こちらから文字サイズを変更できます
スポンサーリンク

農薬の形状やその特徴と使い分け

主な種類

使い方 用途 形態
そのまま使える 初心者向け
応急処置
ペレット剤
エアゾール剤
スプレー剤
水で薄めて使う 中上級者向け
予防散布
水和剤
液剤
乳剤

形状ごとの特徴・注意点

形状 特徴と注意
エアゾール剤 GFオルトランCスプレー
<特徴>
金属製の缶に薬液と圧縮したガスが封入されたもの
<メリット>
ボタンを押すだけで手軽で便利に使える。薄める手間がない。初心者だけでなく、広い庭でも応急用として持っておくと便利
<使用上のポイント>
近くで散布すると冷害が起こるので30cm以上離して使う。霧がうっすらとかかるくらいが適量。かけ過ぎると薬害を起こす
<使い方>
ガスが出るタイプは有機溶媒に薬剤を溶かしているものが多いので、近くからかけないようにする。またガスが爆発するおそれがあるので、完全に使い切り、最後にガス抜き操作をする。逆向きにするとガスだけが出るので鉢を傾けるなどで対応する。
形状 特徴と注意
スプレー剤 ベニカXファインスプレー<特徴>
ハンドスプレーに薬剤が入っているもの
<メリット>
そのまま使えて手軽で、冷害がないので植物に近づけて使える。応急処置にも使える。的を絞ってかけられる
<使用上のポイント>
長時間使うと手が疲れる。葉先から液が流れ落ちるぐらいが適量
<使い方>
直接病気や害虫が発生しているところに吹き付ける。至近距離から吹きかけることで周りへの飛散を防止できる。葉の裏にもかける必要がある場合は、鉢を傾けるなどして下からも吹き付ける。
形状 特徴と注意
粒剤 オルトランDX粒剤<特徴>
小さな粒状になっている薬剤で、水やりでだんだんと薬剤がしみ出す
<メリット>
そのまま蒔けるので手間がかからない。初心者にも向いている。浸透移行性の場合は長く効く。雨がかかってもよい
<使用上のポイント>
むらなく均一にまく。広い範囲に蒔くときは使いすぎに注意する。1メートル以下の植物に向いている。
<使い方>
粒剤をまくときは、計量スプーンなどで薬剤を量取り一カ所に偏らないよう散布する。また土を作る時に混ぜるのであれば計量スプーンで量って土に混ぜて平らにし、その上からタネをまくなどする。
形状 特徴と注意
ペレット剤 ナメ退治 ベイト<特徴>
パラパラと蒔けるようになった固形の薬剤
<メリット>
害虫が見えなくてもおびき寄せて退治できる
<使用上のポイント>
雨が降ると効果が薄くなる。散布後に水やりをしないようにする。ペットが間違えて食べないようにする
<使い方>
雨の心配のない日に使う。水やりでも有効成分が流れてしまうので、水やり時は水がかからないようにする。ネキリムシ対策の時は株元を取り囲むように散布する
形状 特徴と注意
水和剤 ベニカ水和剤<特徴>
粉末の薬剤で水に溶かして使うもの。要展着剤
<メリット>
溶かして使うので少量で大量の散布液が作れる。中上級者向けで広い面積に最適
<使用上のポイント>
薄める手間がかかる。スプレー剤などより取り扱いに注意がいる。薄めるときは展着剤が必要。希釈倍数を守る。
<使い方>
水和剤(粉)はあらかじめ使う量に小分けしたものが売っているので、それを使えば量がなくても問題無い。水和剤の場合は展着剤を必ずいれるようにする。水和剤の量が1g以下の場合は、展着剤を混ぜた水に粉薬を少しずつ混ぜていく形で作る。作り方の順は水に展着剤をいれる、かき混ぜた後に薬剤を入れる。計量カップなどで作った場合はかき混ぜ棒でかき混ぜるが、ペットボトルで作る場合はフタをしっかり締めて振るとよい。
形状 特徴と注意
乳剤・液剤 STサプロール乳剤<特徴>
液状に加工されている薬剤
<メリット>
薄めて使うので少量で大量の散布液が作れる。中上級者向けで広い面積に最適
<使用上のポイント>
薄める手間がかかる。スプレー剤などより取り扱いに注意がいる。希釈倍数を守る。
<使い方>
500ml程度の薬液を作るのには1mlが量れるスポイトが必要になる。展着剤は必ず入れる必要はないが、水をはじきやすい植物ではいれたほうがよい。作り方の順は水に展着剤をいれる、かき混ぜた後に薬剤を入れる。計量カップなどで作った場合はかき混ぜ棒でかき混ぜるが、ペットボトルで作る場合はフタをしっかり締めて振るとよい。
※殺虫剤と殺菌剤の混合液を作りたい場合は、展着剤を使って水、展着剤、薬の順に入れる

コメント