スポンサーリンク

多肉植物の肥料のやり方(時期・種類・量など)

多肉だからといって特別ではない

肥料肥料といっても色々種類があります。多肉植物用やサボテン用の肥料がよいのか、普通の肥料は使えるのか、そんな時は肥料の仕組みや種類を勉強してみましょう。成分や仕組みを知っていれば、多肉植物にも安心して肥料を使うことができます。

まず第一に多肉植物に必要な肥料は、普通の植物と全く変わりません種類も同じで効き目も同じです。ではどこが違うのか?それは肥料の量と与えるタイミングです。

多肉植物の原生地は肥料分の少ない土のことが多く、また成長もゆっくりなので普通の植物に比べ、少ない量で充分です。もう一つはタイミングです。

普通の植物は花が咲いている間中、肥料を足していかないといけませんが、多肉植物の場合は種類にもよりますが、生育期の2~3ヶ月間に月1回程度(固形)、液肥なら月2~3回で足りることが多いです。

多肉植物に肥料は必要か

花や野菜を育てる時は肥料が欠かせません。それでは多肉植物にも肥料が必要なのでしょうか?

実は多肉植物の自生地は砂漠周辺や山岳地帯など、肥料が少ない土のことが多く多肉植物には普通の植物ほど肥料は必要ないです。それなら肥料なしで育てられるだろうか?というとそうでもありません。

多肉にも肥料が必要な理由

  • 多肉の土には栄養分(肥料)が入っていない
  • 用土が肥料を吸い込んでしまう
  • 肥料以外の微量要素も必要

多肉植物に使う土には肥料分がない
多肉植物を育てる土には赤玉土や鹿沼土、ピートモスなどがよく使われますが、そのような土には肥料分や微量要素がほとんど含まれていません。(しかし多肉植物用の土として売られている市販品には、肥料があらかじめ配合されているものがあるので、そのような場合は与えなくてOKです)

用土が肥料を吸い込んでしまう
さらに赤玉土や鹿沼土といった火山性の用土は、用土自体が肥料のうちリン酸という成分を吸収して、植物にリン酸が行き渡りにくくするというデメリットがあります。リン酸は茎葉・根が伸びるのを助け、花や実を充実させる効果があるため、多肉植物にも必須です。

加えて微量要素も必要
さらに肥料の3大要素は窒素、リン酸、カリに加え、植物にはそれ以外に微量要素(カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウムなど)がないと生育できません。このような微量要素も多肉で使う土にはほとんど含まれていないので、外から補う必要があるのです。

なぜ多肉植物の自生地で肥料がいらないのか?
自然の中では生態系の機能が働いており、動物のフンや虫の死骸、枯れた植物の残骸などから肥料成分が補われています。

そのため多肉植物であっても、鉢という人工的な環境で育てるためには、肥料分を補ってやらないといけないのです。

肥料を与えると多肉植物はどうなる?

それでは多肉植物に肥料をあげるとどうなるのか、そして与えないとどうなるのかをチェックしていきましょう。

肥料を与えると

  • 生育が早くなる
  • 自生地で育つより大きくなる
  • 徒長しやすくなる
肥料が不足すると

  • 葉が小さくなる
  • 葉の色が薄くなったり黄色っぽくなったりする
  • 花芽がつかない
  • 生育が止まる

多肉植物も普通の植物と同じで、肥料を多く与えると早く大きく成長します。普段のスピードより速く、また葉も大きくなり枚数も増えます。

一方肥料を多く与えるとひょろっと長く伸びる徒長が起こりやすくなります。そうなると軟弱な株になり、病気が出やすくなるデメリットがあります。

また肥料を全く与えないと、最初は大きかった葉が小さくなってきたり、葉の色が薄くなってきたり、元気がなく黄色になってしまいます。

多肉に適した肥料は?

多肉植物でも普通の植物でも必要な成分は変わりません(3大要素と微量要素の両方)。異なるのは与える量と与えるタイミングです。

  • 必要な肥料の種類は普通の植物と同じ
  • 普通の植物より与える量を減らす
  • 植え付け時に緩効性肥料(元肥)
  • 成育中は液肥を与える(追肥)

まず肥料の種類(窒素・リン酸・カリ(N-P-K)が全部入っているもの)は一般的な用途のもので構いません。比率はN-P-Kが5:5:5などバランスがよいもので濃すぎないものが望ましいです。また微量要素も含む製品だと別に活力剤などを与えなくて済むのでなおよしです。

多肉植物は普通の草花より、肥料を少なく与えます。多肉植物は生育がゆっくりなので、普通の野菜や花のような大量の肥料を必要としません。逆に同じ量を与えると肥料焼けなどの生理障害を起こしてしまう恐れがあります。

多肉植物の場合、最初に植え付けるときには土の中に緩効性肥料を混ぜ込んでおき「元肥」とします。また成育中は速効性のある液肥を「追肥」として与える場合が多いです。

肥料を与えるタイミング

それではどんなときに肥料を与えるのでしょうか?

  • 植え付ける前に元肥(緩効性)を土に混ぜ込む
  • 成育中に追肥(液肥で速効性)を与える
  • 肥料切れのサインが出たとき

植える前に
まず、多肉植物を植えるとき土に細かい緩効性肥料を混ぜ込んでおきましょう。緩効性肥料は水やりでだんだん成分が溶け出すもので育てているうちにだんだん溶け出すようにします。

成育中に
成育中には液肥を与える場合があります。液肥は速効性があるもので、すぐ根から吸収できるようになっています。効き目は短く、多肉の場合は水やり代わりに月2~3回程度与えることが多いです。

肥料切れのサインが出たとき
多肉植物といっても色々な種類があり、肥料多めが好きなグループ、ほとんどいらないグループがあります。植物は全般に肥料が足りなくなると以下のような症状が出てくるので、その場合は適宜追肥をしていきましょう。

肥料が必要なサイン

  • 葉が小さくなる
  • 葉が黄色っぽくなる
  • 花がつかない
  • 生育が止まる

例で見る種類と量と与え方

肥料の種類は様々あり、どれを使えば良いのか迷ってしまいます。

そこで多肉植物に昔からよく使われている元肥用の「マグアンプK小粒」と追肥用の「ハイポネックス原液」を例に量や使い方を調べてみました。

追肥用の液肥(ハイポネックス原液)

ハイポネックスハイポネックス原液は養分が水に溶け出しているので速効性があり、すぐ効きますが、反面流れやすい(失われるのも速い)という特徴があります。

成分比率
肥料分のメインである窒素・リン酸・カリが、N-P-K=6-10-5の割合で入っています。またそれ以外に12種類の微量要素が配合されているため多肉植物に不足しがちな成分が全部摂れるようになっています。

使い方
多肉植物は薄めでよいため、通常より薄めの2,000倍~1,000倍を与えることが多いです。例えば、5L分の希釈液を作るのであれば、水を5リットル+ハイポネックス原液をフタの2分の1から、4分の1程度の量になります。

与え方
その多肉植物の生育期の2ヶ月間に、回数は種類により月に1~3回、1回分の水やりの代わりに与えます。ここで注意点があります。それは量は表面を濡らす程度ではなく、1回の水やりの代わりの量を与えることです。根に届くように鉢底から流れ出るまで与えましょう。

(例)春秋型の多肉植物に2,000倍を3~5月に1~3回ずつ与える

元肥用の固形肥料(マグアンプK)の使い方

マグアンプKマグアンプK小粒は顆粒状でゆっくり効く緩効性タイプで、水をやるごとに次第に溶けて徐々に体内に吸収されていきます。

チッソ、リン酸、カリの3要素に加え、中量要素のマグネシウムを強化する配合になっています。
普通の植物の場合の水やりの頻度で2ヶ月間効くように調節されています。中粒と大粒の種類もありますがこちらはそれぞれ1年、2年の効果があるので多肉植物にはやや不向きです。

注意点
マグアンプKのような緩効性肥料の効く速さと期間は水やりの回数で決まるという点です。

毎日水をやる普通の植物は水やりごとに溶けて毎日吸収されていくので効きが早いです(これを基本に2ヶ月の効き目などと表示しています)。多肉植物は1週間に1回の水やりなど少ない回数なので、溶ける速度が遅くなり、効果が出るまで長い時間がかかり長続きもします。

成分の内訳
肥料分のメインである窒素・リン酸・カリが、N-P-K = 6-40-6の割合で入っています。プラス、中量要素であるマグネシウムが配合されています。

使い方
ゆっくり効くので多肉植物の植え付け時に土に混ぜ込んでおきましょう。また追肥として使うこともでき、2ヶ月目以降に土の上にばらまいてもOKです。

(例)元肥として2.5号鉢(直径7.5cm)の土の量に3つまみ程度混ぜ込む
(例)追肥として2.5号鉢の表面に3つまみ程度ばらまく

施肥する上での注意点

枯れる
肥料はたくさん与えれば良く育つように思ってしまいますが多肉植物の場合弊害が起きることもあるのでやりすぎは避けておきましょう。

また多肉植物の固有の問題で、肥料をやりすぎると紅葉しにくくなるというデメリットがあります。秋になって紅葉する紅葉種を育てている場合は、春から夏の生育期でも肥料は控えめにしたほうがよいでしょう。

コメント