スポンサーリンク

多肉植物の葉挿し(はざし)の方法と詳しい育て方

葉挿し(はざし)とは

葉挿し葉挿しは親株から葉をもぎとって新しい土にさして根や芽を出させる方法のこと。多肉植物では株を増やしたい時、さし芽と同じくらい一般的に行われている。

さし木と違ってできない種類があるものの、親株から落ちた葉が勝手に鉢の中で葉挿しになってしまうなど、とても簡単にできて成功率も高い。中でも葉がポロポロ落ちるものは葉ざしに最適といえる。

メリット・デメリット
まず葉挿しはできる属とできない属がある。その差はもぎ口(葉のつけ根)に成長点があるかどうかで、できない属は本当にできない。コチレドン属やセネシオ属はほぼできない。更にできるものとできないものは単純に属で分けることはできず、できるものとできないものが分かれてしまう。たとえばセダム属で虹の玉はできるが、乙女心はできない。

また葉ざしはさし木と比べると時間がかかるが、たくさんの葉で葉ざしをすれば一気に大量の苗を作ることができる。

葉挿しは親株のコピー(無性生殖)なので親株がウイルス病などにかかっていると、そのまま伝染してしまう。この点は挿し木と同じデメリットではある。また斑入り種を葉挿しにすると、斑が入らなかったり入ったりと気まぐれなので、多めに葉挿しをして成功率を上げる必要がある。

どんな風に育つのか
親株から葉をもぎとってトレーなどに転がしておくと、まずもぎ口が乾燥して種類によっては白いもの(カルス)が盛り上がってくる。その後種類によって日数の差はあるが芽か根が出てくる。

芽と根が一緒に出るもの、芽が先のもの根が後のものなど種類・個体によって差がある。根がある程度でたら土にさす。その後親葉の養分が子株に移って親葉は薄くカリカリに乾き、ぽろっととれて役目を終える。ここから始めて水やりをする。

Q&A

  • 葉挿しはいつできる?・・・春秋が早く成長するが、ほぼ1年中行える
  • かかる時間は?・・・種類によって異なり2週間~4ヶ月
  • どこに置いたら良い?・・・直射日光の当たらない日陰で
  • 土はどんなものを使ったら良い?・・・清潔な新品の土を使おう
  • 根や根はどこから出る?・・・種類によりもいだ部分から出る、葉の先から出る、葉の断面から出るなどがある
  • 根と根はどちらが先に出る?・・・種類によって異なり、芽が先のものと根が先のものがある
  • いつから水やりをする?・・・親葉が完全にカリカリになってから始める
  • 斑入りはどうなる?・・・親が斑入り種であっても、葉挿しでできた子株は斑入りになったりならなかったりとばらつきがある。結果は育てないと分からない

繁殖に大切な6つのポイント

  • 元気な株を選ぶ
  • 時期を守る
  • 清潔な土と道具を使う
  • 発根まで水やりしない
  • カットしたら原則乾かす
  • 半日陰で管理する

元気な株を選ぶ
元気な株から葉を取ろう。根詰まりなどを起こして力がなくなっている株から取った葉は、根の出方が悪く成功率も低くなってしまう。また葉のサイズは小さいもののほうが根と芽が早く出る。

時期を守る
葉挿しは原則その多肉植物の生育期に行う。生育期は生育が旺盛で根や芽が出やすく失敗が少ないが、休眠期は根が出るのが遅かったり腐ってしまったりと、失敗する確率が高くなる。しかし挿し木より柔軟で実は一年中できるといってもよい。

清潔な土と道具を使う
根や茎をカットする際は切り口から病原菌が入るのを防ぐため、ハサミやピンセットなどを火であぶって殺菌しておく。また病害虫が発生しないようにするため土は新品のさし芽用土など清潔なもの、雑草の種などが入っていないものを使う。

カットしたら原則乾かす
葉挿し用にもいだ葉は、基本はすぐ土に挿さないでもぎ口を乾かす。これはもぎ口から細菌が入ったり腐ったりするのを避けるため。

半日陰で管理
葉挿しは親葉がカラカラに乾くまで、直射日光の当たる日なたに出したりせず半日陰で管理する。冬や春など日差しが弱い場合は直射日光に当てたほうが良い場合もある。

葉挿しの方法

用意するものの例

  • 新品の種まき・さし芽用の土
  • ハサミ
  • カッター
  • 殺菌剤

①挿し床を準備する

挿し床
まず葉挿ししたものを植えるための挿し床を作る。病害虫をさけるため新品の種まき・さし芽用土を使う。さし芽用土は細かくバーミキュライトのような無菌の土を使っているものを選ぶとよい。用土は清潔な鉢に入れておく。

②葉をもぎとる

元気な親株から、葉をもぎとる。

もぐ時はコツがあり、茎から完全にもがないといけない。(成長点がもぎ口(葉のつけ根)にあるため、途中でちぎれるとその葉からは芽や根がでない)

うまくもぎ取るには、親株に1週間程度水を与えず乾かし、葉がぽろっと落ちやすい状態にしておいたり、引っ張るのではなく横に滑らせるようにするとうまく取れる。

またどこからもぎ取るかだが、株の下の方の大きな葉がもぎやすい。しかしあまり大きいと発根や発芽が遅くなるので、株の真ん中あたりから採取すると良い。先端のあまりに小さい葉は体力が少ないので、発芽するまでに力尽きてしまう(しなしなになる)ことがあるので避ける。

③発根を待つ

葉挿し
そしてトレーに転がし明るい日陰で管理する。そのまま発根するまでほったらかしで大丈夫。

④土に植える

葉挿し
発根してきたら土に植える。種まき用、さし芽用の細かい清潔な土を使おう。土に植えるといっても深くまで挿す必要はなく、土の上に転がし根元に少し土をかぶせるくらいでよい。このときも管理は明るい日陰で。

⑤水やりを始める

葉挿し
葉をもいでから種類によって1ヶ月~1年程度で親葉の養分と水分が、全て子株に移動する。この期間は属によって異なり、パキフィツムなどは1年かかることも稀ではない。グラプトペタルムが一番早く3ヶ月くらいでできあがる。

葉挿し
そうすると親葉はカリカリになって枯れてぽろっと取れる。そうなったら始めて子株に水を与える。子株が徒長(茎ばかり伸びる)してきたら日が足りないサインなので、もう少し日当たりが良いところに置く。

芽と根はどちらが先に出てくるの?

これは種類によって大体決まっているが、個体差があって全部が揃うわけではない。

葉挿し
パキフィツムの発芽

たとえば
芽が先に出ることが多いタイプ
グラプトペタルム属、セダム属、パキフィツム属

根が先に出ることが多いタイプ
アドロミスクス属

両方出てくることが多いタイプ
エケベリア属

品種による
クラッスラ

不明
ガステリア、ハオルシア
などがある。

⑥その後の管理

葉挿し
その後水を与え続け、少しずつ大きくなっていく。最初は直射日光が当たらない所(明るい日陰)に置いて管理し、だんだんと日差しに慣らして親株の置き場になれさせていく。子株が徒長(茎ばかり伸びる)してきたら日が足りないサインなので、もう少し日当たりが良いところに置く。

葉挿しができる属

属によって葉挿しができるものとできないもの、葉挿し向きのもの、あまり向いていないものがある

特に葉挿しに向いているのは、何もしないでもポロポロ葉が落ちてくるタイプ
の多肉植物。たとえばアドロミスクスやグラプトペタルムなど。このような種類は葉挿しを作ろうとしなくても、勝手に葉が鉢の中に落ちて葉挿しになっていることがある。

葉挿しに向いている種類があり、発根までにかかる時間や成功率も属によっても異なる。
また同じ属でも早い種類と遅い種類があるので早いもの~遅いもので記載している。

※「発芽日数」は最初の1本が出る時期、「完了まで」は親葉が枯れて子株が独立するまで。

葉挿しの発芽発根の速さと難易度
発根日数 完了まで 成功率
グラプトペタルム 2週間 3ヶ月 90%以上
セダム(硬葉系) 1ヶ月 5ヶ月 80%程度
アドロミスクス 1ヶ月 8ヶ月 50~70%
エケベリア 1ヶ月 6ヶ月 60~70%
クラッスラの一部 1ヶ月 半年 80%
パキフィツム 1ヶ月 半年~1年 80%
ガステリア 未検証
ハオルシア 未検証

その他葉ざしができるもの
グラプトベリア属、セデベリア属、グラプトセダム属

葉挿しができない・極めて難しい属

センペルビウム属、オロスタキス属、アエオニウム属、セネシオ属、アロエアガベ属、カランコエ属の一部、コチレドン属、コノフィツム属、リトープス属、フェルニア属、スタペリア属、

葉挿しでよくある失敗と対策

発根、発芽しない
葉挿しの成功率は100%ではないので、失敗かもしれない(もぐ時に成長点が外れてしまったなど)。

発根、発芽が遅い
冬の低温時期や夏の高温時は葉挿しの成長も遅くなる。また大きい葉は小さい葉より発芽や発根が遅い。

なかなかうまくもぎとれない
水やりを控えて株を乾燥させるとよい。またまっすぐ引っ張ろうとせず、左右にスライドしながら少しずつ力をかけるとよい。ねじれるほど葉と葉の間にスペースがある種類は、くるりとねじるとうまくいく。

どの葉を選べば良いか分からない
葉は小さいもののほうが発芽・発根が早くなる。しかし大きな葉のほうが栄養がたくさん貯留されていて子株の生長が安定するので、適度なサイズで小さすぎないものがよい。

コメント