スポンサーリンク

カリシア属(Callisia)の特徴と種類・育て方

カリシア属の写真

桃色カリシア桃色カリシア 桃色カリシア(紅葉時)桃色カリシア(紅葉時) カリシア ロザートロザート

カリシア属(Callisia)の特徴

ツユクサ科
カリシア属
生育型 夏型
育てやすさ 育てやすい
成長速度 早い
殖やし方 挿し木
原産地 アメリカ・メキシコ

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

カリシアはこんな植物
三角形の花を咲かせる
メキシコから南米に10種類ほど知られる小さなグループで、日本ではロザート、桃色カリシアがよく栽培されている。カリシア属は珍しい三枚の花びらで小さな三角形のような花を咲かせる。葉には斑入りのうすい筋が入ったり、葉の裏と表で色が違ったり、紅葉すると緑がピンク色になったりと見応えがある。

どんどん殖えるが寒さに弱い
カリシアは暴れ系といわれる繁殖が早い多肉植物で、1本挿し木にしておくだけであっという間に鉢いっぱいになってしまう。育てやすく水不足にも強く、強健な種類なので初心者でも簡単に栽培できる。寒さには弱く0℃で溶けてしまうため、冬は5℃以上を保って室内で育てる。さし芽なども冬以外の暖かい時期に行う必要がある。

育て方のコツ

  • 丈夫で増やしやすく水不足にも強い
  • 冬の寒さには弱く5℃以下で室内に取り込む
  • どんどん伸びるので適宜剪定・植え替えをする
  • 夏は直射日光に当てず、半日陰に置く

年間栽培カレンダー

夏型
生育期 4~10月
休眠期 12~2月
緩慢な時期 3月、11月頃
水やり
  • 3~6月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 梅雨時は土が乾いたら(月に2回程度)
  • 7~8月は土が乾いたら鉢が半分程度濡れるまで(2週間に1回程度)
  • 9~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 12~2月は表面を濡らす程度を月に1回程度
置き場所
  • 年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に
  • 4~6月は直射日光の当たる屋外に
  • 7~9月は明るい日陰(50%遮光)
  • 10~11月は直射日光のあたる屋外
  • 12~3月は雨の当たらない屋外だが、5℃以下ならは日当たりの良い室内へ
植え替え
  • 5~6月頃が適期
殖やす
  • 5~9月頃に挿し木、株分け
肥料
  • 植え付け時に緩効性肥料を土に混ぜ込む
開花
  • 5~10月頃、白やピンクの花を咲かせる

主な種類名

桃色カリシア
ロザート Callisia ‘Rosato’
エレガンス Callisia elegans
重ね扇(カサネオウギ) Callisia navicularis
休眠期とは?
多肉植物の日本での栽培は自生地の環境と異なる。そのため日本の寒さや暑さに耐えられなくなると生育が鈍ったり成長が止まったりする。その時期のことを「休眠」という。時期は種類によって異なり、夏に休眠するタイプと冬に休眠するタイプがある。休眠期は生育が鈍るので肥料や水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控える。

育て方のポイント

水やり

水やり夏型の多肉植物だが、蒸れに弱いため夏は若干水やりを控える。春秋はよく生育するのでたっぷり与える。冬は休眠するので僅かにする。

具体的には、休眠が明ける3月から徐々に水やりを増やす。4~6月は生育期で土が乾いたら鉢底から流れるまで、1週間に1回程度与える。しかし梅雨時は土が乾いたら与えるようにする。土や鉢の種類にもよるが、およそ月に2回程度になる。7~8月は高温で根腐れするのを防ぐため、土が乾いたら鉢が半分程度濡れるまで(2週間に1回程度)にとどめる。9~11月は再び生育期で、1週間に1回程度、土が乾いたら鉢底から流れるまで与える。休眠期の12~2月は暖かい日に土の表面を濡らす程度を月に1回程度にとどめる。

寒い時期は暖かい朝~昼に水をやり、暑い時期は涼しくなる夕方に水を与える。そうすると蒸れや凍結を予防できる。また夏・冬は水分を控えることで耐寒性・耐暑性が上がる。冬、室内で育てる場合は徒長防止に水を控えめにする。

置き場

置き場他の夏型多肉植物と同じく、春から秋によく生育するので、外で日光によく当ててるが、冬には室内に取り込むのが基本。密集して蒸れやすいので、年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に置く。

具体的には4~6月は直射日光の当たる屋外に置く。7~9月も生育期だが、日本の日差しは強すぎるので明るい日陰(50%程度遮光する)に移動する。10~11月は直射日光のあたる屋外に戻す。引き続き12~3月も雨の当たらない屋外が基本だが、5℃以下になる場合は日当たりの良い室内へ取り込む必要がある。

生育期も休眠期もしっかり日に当てないと間延び(徒長)するので1日最低4時間日に当てられるよう、日光不足に気をつける。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越しカリシアの耐暑性は強く最近の真夏の高温でもそれほど弱らず育てやすい。ただ高温下で直射日光に当てると溶ける(枯れる)ことがあるので、夏場は遮光するか朝だけ日差しが当たる所に置く。きちんと遮光していれば(日陰であれば)45℃は耐える。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し越冬最低温度は5℃。寒さに弱く0℃で溶けて枯れるので、5℃以下になったら室内へ早めに取り込む。

殖やし方

殖やし方カリシア属はさし芽か株分けで増やすことができる。適期は5月~9月頃までの暖かい時期で、生育期中に行う。

といってもとても簡単に増やすことができて、さし芽は茎を5cmほどカットし、少し湿った土に割り箸で穴を空けて挿す。数日から1週間ほどで活着する(根が出る)。カリシアは寒さが苦手で10月を過ぎると根が出るのに時間がかかり、挿し穂が腐ったり枯れたりするので、春夏の間にしておいたほうがよい。

桃色カリシアなどは群生し株元から新芽がよく吹くので、土がついたまま親株から外して植え付ければ株分けでも殖やせる。

植え替え

生育旺盛なので植え替えは必須作業になる。1年に1回は作業するようにする。植え替え時期は生育期かその少し前で4~6月が適期だが、8月頃まで行える。休眠期は植え替えないようにする。

まず植え替え時期の数日前から、水やりをせずに土を乾かしておく。乾いて土がほぐれやすくなったら鉢から苗を抜き出し、周りの土を落とす。根元の枯れ葉や傷んだ根などを取り除き、白い害虫がいないかチェックする。そのあと根を三分の一ほど切り落として切り詰める。元の鉢か一回り大きな鉢を用意し、新しい用土で植え付ける。植え付け4~5日後から水やりをする。

土と鉢

土土は他の多肉植物と同じく水はけがよく通気性のよいものを用意する。市販している多肉植物・サボテンの土を使ったり、自分でブレンドしてもよい。

自分で作る場合は、赤玉土や鹿沼土、改良用土(バーミキュライトやピートモス)などを混ぜ合わせて作る。ポイントはなるべく4種類以上の土を使うこと。土には酸性度や通気性などそれぞれ特徴があるので、バランスを整えるためには1種類より複数種類のほうがよい。

(例)赤玉土1:腐葉土1:鹿沼土1
(例)赤玉土3:ピートモス3:ボラ土2:鹿沼土1:川砂1:くん炭1

鉢はその苗にちょうど良い大きさのものに植える。大きすぎる鉢は水が滞りやすく根腐れや通気不足の原因になってしまう。

鉢はプラスチック鉢と陶器の鉢があるが、それぞれ性質が大きく違い、水はけ、水やり頻度や株の育ち方に差が出る。陶器の鉢はやや難しいので、初めて育てる場合は管理しやすい小型のプラスチック鉢がおすすめ。

肥料

肥料カリシアはよく育つので肥料はあまり必要としないが、多肉植物の土を使っていると微量要素が不足しがちなので、植え替え時か植え付け時に緩効性の肥料を土に混ぜ込んでおくと生育がよくなる。与えすぎは徒長などの副作用を起こすので気をつける。

病害虫

病害虫病害虫には強いほうだが、バッタなどの食害にあうことがあるので、オルトランDX(粒剤)を土にぱらぱら撒いておくとよい。

カリシア属によくあるトラブル

  • 葉が紫色にならない・・・日光不足や水やりのしすぎが考えられる
  • 葉が巻かず葉の間隔が広がった・・・徒長(とちょう)しているので、日によくあてて水と肥料を控える。ただ高温では徒長してしまうのはある程度仕方ない
  • 殖えすぎて困ってしまう場合・・・基本的に鉢の大きさ以上にはならない(生育が止まる)ので好みの大きさの(小さい)鉢に植えればコンパクトに仕上がる

コメント