スポンサーリンク

多肉植物はどこで売っている?入手先と購入時の注意点を解説

多肉植物はどこに売っているのか?実は色々な所から簡単に手に入れることが出来る。しかし注意するべきポイントもあり、うっかり悪い苗を買ってしまうと育てづらく枯らしてしまうこともある。それぞれの入手方法別に注意点もあげている。

店舗

まず多肉植物を取り扱っているのは、「園芸店」だ。個人営業の園芸店や大型の園芸店に多肉植物が置いてある。一見普通の植物や野菜の苗しか取り扱っていないように見えるが、半日陰になる軒下や温室などの片隅に置いてあることが多い。また「ホームセンター」でも取り扱っていることがある。その他100円ショップにも小苗が置いてあると本に書いてありダイソーに行ってみたら売っていた。また意外と自宅近くの小さな花屋さんにちょこっと並んでいたりもする。おしゃれなインテリアショップや雑貨店の片隅で見かけたりする。もちろん多肉植物の専門店にいくのもありだ。ただ関東付近が多く、地方ではなかなか大きな多肉専門店は見当たらない。小さな専門店は地方にもちらほらあるので、グーグルマップなどで「多肉植物専門店」などと検索すると近場が出てくる。

注意点は管理状態を厳しくチェックすること。多肉植物の専門店はもちろんのこと、多肉植物の担当者がいる大型の園芸店などであれば、多肉特有の管理方法を熟知して育てているので状態の悪い苗は売っていないはずだ。しかし多肉植物のことをよく知らない小さな花屋さんやホームセンターなどでは、水やりのしすぎで腐っていたり、店内の日光が少ない所でヒョロヒョロにのびきった苗を並べていることもある。また専門店といえども屋外で販売しているとどうしても害虫が入り込んでしまうことがある。そのため専門店でも手に取った苗はしっかり葉の裏から茎の付け根までチェックしたほうがよい。また良い苗を手に入れるためには、多肉を置いていそうな店をこまめにチェックするとよい。入荷したての苗はよいものから売れていくので。お店がメルマガなどを発行していれば、購読して入荷情報をチェックできる。

大型の多肉植物専門店

ネットショップ

次に多肉植物を取り扱っているのはネット通販だ。ネット通販は「カクトロコ」や「多肉永遠(tanikutoha)」、「レポスの多肉村」、「solxsol(ソルバイソル)」、「群仙園」などの多肉植物専門店と、ヤフーショッピング・楽天市場・アマゾンなどに出店している小さなショップがある。ネットショップではパキフィツムやエケベリアなど属ごとに分かれており一覧の写真から欲しいものが選べる。もちろん検索機能もついているので自分が欲しい種類があるかショップ内を検索することもできる。バラ売りはもちろんだがセットやまとめ買いすると割引してくれるところも多い。頒布会の開催や新着情報、入荷などをメールで知らせてくれるところもあるので気に入ったお店はぜひメルマガ登録したい。

注意点は苗を選べないこと、輸送中のトラブル。お店にいけば欲しい苗を現品でみて納得して買うことが出来るが、ネットショップでは現物をみることができない。そのため印象と違ったり色味やサイズ感がずれてしまうことがある。複数の苗から無作為に選んで送ってくるので、悪くいえば当たり外れが避けられない。また輸送中のトラブルも実店舗にはないデメリット。通販サイトでは鉢ごと送る宅急便か鉢から苗を取り出して土を落とした抜き苗を普通郵便で送る2つの方法が選べることが多い。鉢ごと送れば安全かといえばそうでもなく輸送中にひっくり返って土まみれになることがある。抜き苗の場合は鉢から苗を抜き取る必要があるが梱包することがヘタだと根を切ってしまうことがある。さらに普通の郵便と同じなので不着時や破損の補償がないというデメリットがある。梱包の善し悪しで苗がボロボロになってしまうこともあるので、激安ではなく信頼のおけるショップで購入したい。

大手の多肉植物専門通販サイト
カクトロコ
会社サイト:http://cactoloco.jp/shop.html
通販サイト:https://store.shopping.yahoo.co.jp/cacto-loco/

多肉永遠(tanikutoha:たにくとは)
http://www.tanikutoha.jp

レポスの多肉村
https://tanikumura.com

solxsol(ソルバイソル)
https://www.solxsol.com

群仙園(グンセンエン)
URL:調査中

岐孝園(ギコウエン)
https://saboten.co.jp/

メルカリ・フリマアプリ・ヤフオク

実店舗と通販のいいとこ取りをしたような便利な買い方がメルカリやラクマ、Paypayフリマなどのフリマアプリやヤフオクなどでの購入方法だ。フリマやヤフオクでは、出品者が現品の写真を撮って現品を出品している。利用者が苗を購入するとその苗を送ってくれる。通販でも目で見て確認した苗が手に入るのはとても安心。ヤフオクの場合は即決以外にオークション形式のものもあり、その場合は終了時間までに自分の出せる最高額を指定する。オークションでは終了間際に入札が殺到して価格がつり上がることが多い。フリマやヤフオクの苗の善し悪しは出品者の他の出品物一覧や自己紹介、評価などから確認できる。配送方法も抜き苗、鉢ごとなど事前に確認できる。フリマやヤフオクのメリットはそれだけではない。大手の通販ショッピングより遥かに品数と種類が多く、サイズも値段もまちまちで自分にあったものを選べる。そして格段に安い。

注意点は悪い評価が少ないなど信頼できる出品者から購入すること。説明文をしっかり読むこと。特にプロフィールのチェックは必須でルールを守る。苗のサイズや配送方法などをしっかり確認すること。フリマは返品や購入後のキャンセルが非常に難しいので覚悟を決めてから購入する。またアマゾンのようないわゆる「通販」ではなくあくまで個人間の「取引」なのでメッセージのやりとりや評価など手間もかかる。そしてフリマでも人気の高い出品者がいて、そのような人の苗は出品後1分で売り切れるなど競争倍率が高くフリマウォッチなどで出品情報をチェックしないとなかなか手に入らないこともある。

メルカリやヤフオクなどを初めて利用する方向けに買い方の手順を解説している。
→メルカリ・ラクマ・Paypayフリマなどでの多肉植物の買い方
→ヤフオクでの多肉植物の買い方

コメント