スポンサーリンク

多肉植物の夏越し方法(遮光・温度・暑さ対策)

夏越し対策とは?

夏越し夏越し対策は日本の真夏の猛暑を乗り切るための対策。多肉植物にとって湿気が多い環境は苦手だが、更に日本では酷暑ときて過ごすのが難しくなっている。特に40℃を超える日が出てくる最近の災害級の暑さで、冬越しより大変な事態になっている。

夏越し方法は概ね関東地域に合わせて書かれているが、関東以南の関西や九州、沖縄ではより注意して育てないと全滅することもある。また関東以北の寒冷地では、冬越し対策のほうが重要になっている。

夏型なら対策は要らない?

多肉植物には夏に生育する夏型があるが、夏型なら夏越し対策はいらないだろうか?

実は夏型にも対策が必要だ。というのは夏型とはいっても多肉植物の中で比較的暖かい温度(20~35℃程度)でよく生育するグループであるだけで、直射日光が当たれば葉がやけどしてしまう。40℃以上などはとても耐えられない。

では近年の夏の気温はどれくらいになるだろうか?
まず温度は2つの種類があり、正確には日陰で測ったものを気温という(百葉箱のイメージ)。もう1種類が直射日光下で測ったもので温度という。近年の夏は40℃を超えることがあるがこれは実は日陰を測った気温で、日なたの温度を測ると50℃、60℃にもなる。

つまり遮光下では最高40℃程度で育てられるが、直射日光が当たる所に置いていると、多肉植物は50℃~60℃にも熱されてしまう。これではいくら多肉植物でも葉ヤケしたり、溶けて枯れてしまうはずだ。そのため夏はもはや夏越し対策は必須といえる。

明るい日陰(半日陰)で管理する

夏越し関東以南では、夏に多くの種類は遮光下(半日陰か明るい日陰)で管理する必要がある。

具体的に日光を遮る(遮光)する方法を見ていこう。

明るい日陰と半日陰、そして50%遮光は同じような日光の量で、明るいけれど直射日光の当たらないところをさす。木陰や軒下、建物の陰などがそれに当たる。また朝だけ日が当たるところもよい。一方、人工的に用意するためには以下のような方法がある。

遮光ネットを使う

遮光ネット一番簡単なのが遮光ネットをかけること。遮光ネットは30%、50%、70%など任意の遮光率で日光を遮るシートで、白色(ホワイト)、銀色(シルバー)、黒(ブラック)などがある。遮りたい多肉植物の種類に応じて遮光率違いのシートを使い分ける。置く場所は多肉植物からやや離れた上側と前側(光の差し込み方向、南側)、または横側(西側)で、多肉植物の上には直接かけないようにする。遮光ネットは太陽光を受けてかなり加熱するのでそれが多肉植物にかかるると困る。大抵はビニール温室の上や横にかける。

使う上での注意点は、シートをかけると風通しが悪くなってしまうこと。夏の暑い時期は特に通風を確保するのが大事なので、風が当たるとシートがゆれるぐらいがよい。

※遮光ネットを重ねた場合の遮光率の計算。
50%×2枚
50%のシート1枚なら遮光率は50%、では2枚なら100%かというと、そうではなく、
100%×0.5=50%
50%+50%×0.5=75%
という計算式になる。

70%シート2枚であれば
100%×0.7=70%
70%+30%×0.7=91%
となる。

遮光シートを使う以外の方法では、新聞紙で日よけをする、ビニール温室の上にエアコンの暑さ対策に販売されている室外機カバーをつける、といった方法が考えられる。

置く場所別の注意点

外の場合

夏場は西向きの白壁の前に鉢を並べたり、遮光されていない南向きの所、室外機の前、などは避ける。できるだけ雨が当たらない所に置くのが望ましい。

簡易ビニール温室の場合

夏は非常に温度が上がってしまうことがあるので、必ず前部分は全開にしておき、熱気がこもらないようにする。また風通しの面からもできるだけ開けられるところは開けておく。もちろん冷房設備のある業務用のビニール温室なら問題ない。簡易ビニール温室は面積が小さいほど温度変化が激しくなる点に注意する。

ベランダの場合

床がコンクリートの場合が多いが、コンクリートの上に直接置くと高温になりやすいので台などに乗せたほうがよい。狭いが室外機の前には置かないようにする。10階以上の高層マンションの場合は、思いのほか強風が強いので簡易ビニール温室を設置するなら強風対策も忘れずに

室内の場合

風通しがよく明るい日差しの入る窓辺などに置く。暑いが冷房の風を直接当てることは避け、扇風機で人工的に風を送ったりする。直射日光が当たる所は非常に高温になることがあるので、夏の間は置くのは避ける。

水やりのタイミングと風通し

水やり夏の高温下での水やりは難しい作業で、間違うと1回の水やりで全滅させてしまうことがある。

コツはできるだけ涼しい時にさらっと少量を与える。具体的には、比較的涼しい日の夕方に鉢の表面から少し下までを濡らすくらいの量が安全。このときばかりは鉢底から流れ出るまで与えたらやりすぎで、何割かの鉢がだめになってしまうだろう。断水の指示が出ている種類は、水をやらないで我慢する。

水やり以外でも蒸れ対策はいくつかある。まず風通しを良くすること、そして長時間土が湿った状態が続かないようにすること。空気がよどんでいると、まず蒸れに弱い種類がカビや根腐れを起こして枯れる。そうでない種類も暑い時期に長期間土が湿っていると、茎の芯が腐る軟腐病になることがある。そうすると、もう回復することはできない。

温度計・湿度計を設置しよう

このページでは、温度や湿度に関する注意点かいくつもあった。

多肉植物を育てるのには、温度計や湿度計を設置しておく必要がある。人間の感覚は時によって変わってあまり当てにならないので、初心者でない人も温度計や湿度計はしっかり設置しておきたい。

また温度計測ロガー(自動で温度などを測り記録してくれる温度湿度計)があると日中の最高気温や夜の気温なども測れてベストではあるがやや高い。

コメント