こちらから文字サイズを変更できます
スポンサーリンク

葉が焦げた?多肉植物の葉焼けとは?症状と対策方法を解説

疑問
多肉植物の葉が一部焦げたようになっている。原因は?焼けないためには?
疑問の答え

  • 葉の焦げは「葉焼け」夏に特になりやすい
  • 葉焼けしたところは元に戻らない
  • 真夏は直射日光に当てない
  • 室内に飾っていた多肉植物は急に日なたに出さない
  • 真夏は夕方水やりするか、葉についた水滴を拭き取る

葉焼けはヤケド!対策方法は?

多肉植物を育てていると突然葉に焦げのような痕がつくことがある。これは葉焼けといわれる生理現象で、植物は日光の強さでやけどをしてしまうことをいう。一度葉焼けしてしまうと、その部分は治らず葉は枯れたり痕が残ったりする。

葉焼けさせない方法として、真夏は直射日光の強い日なたには出さないこと、あるいは遮光ネットをかけておくことがまず予防になる。そして水やりするときは夕方にして葉に水が残った状態で日光にさらさないようにする。特にエケベリアなどの中央に水が溜まっているとレンズのようになって光が集まり中心がやられる。

葉焼けを起こすのは夏だけではない。秋や春でも起こる。よくあるのが室内の暗い所に飾っていた多肉植物を急に日なたに出した場合、植物も人間と同じように「慣れ」が必要で、急に日に当てると本来大丈夫な強さでも葉焼けしてしまうことがある。そのためだんだん日差しに慣らすことが必要になってくる。

多肉植物の葉焼け
多肉植物の葉焼け
多肉植物の葉焼け

左から、葉に水がついていた部分が焼けてしまった熊童子。暗い所から外に出して焼けてしまった蒼星、だいぶ新葉が出てきている。水滴の部分が焼けてしまった胡蝶の舞。

コメント