スポンサーリンク

肥料の性質と種類、使い分け(詳細版)

肥料には種類がある

肥料ひと口に肥料といっても色々な種類があるし、それぞれ使い分けが必要になる。有機肥料や化成肥料など成分の違いや、効く速さの遅い速いなども異なる。多肉植物に肥料をやる時に必要な肥料の基本や与え方をマスターしよう。

具体的な多肉植物の肥料のやり方については多肉植物の肥料のやり方(時期・種類・量など)を参照。

主要成分のN-P-K(チッソ・リン酸・カリ)や微量要素の詳細は肥料(N-P-K)の基礎知識と微量要素を参照。

成分

まず肥料には2つの種類がある。それは化成肥料と有機質肥料の2種類、どちらが良い・悪いというものではなく、それぞれに特徴があるので使い分けていく。

化成肥料(無機質肥料)

ハイポネックス
化成肥料は無機物を科学的に合成したもので、チッ素、リン酸、カリが配合されている。化成肥料は速効性があり、水やりをして溶け出した肥料がすぐ植物に吸収されて効果を発揮する。

化成肥料は炭酸カルシウム、リン鉱石、チリ硝石、石油、硫酸などを化学的に合成して作られる。

多肉植物ではこの化成肥料を使う場合がほとんどで、植え替え時や植え付け時に土に混ぜ込んでおくことが多い。

有機質肥料

有機肥料は植物や動物など天然素材から作った肥料で、微生物の力で有機質が分解されてから効果が出る。効果が出るまで時間がかかるので遅効性肥料とも呼ばれる。しかし実際には発酵油かすのようにすぐに効果が出るものもあるので、買うとき与え方をしっかりチェックする必要がある。

有機肥料はそれぞれの天然素材を搾ったり発酵させたり、乾燥したり燃やしたりして作られる。素材によって色々な性質や種類があり、以下のような種類がある。

有機肥料の種類と効果
名前 効果
油かす ナタネや大豆などを搾った後に残る残骸で、チッソが多く含まれる。油かすは発酵しないと植物に吸収されないが、発酵時に植物に有害な発酵ガスを出すので、直接根に触れないようにする
発酵油かす 油かすを発酵済みにしたもので、即効性がありすぐ効果が出る。未発行の粗悪品に気をつける
骨粉 牛などの骨を蒸して砕いたものでリン酸を多く含む
鶏フン チッソ、リン酸やカリが含まれ比較的バランスの良い肥料。未発酵なので効果は遅く、発酵ガスが根に当たらないように与える
草木灰 草木を燃やした後に残る残骸から作られたもので、カリを多く含む。土をアルカリ性にするので与えすぎに注意する
石灰類 貝殻などを粉砕したものや石灰岩を高温で焼いたものがあり、カルシウムをたくさん含んでいる。アルカリ性に傾きやすい日本の土の酸性度調整に使われる

有機配合肥料

化成肥料と有機肥料を混ぜ合わせて作られた有機配合肥料もある。有機配合肥料はそれぞれのメリットを活かして不足を補い合い、バランスの良い性質になっている。

有機肥料が配合されているものは、化成肥料成分(無機質)がすぐに効果を現し、有機質成分がゆっくり効くことでバランスを取っているものがある。

固形肥料

マグアンプK固形タイプは水に溶かしたりせず、そのままばらまいたり置いたりする肥料のこと。水やりをすることで成分が溶けて土に染みこみ植物の根から吸収される。固形のものは徐々に溶けて長時間効果を発揮する緩効性肥料と、すぐ溶けて土に吸収される速効性肥料の2つがある。

液肥

(主に化成肥料で)水で薄めて使うタイプとそのまま使えるタイプがある。液肥は速効性の固形肥料より更に早く効くもので、与えてすぐ~7日程度で効果がなくなる。水で薄めて使うタイプは1回ごとに濃度を調節できるので、濃いものと薄いものを使い分けできる。

薄めるタイプの液肥は薄めた量を1回の水やり代わりに与える。鉢底の穴から流れ出るまでのたっぷりの量を与える。

また、そのまま使えるタイプは水分量が少なく、与える量にばらつきが出てしまうので、与えた後か前に水やりをして均等にする必要がある。

効く速さ

速効性肥料

(主に化成肥料で)速効性肥料は水やりですぐに溶け出し、そのまま効果を発揮するもの。低濃度から高濃度のものまであり粒状に加工されているものが多い。

速効性肥料は与えて1日程度で効果が最大になり、7~10日程度で効果がなくなる。液肥と固形肥料があり、液肥の方が早く効く。固形でも緩効性肥料とは異なりすぐに溶けて成分が取り込まれるので、与えすぎや根の上に直接置くなどは避ける。

緩効性肥料

有機化成肥料(主に化成肥料で)緩効性肥料は繰り返す水やりで少しずつ溶けるものや、根から出る酸で溶け出すものなど、長時間効果があるものをいう。粒のものが多く表面には溶けにくいコーティングをしてあるものや、置き肥用に球状にしているものがある。

緩効性肥料は与えてから7日目ほどで効果を現し、1ヶ月から2年程度持続するため用途に応じて使い分ける。

遅効性肥料

遅効性肥料は緩効性肥料や速効性肥料と異なり、微生物が有機質を分解して効果が出るもの。具体的には油かすや鶏フンなどを指す。緩効性肥料は与えてすぐから効果が出るのに対し、遅効性肥料は与えてすぐは効果が出ない点(分解に時間がかかるため)が異なる。

時期

元肥

植え付ける前や植え替え時に土に混ぜたり置いたりする肥料を元肥(もとごえ・もとひ)という。元肥は生育中にずっと効果があることが望ましいので、緩効性肥料か遅効性肥料が適している。速効性の肥料は根に直接当たると肥料焼けが起こるので、元肥には用いない。

追肥

追加で与える肥料を追肥(ついひ・おいごえ)という。植え付ける前に与えた肥料も、長年育てていると植物に吸収されたり、下から流れ出たり効果がなくなってしまう。そのため肥料切れ(肥料不足のこと)を起こしてきたら、適宜追加で与える。追肥では速効性がある液肥を定期的に撒いたり、徐々に成分が溶け出す緩効性肥料を与える。

多肉植物に使う場合の注意点

普通の草花より控えめに
もともとあまり肥料を必要としない多肉植物に、普通の植物なみの肥料をやってしまうと大きくなりすぎる、もやしのように伸びるなどの副作用が出る。そのため草花の3分の2以上は与えないようにする。

バランスをよくする
葉を大きくしたいからチッソ肥料ばかり、花をたくさんつけたいからリン酸を多くなど偏った肥料を与えるのは避ける。リン酸やカリなどは単独で与えてもほとんど効果がない上に、土がアルカリ性になるなど、多肉植物によくない土になってしまう。

有機肥料はカビに注意
有機質肥料は多肉植物の土では分解が遅く、長期間おいたままになりカビが生えたりする恐れがある。化成肥料の緩効性タイプや速効性タイプをうまく組み合わせて与えるとよい。

元肥と追肥には
元肥には小粒の緩効性肥料を植える土に混ぜる形で、追肥には速効性がある液肥を1回の水やり代わりに与えるとよい。

多肉には化成肥料
多肉植物の栽培では、水やり回数が少なく効果が出るまで通常の植物以上に時間がかかるため、有機質肥料は使わないことが多い。より具体的には、小粒の固形肥料(マグアンプなど)を元肥に、液肥(ハイポネックス)を追肥に使うことが多い。

コメント