スポンサーリンク

多肉植物の発送でよく使う第四種郵便とは?

多肉植物を購入・販売するときに欠かせない「第四種郵便(第4種郵便)、種子便とも」について詳しく解説し、実際の受け取り方なども紹介しています。

第四種郵便は植物苗だけではなく、点字郵便物や通信教育用郵便物、学術刊行物郵便物の取り扱いもありますが、ここでは植物苗に限って解説しています。

第四種郵便とは(植物苗の場合)

第四種郵便

第四種郵便とは、植物種子、苗、苗木、茎、根(全て栽培用に限る)を安価に送ることができるサービスです。

植物苗はかさばったり土が付いたりしていて重く、通常の郵便として出すと高く付いてしまいますが、第四種郵便を使うことで、割安で送ることができるようになります。

メール便などは3cm以内の制約があることが多いですが、第四種郵便で植物苗を送る場合は、そのような厚み制限がありません。

差し出しの際は開封して郵便局のスタッフに中身を確認してもらうか、容器に窓を開け中身が確認できるようにする必要があります。そして容器の分かりやすい部分に「第四種郵便」と赤いペンなどで記載します。

この条件さえ満たせば、誰でも利用することができます。

郵便局ホームページより

料金とサイズ

送れるサイズと重さごとの料金は以下のようになっています。

第四種郵便
画像出典:郵便局ホームページ

最大サイズは容器の縦・横・高さの合計が90cm以内であること、一番長くて60cm以内であること、また1kg以内であることです。最小サイズも決まっており、箱状のものであれば縦横が14cm × 9cm以上のもの、筒状のものであれば、直径3cm以上、長さ14cm以上であるものと決まっています。

料金は以下のようになっています。

第四種郵便で「植物種子等郵便物」を送る場合の料金表
~50g 73円
~75g 110円
~100g 130円
~150g 170円
~200g 210円
~300g 240円
~400g 290円
以降1kgまで100gごとに +52円ずつ

オプションサービス

第四種郵便でもオプションサービスを付けることができます。以下のようなサービスが追加で使われる場合が多いです。

速達(250gまで) +260円
速達(1kgまで) +350円
特定記録 +160円
簡易書留 +320円

例えば速達を付けた場合、午前中に差し出した場合、九州から関東まで翌日に届きます。(詳しい地域ごとのお届け日時は郵便局のホームページをご覧ください)

特定記録とは、配達証明のサービスで、追跡番号をつけてもらうことができます。

簡易書留とは5万円までの補償を行うサービスで、追跡番号も発行されます。

付けられるオプションサービスの早見表

第四種郵便

画像出典:郵便局ホームページ

集荷・配達のスケジュール・届く日数

集荷は通常の郵便と同じように日・祝日関係なく行われます。

しかし配達に関しては2021年10月1日からスケジュールが変わり、日曜日・祝日に加えて土曜日の配達もお休みとなりました。(通常の郵便も同じ扱いです)

また、配達にかかる日数がおよそ1日遅くなりました。(通常の郵便も同じ扱い。)

また第四種郵便は大型郵便と同じ扱いになります。そのため以前から普通の郵便と比べて1日程度遅かったのですが、2021年10月からはさらに遅くなりました。

目安としては、九州から関西で3日程度、九州から関東で4日程度、九州から東北で4日以上かかります。時期や場合にもよるのでしょうが、これより遅くなることもあり、九州から関東で8日間かかったことがありました。(月曜日差し出しで翌週月曜日に配達)※祝日を挟んだ場合など

スポンサーリンク

第四種郵便の注意点

便利な第四種郵便ですが、使う場合の注意点もあります。

注意点

保証がない

まず、郵便物を紛失・破損した場合の補償がありません。

配送の途中で茎が折れてしまったり、葉が取れてしまってもそれに対する補償はありません。また紛失した場合も同じです。既定では追跡番号がついていないので、配達状況の確認もできません。

この補償と追跡番号は別料金でつけることができますが、せっかく第四種郵便で安くなっているので、つけると送料が上がってしまいます。そのため、大事な(高額な)多肉植物は、ゆうパック・宅急便など元々補償や追跡番号が付いているサービスを使うケースが多いです。

日数がかかる

やはり日数がかかるのは大きな痛手です。

先のように第四種郵便は通常の郵便よりさらに遅いという特徴があります。通常の郵便物なら待てば良いだけですが、多肉植物の場合植物なので、配送中に枯れたり蒸れたりする恐れがあります。

夏に近づくと蒸れ・溶け・腐りの心配が大きくなり、冬場は凍結のリスクが高まります。そのため植物を送ることができるのは、気候のよい3~5月、10~11月でないとリスクが高いです。

特に土曜日の配達がなくなってしまったのは痛手で、水曜日以降に発送すると翌週となることが多く、月曜・火曜のみ発送する方が増えました。

不在だと再配達になる

多肉植物の苗は葉挿しでない限り厚みが3cm以上になります。ポストに入らない場合はインターフォンを押されるのですが、不在だと不在票が入り再配達となります

再配達となるとさらに到着が遅くなり、苗の状態が心配されます。

購入と受け取り方の例

ここでは、ネット通販やフリマなどで多肉植物を購入した場合について掲載しています。

  • ①配送方法に第四種郵便を選んで購入します。
  • ②発送され発送連絡があります。
  • ③概ね3~5日で到着します。

①メルカリなどフリマには「第四種郵便」という欄はなく、「普通郵便・定形外」などと書いてあるものが第四種郵便での発送です。

第四種郵便

②出品者によりますが、なるべく配送時間が短くなるよう、指定日以内に(場合により月曜・火曜など)に発送されます。水曜日以降に購入したものは翌週発送になることもしばしばです。

③ポストに入るものはポストに投函され、入らない場合はインターフォンが押されます。不在の場合は再配達通知が入ります。

販売と送り方の例

ここでは、フリマなどで多肉植物を販売する場合について掲載しています。

  • ①商品が購入されます。
  • ②商品を梱包します。
  • ③郵便局に持ち込み窓口に差し出します。
  • ④発送連絡をします
  • ⑤3~5日で到着し、到着連絡が届きます。

①商品が購入されます。商品の出品時は支払後4~7日以内に発送など、発送日を長めにとっておき、月曜か火曜日に発送することをおすすめします。

第四種郵便

②商品を梱包します。梱包時は中が見えるよう、透明容器(フードパックなど)を使うか、筒状のものであればアイスやおでん、ヨーグルトなどの容器、紙コップなどを使う場合が多いです。どちらの場合も、発送時、配達時に中が見えるようにしておくことが必要です。

この時必ず容器の見えやすい所に「第四種郵便」と赤いペンなどで記しておくことが必要です。

③郵便局に持ち込み窓口に差し出します。窓口で内容を確認してもらってから発送します。

④発送連絡をします。

⑤3~5日で到着し、到着連絡が届きます。

メルカリの登録

メルカリでも多肉植物の購入・販売ができます。

メルカリで新規登録する方は、お友達紹介コードの入力で、メルカリの購入で使える500円分ポイントがもらえます。
よろしければ、下記のコードをお使いください。

※PCからの申し込みでは適用にならないので、スマホアプリから申し込みください。

メルカリ新規登録友達紹介コード:UTFXGC
フリマアプリはメルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済 - Google Play のアプリ
フリマアプリのメルカリは新品も中古も商品豊富で日本最大の"売れる"フリマアプリ。236万ヶ所のお店で使える"かんたんスマホ決済"のメルペイでお得にショッピングも
‎フリマアプリはメルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
‎◇メルカリは毎月2,000万人以上が使う日本最大のフリマアプリ!◇ メルカリは月間2,000万人以上が使うかんたんに売り買いができて、あんしん・あんぜんなお取引ができるフリマアプリです。 出品時も購入時も手数料0円! 会員登録費用やクレジットカード手数料も一切かかりません。かかるのは商品が売れたときの販売手数料だ...

コメント