮光」が必要なものもある。

温度

冬越し温度管理の基礎は生育型に合わせて調節すること。

多肉植物には適温があり温度によって生育を止めたり旺盛になったりする。これが生育型で春秋型、夏型、冬型がある。冬型なら夏になるべく涼しくして水やりを控える、夏型なら冬には暖かいところに取り込んで寒さをしのぐ、などの個別の対応をする必要がある。

初心者が失敗しやすいポイント

普通の植物のように土が乾いたらすぐ与える
鉢の中が完全に乾いたらすぐ与えるのではなく、3日~1週間程度待ってから水やりすること。多肉植物の場合茎や葉にしっかり水分が保たれているのですぐ与えると水分が多すぎて腐ってしまう。

休眠中に水をやってしまう
普通の植物を育てる感覚だと、どうしても1ヶ月も水やりしないと枯れるのではと心配になり、休眠中に水をやりたくなってしまう。しかし多肉植物はしわがよるくらいでは全然枯れないし、むしろ休眠中は水分を吸わないので腐ってしまう。

ずっと閉め切った室内の暗い所に飾っておく
多肉植物は直射日光を必要とするものが多く、インテリアなどで日の当たらないところ、風通しの悪いところに長く置かれるとひょろひょろになったり、病気に罹りやすくなったり、蒸れて枯れたりしてしまう。

夏でも直射日光が当たる所に置く
実はたくさんの種類の多肉植物は日本の夏の日差しは強すぎて葉やけ(葉のやけど)をするなど株にダメージを与えてしまう。そこで種類に応じて半分光を遮る50%遮光、70%カットする70%遮光をしたり、半日陰に置くなど工夫する必要がある。

冬型の多肉植物だからとマイナスの気温や雪に当てたりする
冬型の多肉植物だからよいというわけでなく、多肉植物の中の便宜上のグループわけなので室内に取り込むなど適温を守る。(夏型や春秋型も同じ)

コメント