スポンサーリンク

肥料(N-P-K)の基礎知識と微量要素

必要な肥料は他の植物と同じ

多肉植物にそもそも本当に必要なのか、肥料の成分やそれぞれの効果、過剰症、欠乏症についてチェックしよう。
まず初めに、多肉植物は普通の植物と同じ種類の肥料が必要で、肥料の効果と副作用は全く同じ、メリットもデメリットも植物一般にいえることが多肉植物にも当てはまる。

植物が正常に発育するには、16種類の元素が必要になる。

1つ目は空気や水から得る成分
  • 酸素、水素、炭素
2つ目は根から吸収する成分
  • 一番多く必要な三要素・・・窒素・リン酸・カリ
  • 次に多く必要な中量要素・・・カルシウム・マグネシウム・カリウム
  • 微量だが必要な微量要素・・・マンガン、ホウ素、鉄、銅、亜鉛、モリブデン、塩素

N-P-Kとは(窒素・リン酸・カリ)

肥料まず植物の肥料には重要で多く必要なものと少量でよいものがある。一番欠かしてはならないのが、三要素である、窒素(チッ素)、リン酸、カリ(カリウム)の3種類。窒素がN、リン酸がP、カリウムがKなのでN-P-Kと表す。多肉植物もこの3種類の肥料を必要とする。

普通の草木では大地から自然と天然の肥料を吸収できるため不足することはほとんどないが、多肉植物を育てる時は肥料が効きにくい土や人工的な用土を使ったりするので不足する可能性がある

窒素(N)の役割

肥料植物が最も必要とする成分がこの窒素(チッ素)、窒素は「葉肥」とも言われ、葉や茎を成長させ養分の吸収を助けるなど、植物の基本的な生育に関係する。不足すると葉が小さくなる、葉が黄色くなる、生育が止まるなどの症状が現れる。逆にやり過ぎると、葉が大きく濃くなる、ひょろひょろと軟弱に徒長するという過剰症が出る。

リン酸(P)の役割

肥料リン酸は花肥、実肥などといわれ、花や実のつきをよくする他、葉や茎、根の伸びを助ける作用もある。不足すると花や実がつかない、生育が悪くなるなどの症状が出る。過剰症は出にくい。

カリ(K)の役割

肥料カリ(カリウム)は根肥ともいわれ、株を強くする、寒さ暑さへの抵抗力をつけるなどの効果がある。不足すると病害虫の被害に遭いやすい、株が倒れやすいなどの症状が出る。

中量要素とは

窒素・リン酸・カリの次に多く必要なのはカルシウムとマグネシウム、硫黄で中量要素といわれる。

カルシウムは株を強くし根や新芽の生育を促す効果、マグネシウムにはリン酸の吸収や体内への移動を助ける効果、葉の色を良くする効果、硫黄には根の発達を助ける効果や植物体内の調整をする効果がある。

普通の肥料は窒素・リン酸・カリが含まれているが、それにカルシウムやマグネシウムなどが添加されている肥料もある。

大3要素と同じく、普通の草木では大地から自然と天然の肥料を吸収できるため不足することはないが、多肉植物を育てる時は肥料が効きにくい土や人工的な用土を使ったりするので不足する可能性がある

微量要素とは

肥料微量要素は、3大要素と中量要素、空気や水から取り入れる酸素、水素、炭素を除いた、「マンガン、ホウ素、鉄、銅、亜鉛、モリブデン、塩素」のことをいう。少量しか要らないため「微量要素」というが、植物が健全に生育するためには不可欠で、不足すると欠乏症が出る。

微量要素は庭の土や野菜と花の土など普通の用土では、有機物を含んでいて不足することはほとんどない。しかし多肉植物の土は、赤玉土のような火山性の用土やバーミキュライトのような人工的な用土などが使われるため、欠乏症に気をつける必要がある

微量要素が足りないかなと感じたら、活力剤で補うこともできる。

微量要素の効果と不足時の症状
元素 欠乏症状
マンガン(Mn) 葉脈が黄色くなる、生育不良や成育の遅れ、花付きが悪い、病気に弱くなる
ホウ素(B) 成長点の死、根腐れ、根の伸びが悪い、花が咲かない
鉄(Fe) 葉脈の間が白~黄色になる、生育不良、生育遅れ
銅(Cu) 先端の死、葉の黄化
亜鉛(Zn) 生育不良、節間の伸長不良、根の発育不良
モリブデン(Mo) 葉の萎縮や変形、葉脈の黄化、矮性化
塩素(Cl) 葉の黄化、葉の先端のしおれ

多肉植物で起こりやすい肥料のトラブル

肥料の種類が多すぎて混乱してしまったかもしれないが、多肉植物を育てる上で起こりやすい欠乏症や過剰症の対策についてみていこう。

リン酸不足

多肉植物を植えるときよく使うのが、赤玉土や鹿沼土、このような火山性の用土はリン酸を閉じ込めて、多肉植物のからだに吸収しにくくさせてしまう。リン酸が不足すると根の張りが弱い、成長が悪くなるなどの症状が出る。そのため元肥としてリン酸の多いマグアンプKなどをあらかじめ土に混ぜておくと良い。

窒素不足

赤玉土などをベースに養分が少ない土を使って育てていると、葉が小さくなってくる、色が悪くなってくるなど窒素不足の症状が出ることがある。このような症状が出たら窒素も含むバランスのよい肥料NPK比が5-5-5の粒肥料や、窒素を強化したNPK比が6-10-5のハイポネックス原液などを与えると良い。

窒素のやりすぎ

窒素肥料は与えすぎで過剰症を起こすので、足りないからといって大量に与えないようにする。葉が異様に大きく緑色が濃くなる、節と節の間が伸びすぎてひょろ長くなり、倒れやすく病害虫に弱くなってしまう。

カリ不足

不足すると株が弱くなり簡単に倒れるようになる。また病害虫の被害を受けやすくなったり環境の変化(暑さ寒さなど)に弱くなってしまう。カリが多く含まれる草木灰など肥料を与えるか、カリとリン酸を強化したリンカリなどを与えるとよい。

肥料を与えているのに生育が悪い

枯れる多肉植物の肥料など窒素・リン酸・カリがちゃんと入っている肥料を使っているのになぜか生育が悪い場合、中量要素や微量要素が不足している可能性がある。その場合は、中量要素を強化した肥料を使うか、活力剤などで微量要素を補ってみる。

コメント