スポンサーリンク

TURBOSII 植物育成ライト LEDのレビュー!明るさや多肉植物への使いやすさは?

Amazonで販売されている、TURBOSII製「TURBOSII 植物育成ライト LED 2~4チューブ(1本10W)」を実際に購入して明るさや使いやすさをレビューしています。

なお以下の照度は照度計で測った値です。

おおまかなスペック(機能)は?

TURBOSII 植物育成ライト LED 2~4チューブ(1本10W)
TURBOSII 植物育成ライト LED 10WAmazonでの画像
TURBOSII 植物育成ライト LED 10W実際の写真
実勢価格 2,000~3,000円程度(ライトの数による)
スペック(機能)
パワー(明るさ相当) 1本10W
実測の光の強さ(2チューブ仕様の場合) 20cm下 3,600 lx
30cm下 1,900 lx
60cm下  640 lx
100cm下  240 lx
実測消費電力 8W(2本、明るさ最大時)
電気代 月55円(2本、明るさ最大で1日8時間の場合)
光の種類 フルスペクトル
(380nm~800nm)
調光 10段階
タイマー 3・9・12時間
アームの長さ(高さ) およそ35cm
設置方法 クリップ式
コードの長さ 1.0メートル
使用感
使いやすさ 使いやすい
照射範囲 広い
明るさ やや暗い
光の色 電球色(白~黄色っぽい)
発熱 少し
安定性 ほとんどぐらつかない
静音性 静か
総合評価 ★★★ 3.0点
詳細 比較ページへ
Amazon
TURBOSII 植物育成ライト LED 2~4チューブ
TURBOSII 植物育成ライト LED 2~4チューブ(1本10W)実際に多肉植物を置いてランプを付けた状態です。 TURBOSII 植物育成ライト LED 2~4チューブ(1本10W)後ろのカーテンで光の広がり具合と明るさが分かります。

※ライトが思うように曲がらなかったため、明かりが左よりになっています。

購入レビュー

TURBOSII 植物育成ライト LED
Amazonで注文し、2日程度で届きました。

TURBOSII 植物育成ライト LED
ビニールにくるまれてコンパクトに収まっています。

TURBOSII 植物育成ライト LED
LEDヘッドは組み立て式ですが、替えのランプはないようです。

TURBOSII 植物育成ライト LED
少々アームが曲げにくいです。

TURBOSII 植物育成ライト LED
USB電源でアダプタも付属しています。

TURBOSII 植物育成ライト LED
簡単な取り扱い説明書です。

TURBOSII 植物育成ライト LED
両方点灯、

TURBOSII 植物育成ライト LED

TURBOSII 植物育成ライト LED
右・左のみの点灯が可能です。

TURBOSII 植物育成ライト LED
実際の消費電力は明るさ最大時で8Wでした。

機能・感想を詳しく解説

明るさ・光の色

実測の光の強さ ※1
20cm下 3,600 lx
30cm下 1,900 lx
60cm下 640 lx
100cm下 240 lx

最大輝度の明るさは上の表のようになっています。(照度計での計測値です)

フルスペクトルのタイプで380nmから800nmをカバーします。これは太陽光に似せており、赤、緑、青の全ての色を含みます。

2チューブ(電灯2個)では明るさはやや暗めで、最大輝度にしても多くの種類の多肉植物に不十分な感じがします。実際最大でも3,600lxしかなく、種まきの栽培にも厳しいかもしれません。ハオルチアの栽培にはよいかもしれません。

一番最初に出てきたYTAのライトの中間ぐらいが、このライトの最大輝度程度でしょうか。照射範囲は広くムラはありません。色は黄色っぽく電球色のような感じで違和感がありません。

1台で簡易ビニール温室1段分(約50cm×70cm)を照らすのにはやや厳しいかもしれません。

機能と使いやすさ

機能は充実しており、10段階の明るさとタイマーがあります。クリップ式で使いやすく狭い所にも設置しやすいです。

明るさ調節は一番上のプラスマイナスボタンを押していき、タイマーは上から3つめのボタンを押して、3・9・12時間を選べます。選んだ時青、緑、赤の色が変わるので、どの時間に設定しているのかが分かります。

このタイマーは翌日からも同じ時間に繰り返し起動・終了します。(たとえば1日目に9:00に設定すると翌日からも9:00に点灯します。)

安定性や発熱など

安定しておりぐらつかず、発熱もほぼありません。ただライトを取り付けるとき、回転式なのですがちょうどうまく下に回すのが難しく、取り付けに工夫を要します。

留め具は約3~4cm程度の厚みまでの対応です。

消費電力と電気代の試算

実測の消費電力は最高輝度で8Wで、その他の輝度では以下のようになっています。

1段階(1番明るい) 8W
2段階 7.5W
3段階 7W
4段階 6W
5段階 5W
6段階 5W以下
7段階 5W以下
8段階 5W以下
9段階 5W以下
10段階 5W以下

※3管理人の所有するワットチェッカーは5W以下が測れないため、6段階目以降が計測不能となりました。

電気代の試算(1日8時間の場合)
段階 消費電力 1日 1ヶ月
1段階 8W 1.8円 55円
2段階 7.5W 1.7円 52円
3段階 7W 1.6円 48円
4段階 6W 1.3円 41円
5段階 5W 1.1円 35円

※3 1kWh 28円で試算しています。

最大消費電力が8Wなので、1日8時間付けると1日1.8円、1ヶ月55円です。

メリットとデメリットまとめ

メリット

  • クリップ式で設置しやすく安定的で使いやすい
  • 明るさを10段階で調節できる
  • ハオルチアなど弱い光を求める多肉植物に向いている
  • 左右のランプを別々の方向に向けたりライトのON/OFFができる
デメリット

  • 最大でも(2本仕様)3,600lxと暗い
  • 実際に照射できる範囲が狭い
  • ハオルチア以外の多肉植物には暗いと感じる

多肉植物の栽培に向いているか?

2チューブで2,000円からと低価格で使いやすいです。明るさは暗いものの、ハオルチアなど弱い光を求める多肉植物には適切だと思います。

照射範囲は簡易ビニール温室1段分(50×70cm程度)で広い範囲には向いていません。鉢数が限られていて設置スペースも限られており暗めを求める種類に効果的だと思います。

また12ヶ月の保証がありますので、万一故障した場合の保証がしっかりしていると思います。

コメント