スポンサーリンク

GFオルトランC(オルトランスプレー)の詳細と使い方・写真

農薬プロフィール

GFオルトランC(スプレー) GFオルトランCスプレー
タイプ <エアゾール剤(噴霧する)>
■(害虫)
速効性(あり)、持続性(あり)
■(病気)
予防効果(あり)、治療効果(あり)
成分 アセフェート(殺虫)、MEP(殺虫)、トリホリン(殺菌)
成分比率はアセフェート0.19%、MEP0.17%、トリホリン0.15%
多肉植物での主な用途 ◆害虫:アブラムシ、チュウレンジハバチ、ルリチュウレンジハバチ、アメリカシロヒトリ、チャドクガ
◆病気:うどんこ病、黒星病

※ただし
成分「アセフェート」はアブラムシ類、アザミウマ類、ヨトウムシ類、ネキリムシ類、ハモグリバエ類、コガネムシ類幼虫、コナガ、アオムシ、などに効果がある。
成分「MEP」にはアオムシ、バッタ類、ハマキムシ類、アブラムシ類、カメムシ類、ヨトウムシ類、軍配虫類、アザミウマ類、クロウリハムシ、ハモグリバエ類、ウリハムシ、コガネムシ類、コウモリガ、アメリカシロヒトリ、カイガラムシ類、ケムシ類、ワタノメイガ、コガネムシ類幼虫、テントウムシダマシ類、ネギコガ、カキノヘタムシガ、フジコナカイガラムシ、イラガ類、ミノガ類幼虫などに効果がある。
成分「トリホリン」にはうどんこ病、黒星病、白さび病、フェアリーリング病、葉かび病、灰星病に効果がある。
※成分ごとの適用病害虫を参照

希釈倍率 そのまま30cmほど離して霧が薄く葉に乗る程度、数回断続噴射する
その他 におい:あり
色:なし
沈殿:なし
展着剤の要不要:不要
危険性 海産動植物への影響:不明
眼への刺激:あり
皮膚への刺激:あり
多肉用でのポイント すぐれた殺虫、殺菌剤を3剤を合わせており、害虫に速効性と持続性、病気に予防と治療効果があり1本持っていればおおよそ多肉植物に被害のある害虫と病気に対応できる。ボタンを押すだけで手軽。ただガスが出るエアゾール剤なので、しっかり薬剤が付くが、多肉植物の粉が落ちやすい、見栄えについてはあまりよくない。

パッケージの写真

オルトランスプレー オルトランスプレー背面 オルトランスプレー側面
オルトランスプレー側面 オルトランスプレースプレー

特徴

※原文まま

  • 代表的な殺虫剤であるオルトランとスミチオン、更にうどんこ病・黒星病によく効く殺菌剤のサプロールを配合しており、特に害虫には速効性と持続性を兼ね備えた手軽な病害虫防除剤です。

散布方法

そのまま植物から約30cm離して、薬剤が均一に付着するように1~3秒ずつ断続的に噴射する。

散布時の注意点・安全上の注意点

※多肉植物に関係がある所のみ抜粋

効果・薬害の注意点

  • 新芽・花弁・新葉などには充分注意(冷害)
  • 日中高温時および強風時の使用は避ける
  • ストックなどアブラナ科の植物にはかからないようにする(薬害)※その他でバラ、菊、梨に薬害発生リスクあり
  • あらかじめ小面積で薬害の有無を確認する

安全使用上の注意点

  • 体調の優れない時は散布しない。
  • 室内および人体に向けて使用しない
  • 眼に入らないように注意(刺激性)
  • 皮膚に付かないように注意(刺激性)
  • 散布時は農薬マスク、手袋、長ズボン長袖の作業着などを着用
  • 散布中および散布当日は散布区域に小児やペットが立ち入らないように配慮する
  • 風向きなどを考え散布液が周囲の人家や通行人、洗濯物、ペット、玩具などにかからないように注意
  • ミツバチおよび蚕に影響があるので注意して使用する
  • 自動車、壁などの塗装面、樹脂、大理石、御影石に噴射液がかからないようにする(変色)
  • 使用後の空き缶は戸外でボタンを押してガスを出し切ったことを確認してから処理する
病害虫対策
スポンサーリンク
れのみをフォローする
~多肉ちゃんこんにちは~多肉植物の育て方サイト

コメント