スポンサーリンク

古い土の再利用と処分方法

多肉植物を育てて日が経てば、だんだん溜まってくるのが使用済みの土。細かくなってしまった土やコケが生えてしまった土、肥料がなくなってしまった土など。どうしても捨てなければならない土は仕方ないが、できるだけ再利用する方法と、実際のリサイクル方法、土の処分の方法を紹介!

ある程度はリサイクルできる

土 つち実は使い終わった古い土は一部を除いてはリサイクルできる。土の劣化はもともと水やりなどで土が細かくなってしまうことや、土が持っている有機物や微生物、植物に必要な微量元素が使われて、土の力が失われたもの。それであれば、足りないものを補ったり、小さい粒(みじん)だけ取り除けば土は再利用することができる

ただ再利用できない土のもある。それは病気が発生してしまった土。植物の病気のほとんどはカビ菌が原因だが、カビ菌は胞子になって土の中に住んでおり死んでいない、そのため新しい植物を植えて水やりしていると再発生する。このような土は廃棄するか、ベンレートなどの農薬で処理するか、太陽光で日干しにして殺菌する必要がある。

再利用方法

では具体的にどのように再利用するのだろうか?

リサイクル手順

鉢から多肉植物を抜き取る

まず多肉植物の根に負担をかけないように、作業の前1週間は水やりせず土を乾燥させておく。

植わっている鉢から多肉植物を取り出す。取り出すときは根を切らないように鉢をもんでやわらかくし、鉢底から棒をさすなどして絡んだ根が取り出しやすいようにする。そして茎の根元を手で押さえながら鉢を裏返してトントンたたき本体を取り出す。

表面の土を取り除く

次に植わっていたとき表面になっていた所の土は取り除く。枯れた下葉や虫などからいれば取り除く。この土は使えないので処分する。

新聞紙を広げて土を全部ひっくり返す

新聞紙を数枚敷いた上に全部ひっくり返す。

ゴミを取り除く

枯れ葉や置き肥の残骸、ゴミ、雑草などを取り除く。根が絡んでブチブチ切れた根が残ってしまう場合はその分も取り除いて捨てる。

ふるいにかける

マス目が大きめのふるいを用意して新聞紙を広げ、その上でふるいにかける。ここでは古い根やゴミを取り、こしたものを再利用する。次にマス目(1~2mm)が小さいものを用意し、先ほどふるったものをふるい直す。こうするとみじんだけが下に溜まるので、みじんを捨ててふるいに残った大きめの土を再利用する。(ふるいがない場合は7番を参照)

1~2週間天日干しする

先ほどこしとった大きめの土を新聞紙の上に広げ、夏は1週間、冬は2週間程度日なたで乾燥させる。できれば日差しが非常に強い7~8月がよい。

再利用手順

再利用する

ふるいがない場合は、大きめのビニール袋に先ほど乾かした土を入れ、何度かふったり地面に軽く落としたりして、下の方にみじんを集める。そして上部の土だけを使うようにする。

苦土石灰を入れる

みじんを取り除いたら、苦土石灰を混ぜ合わせる。苦土石灰は古い土1Lあたり小匙1杯程度でよい。石灰は目に有毒なので、作業時は目に入らないように十分注意する。

リサイクル材を入れる

次に市販している、土がよみがえる、古い土のリサイクル材などの名前で販売されている、古い土のリサイクル材を適度に混ぜ合わせる。古い土は、有機成分や微量要素などが不足しているが、リサイクル材を入れることで、補うことができる。

新しい土1:リサイクル土1の割合で混ぜる

新しい赤玉土や腐葉土などを、植えたい多肉植物に合わせて、1:古い土1の割合で混ぜる。このとき種類に応じてマグアンプなど元肥をいれても良い。

土を捨てるには

病気に罹ってしまったなど、土を捨てなければいけない時はどうしたらよいのだろうか?

その場合土も処分することになるのだが、これは自治体によってルールが決まっているので、まずは自治体のホームページなどで処分方法を調べる。福岡市のように燃えないゴミとして捨てられる自治体もあるが、取り扱えず、委託のゴミ処理業者を紹介される場合がある。しかし実際には少しずつ燃えるゴミに混ぜて捨てている人もいるようである。

コメント