こちらから文字サイズを変更できます
スポンサーリンク

セダム属(Sedum)の特徴と種類・育て方

セダム属の写真

ゴールドビューティーゴールドビューティー グラウコフィラムグラウコフィラム
チョコレートボールチョコレートボール 黄金細葉万年草黄金細葉万年 ダシフィルムダシフィルム
丸葉万年草丸葉万年草 トリカラートリカラー 笹姫(覆輪万年草)笹姫(覆輪万年草)
覆輪丸葉万年草覆輪丸葉万年草 万年草万年草 万年草万年草
万年草万年草
トレレアシートレレアシー(天使の雫) ブルービーンブルービーン 乙女心乙女心
ビアホップ(新玉つづり)ビアホップ(新玉つづり) 玉つづり玉つづり
虹の玉虹の玉 オーロラオーロラ 春萌春萌
黄麗黄麗 銘月銘月 ウインクレリーウインクレリー
玉蓮玉蓮 玉葉玉葉 緑亀の卵緑亀の卵

セダム属(Sedum)の特徴

ベンケイソウ科
セダム属(Sedum)
育てやすさ:育てやすい
生育型:春秋型
成長速度:遅い~早い
殖やし方:葉挿し〇 さし木〇
原産地:


※4段階評価
育てやすい-普通-やや難しい-難しい
成長が早い-普通-遅い-とても遅い

セダムはこんな植物
セダム日本にも自生している
セダムは日本を始め、ほぼ世界中に生息している身近な植物。とても育てやすく、道路のわきや庭などに勝手に自生するくらいで、初心者でも簡単に育てられる。繁殖力が強く成長も早いので、多肉植物というよりは普通の草花の様な感覚で育てやすい。

小さいものから大きなものまで
同じセダムでも種類によって様々な形や大きさ、色があり同じ属とは思えない個性の豊かさがある。たとえば銘月や黄麗、虹の玉などはグラプトペタルムのような肉厚の葉をもつ。いっぽうマンネングサのような「草」の姿をしているものもある。原種は600以上が確認されていて、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカにも分散している。

育て方
セダムは10~25℃でよく育ち、日本では生育型が「春秋型」で育てられるものが多い。育てやすいが夏に蒸れて腐ってしまったり、徒長してしまうこともある。そうならないためには、日が良く当たるところで水やりを少なめに、通気も心がけたい。

  • 他の多肉植物のより水やりを頻回に
  • 真夏の日差しは強すぎるので50%遮光する
  • 冬は地表部が枯れる種類もあるが、春に芽吹くので捨てないように
  • 年間を通して特に6月は通気をよく、雨ざらしは避ける

年間栽培カレンダー

生育期 3~5月と9~11月
休眠期 7~8月
水やり
  • 3~5月は週1回鉢底から流れるまで
  • 6~8月は2週に1度くらいに控える
  • 9~10月は週1回鉢底から流れ出るまで
  • 11~2月は生育が鈍るので水も控え月1~2回くらいに
置き場所
  • 年間を通して風通しのよい所に
  • 3~5月は直射日光の当たる外に置く
  • 6~8月は半日陰(明るい日陰)に置く
  • 9~11月は直射日光の当たる戸外に置く
  • 12~2月は日の当たる戸外で1℃を下回ったら室内や温室に
植え替え
  • 3~6月、9~11月が最適
殖やす
  • 3~6月、9~11月に葉挿し・挿し木・株分け
肥料
  • 3~6月、9~11月に月1回程度の薄い液肥か緩効性肥料
開花
  • 春から夏頃

主な種類名

名前 学名
アラントイデス Sedum allantoides
薄化粧 Sedum palmeri
黄麗 Sedum sp.
オーロラ Sedum rubrotinctum cv.Aurora
乙女心 Sedum pachyphyllum
グラウコフィラム Sedum glaucophyllum
小松緑 Sedum multiceps
サンライズマム Sedum ‘Sunrise Mom’
玉葉 Sedum stahlii
トレレアシー(天使の雫) Sedum treleasei
虹の玉 Sedum rubrotinctum
春萌 Sedum ‘Alice Evans’
新玉つづり(ビアホップ) Sedum burrito
姫玉綴り Sedum burrito
宝珠 Sedum dendroideum ssp. praealtum
宝珠扇 Sedum dendroideum
松の緑 Sedum lucidum
緑亀の卵 Sedum hernandezii
銘月 Sedum adolphii
モシニアナム Sedum mocinianum
八千代 Sedum allantoides
ワイルドファイヤー Sedum
玉蓮 Sedum furfuraceum
名前 学名
黄金細葉万年草 Sedum
カメレオン Sedum reflexum cv. ‘Chameleon’
ゴールデンカーペット Sedum
ゴールドビューティー Sedum
笹姫(覆輪万年草) Sedum
サルサヴェルデ Sedum
ステファニーゴールド Sedum
タイトゴメ Sedum oryzifolium
ダシフィルム Sedum dasyphyllum
チョコレートボール Sedum
ツル万年草 Sedum
ドラゴンズブラッド Sedum spurium ‘Dragon’s Blood’
トリカラー Sedum spurium ‘Tricolor’
パープルヘイズ Sedum dasyphyllum
パリダム Sedum pallidum
ヒントニー Sedum hintonii
ブレビフォリウム Sedum brevifolium
細葉万年草 Sedum
丸葉万年草 Sedum makinoi
ミクロスタチウム Sedum microstachyum
ミモザ Sedum
森村万年草 Sedum
ルテア Sedum lutea
六条万年草(コーラルカーペット) Sedum
プロリフェラ Sedum Prolifera
ウィンクレリー Sedum winkrelii
休眠期とは?
多肉植物の日本での栽培は自生地の環境と異なる。そのため日本の寒さや暑さに耐えられなくなると生育が鈍ったり成長が止まったりする。その時期のことを「休眠」という。時期は種類によって異なり、夏に休眠するタイプと冬に休眠するタイプがある。休眠期は生育が鈍るので肥料や水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控える。
斑入り種と普通の種類は育て方が違うの?
~錦など斑入り種は性質が少し弱い。耐寒性や耐暑性が下がり、特に強い直射日光を嫌うようになる。普通どおりに育てると葉が焼けて黒くなる、株が枯れる、溶けるといったトラブルが起きる。そのため日陰で育てたり、室内に取り込んだりと育て方を工夫する必要がある。多くは6~9月の遮光が必要になる

育て方のポイント

水やり

水やりセダムは日本では3~6月、9~10月、10℃~25℃くらいで最も良く成長するものが多く、この時期は鉢底の土まで乾いたらたっぷり水を与える。目安は週に1回くらい。

雨が続く6月の梅雨時期は水やり回数を減らす。夏に向かって少しずつ水やりを減らしていく。そして30℃を超える7~8月は休眠気味になるので10日に1回くらいの水やりに減らす。

また12~2月の厳冬時期も休眠するので水やりは月に2回くらいにする。水やりのコツは夏には涼しくなる夕方に水をやり、冬は暖かくなる朝に水をやること。これで蒸れ腐れや凍結を防ぐことができる。

置き場

置き場セダムは雨ざらしでもよいと書いてあることもあるが、最近の異常気象での雨の降り方はセダムにとっても厳しいので、できる限り雨のかからない所に置きたい。また硬葉系(造語で乙女心や天使の雫など、万年草より葉が分厚く多肉質の種類の意)はセダム以外の多肉植物と同じ扱いをしたほうが安全。

具体的には3~5月は直射日光のあたる日なたに、6~8月は日差しが強すぎるので遮光するか明るい日陰におく。9月から翌2月までは直射日光の当たるところに置いて大丈夫。基本は年間通して外で育てるが、氷点下になる寒冷地や耐寒性が弱いものは12~2月は室内か温室に取り込む。

万年草は雨ざらしでもよいとされるが、梅雨時や台風シーズンは雨のかからないところが望ましい。また毛がはえている種類や斑入り種のもの、日本原産ではないもの(虹の玉や玉つづりなど)は年中雨を避けて軒下などに置く。年間を通して風通しのよいところに置くことが大切で、群生しているものは特に蒸れに注意する。また万年草系はあまり紅葉しないが、オーロラや乙女心、銘月など紅葉種は7~8月以外はたっぷり日を当てると良く紅葉する。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越しセダムは多肉植物の中では直射日光には強いほうだが、直射日光に近年の猛暑が加わると溶けたり葉焼けしてしまう。そのため6~9月は30~50%程度遮光したほうが安全。

また斑入り種は5~10月までしっかり50%遮光したほうがよい。また高温には強いものの湿気には弱いので梅雨~夏は通気のよい所で育てる。できれば夏は室内に置くと蒸れて枯れやすいので戸外で50%遮光ネットをかけるか、半日陰に置く。風通しと土の乾燥、遮光の3つをしておけば40~50℃程度を耐える。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越しセダムは種類によって耐えられる最低温度が異なる。しかし全般的には3℃程度を守れば安全に育てられるが、1℃程度ならほとんど問題ない。日本で昔から栽培されているものはマイナスにも耐えられる。

寒い冬の間は水やりにコツがいる。水分を少なめに断水気味に育てると耐寒性が上がる。セダムは冬に水やりをゼロにすることはできない。しかし水やりは凍りそうな日を避けてなるべく温かい日の朝にすると凍結の危険性が小さくなる。またセダムは冬に地上部が枯れて根だけで越冬し、春に新芽が吹くものがある。秋に葉が散ったとき、枯れたと思って捨てるともったいない。

殖やし方

殖やし方セダムは種類ごとに異なるが、葉挿し、挿し木、株分けで殖やすことが出来る。

適期は生育期の3~6月、9~11月頃、気温が10℃~25℃の間。作業開始が遅れて休眠期の7~8月の真夏や12~2月の真冬にずれないよう、季節が来たらすぐ繁殖作業をする。セダムは全体的にすぐ殖えてしまうほど繁殖しやすいので、初心者でも簡単に作業出来る。

さし木:

万年草系、硬葉系もどちらも挿し木で増やせる。
万年草系のさし木の方法
まず5~10cmほど元気な株から枝を切り取り挿し穂とする。そしてすぐに少し湿った土に植えて少し水を与える。ここで多くの多肉植物は切り口を乾かすが、万年草系はしなっとしやすく土が湿っているほうが根が出やすいので水を与えたほうがよい。

硬葉系のさし木
(銘月や虹の玉、天使の雫など)元気な株から茎を5~10cm切り取り、土に挿せるように下の方についている葉を数枚むしりとる。これでできたのが挿し穂。挿し穂は4~5日程度切り口を乾かし、その後乾いた用土に挿す。1~2週間で発根するので、根が生えてから徐々に水をやりはじめる。

葉挿し:

葉っぱ類(万年草)は葉挿しができないが、硬葉系は可能。

まず元気な親株から葉を横に滑らせるように丁寧にもぎとり、トレーに並べておく。早いものは1週間程度で根が出てくるので、そうしたら乾いた土の上に置いてもぎ口を少し植える。芽が出てきて葉挿しが成長し親葉がカリカリになったら、新しい株の水やりを始める。

※注意:硬葉系は正式名称ではない。(虹の玉、オーロラ、乙女心、銘月、黄麗、緑亀の卵、玉連、玉つづり、天使の雫など)

株分け(上の2種類ともに可能)
株分けという形で殖やすこともできる。植えてそれなりに栽培していると、だんだん新芽が出てきて混み合ってくる。そうなったら鉢から抜いて、根を少しつけて別の容器に植え付ける。植え付けてから3~4日後から水やりを始める。株分け前は若干水やりを減らして株を分けやすくしておく。

植え替え

植え替えも繁殖と同様に生育期である3~6月、9~11月に行う。一見不要な作業に思われるが、健康に生育するためにはとても重要で、古い土を新しくする、根の整理をする、害虫を見つけるなどの役割がある。

多肉植物はだいたい小さい鉢で1年に1回程度の植え替えが必要だが、セダムは成長速度が速いので年に2回植え替えが必要なこともある。

土と鉢

土土は他の多肉植物と同じように排水性がよい土を選ぶ。手軽にしたい時は市販の多肉植物の土を使ってもよいし、自分でブレンドしても良い。

自分で土を作る場合は、赤玉土をメインに、排水性の良い軽石やパーライト、保肥性のよいバーミキュライトやピートモス、改良材としてボラ土や川砂などをブレンドする。

鉢はエケベリアなどと比べてそれほど選ばない。大きい鉢に植えればそれだけ株も大きくなり、小さい鉢に植えればこじんまりと成長する。あばれ系といわれるように繁殖力が強く、庭植えなどにすると爆発的な速度ではびこってしまうこともある。

肥料

肥料セダムは基本的には肥料が要らないが、与えると生育がよくなる。ただ万年草系のセダムは徒長しやすくなるので施肥は避ける。

硬葉系(虹の玉、乙女心、月の王子など肉厚の)では成長速度を上げたり、葉を大きくしたりしたい場合は、薄めの液肥などを与える。また赤玉土をメインに使っているなどで土の微量元素が不足している場合は、3~6月、9~11月に月1回程度の薄い液肥か緩効性肥料を施すとよい。

病害虫

病害虫残念ながらセダムは他の多肉植物と比べて比較的、病害虫に遭いやすい。4月春先、モンシロチョウやシジミチョウが卵を産んで青虫が湧き、葉っぱが食害される。

また梅雨時になるとうどんこ病などカビ病にかかりやすくあっという間に広がり全滅することがある。その他ナメクジ、アブラムシなどが付くことがある。そのため予防が必要になってくる。

まずカビ病を防ぐために、6月に入ったらベンレートやサプロールなどの抗菌剤を散布する。そしてアオムシやアブラムシ対策にベニカなどの殺虫剤を散布する。オルトランDX粒剤だと葉を汚さず、害虫の駆除ができる。

セダム属によくあるトラブル

  • カット苗セットなどを買ってきたらすぐ水やりしていいの?・・・一般的に多肉植物は根が出るまで水やりはダメだが、セダムの葉っぱ類は異なる。多少湿らせた土にカット苗を挿した方がすぐ根付く。
  • 銘月・黄麗の根が出てこない・・・セダムの中でも銘月や黄麗は根が出るのが遅いので辛抱強く待つ。この2つは発根まで水やりしない方が良い。
  • 虫に食われてしまった・・・セダムは害虫が付きやすいので、他の多肉植物と異なり予防的に殺虫剤を撒いた方が良い。
  • セダムがひょろひょろに伸びてしまった・・・多肉植物の中でも日光が必要なタイプで日光が足りないのに水やりを多くしてしまうと徒長してしまう。7~8月以外はなるべく丸一日太陽の光に当てると徒長を防げる。
ワンポイント

  • セダムは多肉植物の中では育てやすいので、初心者におすすめ
  • 草花に近い姿で花も良く咲き、花と葉っぱの両方が楽しめる
  • 馴れてきたら、エケベリアやグラプトペタルムなどときれいな寄せ植えが作れる

コメント