スポンサーリンク

多肉植物によく使われる基本用土と改良用土

様々な土がある

土の種類

市販の多肉植物の土は種類が限られていますが、自分でブレンドする場合、植える多肉植物に合わせて自由な組み合わせができます。メセン類はこの配合、エケベリアは別の配合がよい、など土作りは奥が深くこだわりをもっている方も多いと聞きます。

それではどんな土があるのでしょうか?
多肉植物にはどんな配合がよいか見ていきましょう。

基本用土と改良用用土の違い

実は土といっても基本の土となる「基本用土」と改良用の土である「改良用土」の2つの種類があります。実際に作る時は基本用土に改良用土をプラスして通気性や排水性をよくします。

基本用土

基本用土は土の土台の部分で配合割合が多く重さがあります。赤玉土や鹿沼土、川砂などがこれに当たります。

基本用土

  • 赤玉土
  • 鹿沼土
  • ボラ土(日向土)
  • 川砂

①赤玉土

赤玉土
赤玉土

赤玉土は一番よく使われる土で、多肉植物でも頻繁に使われます。赤玉土は火山性の土で、関東ローム層から取り出してサイズごとにふるいにかけたものです。排水性、保水性、通気性がよく、雑草の種や病原菌がほとんどないきれいな土といえます。ある程度重さがあり植物を立たせる効果もあります。

注意点は粒がつぶれて「みじん」(粉のように細かくなってしまった土のこと)を起こしやすいことです。水やりを繰り返すうちにボロボロと潰れて空気の通りを悪くしてしまいます。そこで、みじんになりやすい弱点を補強するため高温で加熱した「焼き赤玉土」も販売されています。サイズは大粒、中粒、小粒、極小粒に分けられて売っていることが多いです。

②鹿沼土

鹿沼土
鹿沼土
鹿沼土

鹿沼土も火山性の土で関東ローム層の赤土の下にある層から取りだした土です。有機物を含まず弱酸性を現します。通気性、保水性がよく、弱酸性を好む植物にも使えるといった特徴があり、多肉植物でもよく使われています。

デメリットは赤玉土と同じく、みじんが出やすいことです。崩れにくくするために改良された「硬質鹿沼土」も販売されています。鹿沼土は水に濡れると色が変わるので、鉢底石などに利用すると鉢の下からでも乾き具合を確かめやすく便利です。同じくサイズは大粒、中粒、小粒、極小粒に分けられて売っていることが多いです。

③ボラ土(日向土)

日向土
日向土

宮崎県から産出する黄土色の軽石で、通気性と排水性が強い特徴があります。多肉植物には水はけをよくするのによく使われ、ある程度重みがあり株のぐらつきを防ぐのにも用いられます。赤玉土と同じようにサイズは大粒、中粒、小粒、細粒に分けられて売っていることが多く、サイズが大きいものは鉢底石にもなります。

④川砂

川砂
川砂

川砂は以前は多肉植物によく使われていた土ですが、重すぎるため最近はあまり使われなくなってきました。花崗岩からとれる灰色の土で、通気性がよく、保水性と保肥性が弱いです。川砂は重いのが欠点ですがこれは長所にもなり、軽すぎる土に適度な重みを持たせるのに役立ちます。また保水性が少ないので多肉植物やサボテン向けといえます。

注意点はやはり極細かい粒(みじん)が結構多いことが挙げられます。他の土と異なり使う前にみじんを取り除く作業(水で2~3回洗う)が必要です。

⑤その他の基本用土

多肉植物にはあまり用いられないので詳細は割愛させていただきます。

  • 黒土
  • 赤土
  • 真砂土
  • 田土
  • 富士砂

改良用土

改良用土は基本用土に混ぜ合わせて使うもので、植えたい植物に応じて保水性、排水性、通気性などを調節するのに使います。

改良用土

  • 腐葉土
  • ピートモス
  • くん炭
  • 軽石
  • バーミキュライト
  • パーライト
  • ゼオライト・珪藻土塩白土
  • 水苔

①腐葉土

腐葉土
腐葉土

腐葉土は一番一般的に使われる改良用土で、素材は広葉樹の落ち葉を熟成させたものです。通気性、保水性、保肥性があり、植物に欠かせない微量要素も含んでいます。土の質を良くする効果もあり、土作りには欠かせない存在です。

注意点はメーカーによって質の善し悪しがある点です。未熟な腐葉土は根を傷めるため避けましょう。よい腐葉土はしっかり成熟して葉の形などが確認できず、フカフカしてよい匂いがします。袋の上からでも葉や茎などの形が分かる、落ち葉を集めたように見える、ニオイが強いなどの腐葉土は未熟な可能性が高いです。またあまり安すぎる腐葉土も避けたほうがよいですね。

②ピートモス

ピートモス
ピートモス

ピートモスは水ゴケが堆積したもので腐葉土と似たような性質をもち、細かく無菌なので多肉植物によく使われます。腐葉土との違いは、微量要素をほとんど含まず土壌改良の効果が薄いこと、酸性である点です。ピートモスを多く入れすぎると酸性度が強くなりまた、水やりした時にふわふわ浮いてきて水がなかなか染みこまないので、基本用土の10%~20%以内にとどめておきましょう。

③くん炭

くん炭
くん炭

くん炭はもみ殻を炭化させたもので正式にはもみ殻くん炭といいます。非常に軽くさらさらしていて通気性、保水性、保温効果にすぐれています。ピートモスと逆でアルカリ性が強く、混ぜる場合は基本用土の10%以内にとどめる方が安全です。また土を酸性度を中和するのにも使われます。軽さと通気性のよさで多肉植物にもよく用いられています。

④軽石

軽石
軽石

火山性の砂礫(されき)で通気性や排水性がよいのが特徴です。名前の通り軽く強度があるので水はけの悪い土に混ぜ込んで使うのによく使われます。大きい粒から小さい粒にふるいわけて販売しているので、鉢底に敷きたい場合は大粒か中粒を、他の土に混ぜる場合は混ざりやすい小粒のものを使います。多肉植物も鉢底に軽石をいれて水はけをよくするのに役立ちます。

⑤バーミキュライト

バーミキュライト
バーミキュライト

蛭石(ひる石)を加熱処理したもので、非常に軽く銀色~金色の層の構造をしています。保水性や保肥性があり、通気性もありハンギング仕立てなど軽い土が必要な時によく使われます。重すぎる土を軽くする効果がありますが重さで層構造が潰れてしまうことがあるので、重さ調節には多用しないほうがよいでしょう。多肉植物では種まき用土、さし芽用土に小粒のバーミキュライトが使われていることがあります。

⑥パーライト

真珠岩を高温処理したもので、バーミキュライトと同じく排水性と通気性がよいのが特徴です。息を吹きかければ飛び散ってしまうほど軽いです。袋から出すときや混ぜ合わせるときに微粒子が舞うので吸い込まないようにマスクをしたほうが安全です。多肉植物ではリトープスなど通気性や土の軽さが必要な種類に使われたりします。

⑦ゼオライト・珪藻土塩白土

ゼオライト
ゼオライト

ゼオライト・珪藻土塩白土はどちらも根腐れや水の防腐予防に使われることが多い改良用土で、根腐れしやすい多肉植物にもよく使われます。ただゼオライトは肥料を効きづらくさせる効果があるので大量の使用は避けましょう。珪藻土塩白土も同じく、水耕栽培の水が腐るのを予防したり鉢底などに敷いたりして使います。

⑧水苔

正確には改良用土ではありませんが、多肉植物でも使われるシーンがあるのでご紹介します。水ゴケは湿地から採った水ゴケを乾燥させたもので、水を良く含み保水性、保肥性が高いです。多肉植物でも活躍し、リース仕立てにしたり流木を鉢として使う時の土代わりに使ったりするケースが多いようです。

⑨その他の改良用土

多肉植物にはあまり用いられないので詳細は割愛させていただきます。

  • バーク堆肥
  • バークチップ
  • 牛ふん堆肥

コメント