スポンサーリンク

多肉植物に向いている鉢の特徴と選び方

鉢選びの3つのポイント

土や肥料などのように「多肉植物用の鉢」というものは売っていない。多肉植物を育てる鉢はどんなふうに選べば良いのか?ここでは多肉植物によい市販の鉢の選び方をみていこう。

鉢選びの原則は育てる種類に合わせて選ぶこと。多肉植物と一口にいってもそれぞれ求める鉢の特徴は違って、特に排水性がよいものを好む種類もあれば、カラカラに乾かない鉢を好む種類もある。その中でも共通するものを確認してみよう。

良い鉢の5つのポイントの詳細は多肉植物にとって良い鉢は?のページに書いてあるのでここでは要点を整理してみた。

水はけや乾き

鉢底
まず

  • 水が乾きやすい鉢
  • 水が乾きにくい鉢

がある。

素焼き鉢や駄温鉢、木製コンテナなどは側面に小さな穴がたくさん空いているので、通気性がよく水が乾きやすい。一方プラスチック鉢や金属の鉢、ガラスの鉢などは側面に穴がない素材なので通気が悪く、土の乾きも遅い。

また

  • 排水性の良い鉢
  • 排水性の悪い鉢

がある。

鉢底の穴の空き方が左右していて、鉢底穴が空いていないものはもちろんのこと、穴が空いていても底が地面にべったりついてしまう簡易なものは水はけが悪い。逆に鉢底を地面から浮かせるための処理がしてあるものは、ざーっと水がはけて水はけが良い。

水はけのよい鉢、やや水持ちのよい鉢は育てたい多肉植物の種類に合わせて選ぶ。

色と形

  • 温まりやすい色の鉢
  • 温まりにくい色の鉢

がある。

黒い鉢や濃い色の鉢は、鉢が温まりやすく土の温度が上がる。一方薄い色や白い色の鉢は直射日光を受けても跳ね返してしまうため温まりにくい。

黒い鉢は冬に保温性が高いが、夏にはそれがネックになり根が熱くなりすぎてしまう。白い鉢は夏温まりにくく根が煮えてしまう心配が少ないが、冬には保温性が弱い。

また

  • 根が深くなる多肉植物
  • それほど深くならない多肉植物

がある。

リトープスやメセン類などは、ごぼう根といい1本の太い根が深くまで伸びやすく、鉢の高さが必要になる。一方エケベリアやグラプトペタルムなどは細い根がたくさん生えるタイプであまり深くまでは伸びない。そのような種類には深い鉢は向いていない。

これもやはり必要に応じて、色や形を選んでいく。そのため色々な種類を育てていると色々なサイズ、色の鉢が混在するようになる。

適したサイズ(口径)

多肉植物は

  • 大きすぎる鉢
  • 小さすぎる鉢

のどちらも避ける。

大きい鉢なら育つまでずっと植え替えが不要だと思いがちだが、実はそれは生育にはよくない。大きすぎる鉢は根が鉢の水を全部吸えないので、古い水や空気が残り、根腐れなどの原因になる。そのとき必要なサイズの目安は、ちょうど根のかたまりが入るくらいの大きさと深さ。入れてみて鉢と植物の間に1~1.5本指が入るくらいが適切なサイズ。

多肉植物に向いている鉢

 
(性質と特徴メリットデメリット使い道)
それでは次に多肉植物に向いている鉢を具体的にチェックしてみよう。

プラスチック鉢

鉢 はち多肉植物の多くに使われているのがプラスチック鉢(プラ鉢)。

軽い、割れない、丈夫、清潔、小さなサイズから大きなものまで揃っている、安価などの理由が人気のポイント。現在は排水口や鉢底の形も工夫されているものが多く、そうした鉢を選べば水はけの問題はクリアできる。(ポリポットは鉢底の穴がべったり地面について水はけが悪いので、底に穴があるタイプのかごに並べるなど工夫は必要になる)

デメリットは陶器の鉢より通気性が悪いことが、その分を通気性のよい土を多めにするなどで補えばほとんど問題ない。
やや土が乾きにくい性質から、セネシオなど根の極端な乾燥に弱い多肉植物も植えられる。

駄温鉢

鉢 はち素焼き鉢より割れにくい、通気が良い、見栄えが良いなど駄温鉢もよく使われている。駄温鉢というと聞いたことがないという方もいるかもしれないが、とても身近な鉢で見たら、ああこれかとすぐに変わるはず。

デメリットは重い、病気が発生してしまったとき処置が大変など。どうしても陶器の鉢なので重くなる点は仕方ないが、もう一つ病気にかかってしまったとき、病原菌が側面に無数にある通気口に入ってしまい、消毒が必要になる、というものデメリットではある。

プラスチック鉢より、見た目がよいので鑑賞目的の多肉植物はこれに植えられていることが多いもの。
また素焼き鉢より乾きが早くなく、水やりのコントロールをしやすい。エケベリアやグラプトペタルムなど多くの多肉植物が植えられる。

素焼き鉢(テラコッタ)

鉢 はち側面に多数の小さな穴があいていて、通気が抜群なので通気を求める植物に向いている。また水蒸気が蒸発するとき土の温度が奪われ(気化熱)鉢を冷やす効果があるので、真夏に涼しくさせたい植物にも向いている。

デメリットは割れやすいこと、プラ鉢に比べれば重いこと、病気の発生で消毒が必要になることなど。

多肉植物にとっては水はけが良すぎて水やりが頻回になる、根が乾く・湿るの繰り返しが急激になる。などの点から植えられる種類は限定される。

コメント