スポンサーリンク

多肉植物の挿し木(さし芽・挿し穂)の方法と育て方

挿し木(さし芽)とは

多肉植物のさし芽・挿し木
さし木は親株から茎を切り取って土にさし、根を出させて殖やす方法のこと。多肉植物では葉からふやす葉挿しと並んで良く行われている。

さし木は木立する(立ち上がって茎が上に伸びていく)タイプの多肉植物に向いていて、初心者でも比較的簡単にでき成功率も高い。

ほとんどの種類でさし木ができるが、一部できないものもある。

メリット・デメリット
さし芽は葉ざしに比べると成長が早いが、一気にたくさんには増やせない。また親株のコピーになるのでウイルスに感染しているとそのまま移ってしまう。

また斑入りの場合、カットしたさし穂にはしっかり斑入りが伝わるが、カットした親株に後から出る新芽に斑が入らないことがある。

どんな風に育つのか?
さし木をすると、まず初めに切り口が乾燥ししっかり乾いた頃、切り口か葉をもいだところから白い根が出てくる。そこで土に植えて水やりをすると一気に根がのびて活着する(しっかり根を張る)。根が水を吸い始めるとカット苗の先端(芽)が成長を始める。

※挿し木と挿し芽は同じ意味で、挿し穂はカットした苗のことをさす。

Q&A

  • 挿し芽はいつできる?・・・その多肉植物の生育期に行う
  • かかる時間は?・・・種類によって異なる
  • どこに置いたら良い?・・・直射日光の当たらない日陰で
  • 切り口にルートンやロウはつけるのか?・・・切り口を塞いでしまうので避けて
  • 土はどんなものを使ったら良い?・・・清潔な新品の土を使おう
  • 根はどこから出る?・・・種類により切り口から出る、下葉を落としたもぎ口から出るの2つがある。方法のところで写真でも説明
  • いつから水やりをする?・・・発根してから
  • 親株はどうなる?・・・1~2ヶ月で新芽が出てくる
  • 斑入りはどうなる?・・・基本斑入りになるが、切り取った親株から出た新芽には斑が入らないことがある

挿し木をする時に大切な6つのポイント

  • 元気な株を選ぶ
  • 時期を守る
  • 清潔な土と道具を使う
  • 発根まで水やりしない
  • 茎をカットしたら原則乾かす
  • 半日陰で管理する

元気な株を選ぶ
元気な株からとった挿し穂を選ぼう。根詰まりなどを起こして力がなくなっている株から取った挿し穂は、根の出方が悪く成功率も低くなってしまう。

時期を守る
さし木はその多肉植物の生育期に行う。生育期は生育が旺盛で根が出やすく失敗が少ないが、休眠期は根が出るのが遅かったり腐ってしまったりと、失敗する確率が高くなる。

清潔な土と道具を使う
根や茎をカットする際は切り口から病原菌が入るのを防ぐため、ハサミやピンセットなどを火であぶって殺菌しておく。また病害虫が発生しないようにするため土は新品のさし芽用土など清潔なもの、雑草の種などが入っていないものを使う。

茎をカットしたら原則乾かす
挿し穂用に茎をカットした場合は、一部例外があるものの基本はすぐ土に挿さないで切り口を乾かす。これは茎の切り口から細菌が入ったり腐ったりするのを避けるため。

半日陰で管理
さし木の後はしっかり根が出るまで日なたに出したりせず半日陰で管理する。

挿し木の方法

用意するものの例

  • 新品の種まき・さし芽用の土
  • スコップ
  • 割り箸
  • ハサミ
  • カッター
  • 殺菌剤

①挿し床を準備する

挿し床
まずさし木したものを植えるための挿し床を作る。病害虫をさけるため新品の種まき・さし芽用土を使う。さし芽用土は細かくバーミキュライトのような無菌の土を使っているものを選ぶとよい。用土は清潔な鉢に入れておく。

②挿し穂を作る

多肉植物のさし芽・挿し木
元気な親株から、清潔なハサミで5cm程度の枝を切り取り、下葉をむしる。そして4~5日間明るい日陰で切り口を乾燥させる。このとき挿し穂の曲がりを防ぐため、ゴロンと寝かせるのではなく、立つ状態で管理したほうがよい。


卵パックに乗せると上を向く

③土に挿す

さし芽
切り口が乾いたら乾いた用土にさし穂をさす。この後種類によるが(目安は下記の表を参照)1週間から3週間程度発根するのをまつ。

発根まで植えない方法
上記は発根を待たずに植える方法だが、もう一つ発根まで植えない方法もある。この場合、根が出るまで土に挿さず、挿し穂を立てたまま放置する。

④水やりを始める

さし芽
発根を待たないで植える場合
根が出たら1回目の水やりを行う。

発根まで植えない方法の場合
充分に根が出たら乾いた用土に植え付けてすぐに水やりを始めてよい。

さし芽の根はいつでるの?

根が出たときのサインだが、先端の葉が生長し始める、挿し穂を上に引っ張ると抵抗を感じる、など。根を傷めてしまうので、毎日のように抜いてみて確認するのはやめておこう。

さし木の場合、根はどこから出るの?

実は根が出る場所というのは意外と奥が深いのだが、

  • 種類によってカットした切り口から出るもの
  • 下葉をもいだ「もぎ口」から出るもの
  • 茎のあちこちから出てくるもの

がある



細い根タイプ

左からグリーンネックレス(節から出ている)、アロマティカス(カット面から出ている)、星美人(葉をもぎとった後から出ている)

出方も色々で

  • 複数本の根が出るもの
  • 1~2本太い根が出るもの
  • まっすぐの根、曲がった根、分岐した根

など様々ある。

そのため、切り口にルートン(発根促進剤)を塗っても意味がないものがある。またカットした切り口から根が出るものも多いのでロウなどで固めてしまうと根が出なくなってしまう。

しかしどこから根が出るかまでは書籍などにも載っておらず自分で実験しないと分からない。そのため管理人は切り口には何もせずそのまま待つようにしている。

⑤その後の管理

すぐに日なたに出すのではなく、初めての水やりから2週間程度は明るい日陰で管理し、徐々に親株と同じ環境に慣らしていく。

また枝を切り取った親株の切り口付近からも、種類により1~2ヶ月程度で新しい芽が出てくる。親株から新芽が吹くのには意外と時間がかかる。そのため枯れてしまったなどと思って処分してしまうのはもったいない。

さし木に向いているもの

多くの多肉植物がさし木で殖やすことができる。特に上を向いているのが茎が長く枝分かれする木立性の多肉植物。クラッスラの一部やアエオニウム、セダムがその代表。

挿し木に向いている種類があり、発根までにかかる時間や難易度も属によっても異なる
また同じ属でも早い種類と遅い種類があるので早いもの~遅いもので記載している。

適期(生育期)に挿し木を行った場合の発根の速さと難易度
日数 難易度
グラプトペタルム 1~2週間 簡単
セダム(軟葉系) 3日~1週間 簡単
セダム(硬葉系) 2週間~1ヶ月 簡単
カランコエ 2週間~1ヶ月 簡単
エケベリア 2週間程度 簡単
セネシオ 2週間~1ヶ月 やや難しい
アエオニウム 3週間程度 やや難しい
クラッスラの一部 2週間~1ヶ月 やや簡単
コチレドン 2週間~1ヶ月 やや難しい
パキフィツム 2週間~1ヶ月 簡単

その他挿し木できるもの
クセロシキオス属、アプテニア属、アロエ属、ダドレア属、アドロミスクス属、ヒロテレフィウム属、センペルビウム属、グラプトベリア属、オトンナ属、セデベリア属、グラプトセダム属、フェルニア属、スタペリア属、セロペキア属、プレクトランサス属、カリシア属、ポーチュラカリア属、アナカンプセロス属、ブラウンシア属

挿し木に向いていないもの

アガベ属、モニラリア属、リトープス属やコノフィツム属、プレイオスピロス属などの玉形メセン類

さし木でよくある失敗の理由

葉や茎が腐ってきた
水やりが早すぎた、道具や土に雑菌がついていた、気温の高い時期に挿し木してしまった、などの原因が考えられる。挿し木は暑い季節は失敗しやすく、冷涼~穏やかな気候のほうがうまくいく。またカット苗は根が出るまで水は不要で、根が出ないと水が吸えないため急いで水やりしないようにする。

根が出ない
時期が不適切だった、下葉を落として置かなかったなどが考えられる。まず時期については冬や夏は根が出るのが遅くなるのが普通。また下葉をもいだ口から根が出てくるものも多く、そのような種類は下葉をもぎとって置かないと根が出にくい。

葉がしなしなになってきた
茎がシナシナになると困るが、葉に多少しわがよるくらいなら心配はいらない。挿し木作業の終わり頃(根が出る直前)は体内の水分を使い果たして葉にもしわがよるが、根が出て水を与えればすぐに復活する。

コメント