スポンサーリンク

多肉植物のカランコエは寒さに弱い?実際は何度まで耐えられるか

多肉植物の中でもカランコエは寒さに弱いといわれる。本などでも最低越冬温度は5℃と書いてあることが多い。実際には何度まで耐えられるのか、実験してみた。

疑問
カランコエは冬何度まで耐えられるのか?
疑問の答え

  • 3℃くらいまでなら問題ない
  • 5℃以下になったらすぐ枯れるわけではない
  • 夜間5℃あれば室内への取り込みは不要
  • カランコエは10℃を切ると生育が衰える
  • 花を咲かせたい場合は5℃以下にしないほうがよい

カランコエは典型的な夏型の多肉植物。最低越冬温度は5℃とされている。しかし実際には3℃程度なら問題ない。ただ長時間3℃に耐えられるかは不明。数時間なら1度台も大丈夫。

カランコエの最低気温は?

カランコエの最低気温は実際は2~3℃までは大丈夫だが、長期間続くとどうなるか分からない。夜間5℃以下になっても昼間10℃以上になるなら問題なし。

実験:カランコエの月兎耳を外に置きっ放し、室内に取り込み比較してみた。
2019年12月から3月にかけての10回程度。夜1℃以上3℃未満・・・・外に置きっ放しの分も無事だった。
※1℃以下になりそうな日はどちらも室内に入れた。

しかしカランコエは10℃以下になると生育が鈍くなるのでできれば暖かい室内がよい。また10℃以下になると花が咲かない場合もあるので、花を見てみたい場合は室内に取り込む。

15℃以上ある室内に取り込んだ場合、春や秋ぐらいの成長はする。そのため外に置いているより水をよく吸うので、10日に1回くらいの水やりが必要になる。また取り込みっぱなしだと徒長したり、紅葉が冷めたりするので暖かい日は外に出したい。

コメント