こちらから文字サイズを変更できます
スポンサーリンク

ギバエウム属(Gibbaeum)の特徴と種類・育て方

ギバエウム属の写真

ギバエウム 無比玉無比玉(ムヒギョク) ギバエウム 大鮫大鮫(オオサメ) ギバエウム 青珠子玉青珠子玉(アオジュズダマ)
ギバエウム 銀光玉銀光玉(ギンコウギョク) ギバエウム 銀鯱銀鯱(ギンシャチ) ギバエウム 立鮫立鮫(タチザメ)
ギバエウム 白魔白魔(ハクマ) ギバエウム 碧鮫碧鮫(ヘキザメ) ギバエウム 藻玲玉藻玲玉(モレイギョク)

※画像は全てWikipediaのギバエウムページより引用

ギバエウム属(Gibbaeum)の特徴

ツルナ科
ギバエウム(Gibbaeum)属
生育型 冬型
育てやすさ やや難しい
成長速度 遅い
殖やし方 株分け
原産地 南アフリカ

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

ギバエウムはこんな植物
ギバエウムは南アフリカ原産で20種類ほどが生息している。コノフィツムなどと似ていて、葉が対になってでてきて、その中からまたぱっくりと次の葉が出てくる。葉の枚数はやや不揃いで、2~3枚出てくる。冬にはピンクや白、黄色などの鮮やかな花を咲かせる。原生地では石がゴロゴロしているところに生えているので石と見分けがつきにくい。

育て方はやや難あり
メセン類の中ではやや育てやすいグループだが、ベンケイソウ科のエケベリアやクラッスラよりは断然難しい。特に夏越しが苦労し、蒸し暑さで溶けたり腐ったりしてしまうことも多い。コツは6~8月は一切水をやらない断水をすること。メセン類はなかなか殖やすのが大変だが、ギバエウムは分球しやすいので比較的繁殖はうまくいく。

育て方のコツ

  • 夏は半日陰か遮光し、できるだけ風通しがよく涼しい環境を作る
  • 6~8月は一切水を与えない「断水」をする
  • 生育期の春秋は乾いたら鉢底から流れるまで水を与える
  • 真夏以外はしっかり日に当てて育てる

年間栽培カレンダー

冬型
生育期 3~5月と10~12月
休眠期 6~8月
緩慢な時期 1~2月
水やり
  • 3月は乾いたらたっぷりと与える(1週間に1回程度)
  • 4~5月はだんだんと水やり回数を減らし量も減らす(2週間に1回程度)
  • 6~8月は断水(水を一切与えない)をする
  • 9月はだんだん水やりを再開する(月に2回程度)
  • 10~12月は乾いたらたっぷりと与える(1週間に1回程度)
  • 1~2月はやや水の量少なめ(2週間に1回程度)
置き場所
  • 年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に
  • 3~5月は直射日光の当たる屋外
  • 6~9月は明るい日陰(50~70%遮光)
  • 10~11月は直射日光のあたる屋外
  • 12~2月は雨の当たらない屋外、3℃以下なら日当たりの良い窓辺や温室など
植え替え
  • 3~5月か10~11月頃が適期
殖やす
  • 9~10月頃に株分け(3~5月も可)
肥料
  • 植え付け時に緩効性肥料、3~5月か10~12月頃に月2回液肥を与える
開花
  • 12~2月頃

※栽培カレンダーはあくまでも目安です。実際は土や鉢の種類、地域によって大きく異なります。地域や使っている土、置き場所によって適宜読み替えて下さい。

主な種類名

無比玉(ムヒギョク) Gibbaeum dispar
大鮫(オオサメ) Gibbaeum velutinum
白魔(ハクマ) Gibbaeum album
青珠子玉(アオジュズダマ) Gibbaeum geminum
碧鮫(ヘキザメ) Gibbaeum gibbosum
銀光玉(ギンコウギョク) Gibbaeum heathii
ジョンストニー Gibbaeum johnstonii
藻玲玉(モレイギョク) Gibbaeum nuciform ‘Cryptopodium’
立鮫(タチザメ) Gibbaeum pubescens
銀鯱(ギンシャチ) Gibbaeum shandii
コンプトニー Gibbaeum comptonii
休眠期とは?
多肉植物の日本での栽培は自生地の環境と異なる。そのため日本の寒さや暑さに耐えられなくなると生育が鈍ったり成長が止まったりする。その時期のことを「休眠」という。時期は種類によって異なり、夏に休眠するタイプと冬に休眠するタイプがある。休眠期は生育が鈍るので肥料や水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控える。

育て方のポイント

水やり

水やりギバエウムは夏の蒸し暑さが苦手な冬型メセンで、夏には休眠する。そのため断水で管理する。冬型なので生育期の春秋はたっぷりの水を与え、休眠期の夏は断水(全く水をやらない)が基本になる。また鉢や土の種類によって大きな差が出るので、水やりは週2回などと決めずよく観察し、土がカラカラに乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えるようにする。

生育期は冬だが、春と秋にもよく生育する。生育期の3~4月は乾いたらたっぷりと与える(1週間に1回程度)。5月は夏に向けてだんだんと水やり回数を減らし量も減らす(2週間に1回程度)。休眠期である6~8月は断水(水を一切与えない)をする。葉にしわがよって枯れないか心配になるが、体内にため込んでいる水分で生きていけるので大丈夫。逆に水を与えると腐る危険があるので、水やりは我慢する。9月気温が下がってきたら生育期に向けてだんだん水やりを再開する(月に2回程度)。生育期の10~12月は土が乾いたらたっぷりと与える(1週間に1回程度)。3~5℃が最低温度のギバエウムは日本の寒さではやや休眠気味になる。そのため1~2月はやや水の量少なめ(2週間に1回程度)を与える。

寒い時期は暖かい朝~昼に水をやり、暑い時期は涼しくなる夕方に水を与える。そうすると蒸れや凍結を予防できる。また夏・冬は水分を控えることで耐寒性・耐暑性が上がる。冬、室内で育てる場合は徒長防止に水を控えめにする。

置き場

置き場他のメセン類と同じように、生育期はしっかりと日に当て、夏の休眠期は風通しをよくなるべく涼しくさせ、冬は室内に取り込むのが一般的な流れ。どの季節も雨の当たらない風通しのよい所に置くのが、蒸れや溶けを防ぐために大切なポイントになる。できれば温室かフレームで育てたい所だが、夏しっかり遮光できて涼しく過ごせること、冬に室内へ取り込む場所があるなら、フレームなしでも育てられる。

具体的には、3~5月は生育期で直射日光の当たる屋外でしっかり日光を浴びせる。6~9月は休眠するので明るい日陰かしっかりと50%遮光できる場所に置く。10~11月は再びよく生育するので、直射日光のあたる屋外で光を吸収させ成長させる。12~2月は雨の当たらない屋外に置くが、3℃以下ならは日当たりの良い窓辺や温室などに取り込む必要がある。この時期が生育期なので、室内で育てる場合もなるべく直射日光が長時間当たる所が理想的。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越しリトープスなど他のメセン類と同じく、日本の蒸し暑さが苦手で夏越しにコツがいる。6~8月は休眠するため、6月半ばから9月上旬まで断水する(完全に水をやらない)。シワがより枯れてしまうのではと心配になるが、3ヶ月程度の断水は問題ない。

また夏は遮光が必要になる。6月上旬から9月中旬までは50%~70%程度の遮光ネットを張るか、日陰に移動するかどちらかが必要になる。遮光ネットは遮光率によって1枚、2枚重ねてもよい。遮光ネットの欠点は風通しがやや悪くなること。簡易ビニール温室などでは熱がこもらないように気をつける。黒い遮光ネットは熱を吸収して多肉棚を熱くするので、できれば銀色(シルバー)がよい。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し最低越冬温度は3℃。3℃以下になる場合は室内などに取り込む。(冬型だが至適温度は5~20℃で凍らせると枯れてしまう)。暖地では一冬に何回か室内に取り込めばよいが、毎日零下にさがる寒冷地では、11月ごろから2月頃まで長期間の取り込みが必要になる。

室内に取り込む場合は最低1日4時間直射日光が当たる窓辺に置きたいが、無理な場合は水やりをごく控えてしのぐ。

簡易ビニール温室は寒風や雪から植物を守ってくれるが、保温効果は期待できない。また簡易ビニール温室は昼間非常に高温になることがあるので、前面のビニールを開けるなど対処する。

殖やし方

殖やし方
ギバエウム属は種まきか株分けで増やすことができる。葉挿しはできない。

適期は生育期の3~5月と9~10月頃で、真夏や冬の寒い時期は避ける。種まきの場合は1回目の夏越しの時できるだけ大きくなっているようにするため、秋に入り気温が下がったらすぐに行うようにする。

大きくなった株は根がついたまま分割できるようになり、それぞれを別の鉢に植え付けることで株分けができる。植え替えをする際に同時に株分けすることも多く、生育期に行う。植え替えはこれから生育期という9~11月が一番適している。根がついたまま分割して増やすことを株分けという。

手順は、土を数日乾かした後に鉢から抜き出して周りの土をざっくり落とす。古い根を整理したり枯れた葉を取り除いて、根を付けて分割する。その後緩効性肥料をひとつまみ加えた新しい用土に植え付けて、数日後から水やりを開始する。植え替え後、1週間程度は半日陰のところで管理する。

植え替え作業には古い根を整理して新しい根を伸ばせるようにしたり、土を新しくして肥料を補う、みじんを取り除くなどの効果がある。小さい株は1年に1回、大きい株は1~2年に1回植え替える必要がある。

土と鉢

土
土は他のメセン類と同じく水はけがよく通気性のよいものを用意する。市販している多肉植物・サボテンの土を使ったり、自分でブレンドしてもよい。

自分で作る場合は、赤玉土や鹿沼土の基本用土に改良用土(バーミキュライトやピートモス)などを混ぜ合わせて作る。ポイントはなるべく4種類以上の土を使うこと。土には酸性度や通気性などそれぞれ特徴があるので、バランスを整えるためには1種類より複数種類のほうがよい。

(例)赤玉土1:腐葉土1:鹿沼土1
(例)赤玉土3:ピートモス3:ボラ土2:鹿沼土1:川砂1:くん炭1

鉢はその苗にちょうど良い大きさのものに植える。大きすぎる鉢は下の方に古い水が溜まり、根腐れや通気不足の原因になってしまう。

鉢はプラスチック鉢と陶器の鉢があるが、それぞれ性質が大きく違い、水はけ、水やり頻度や株の育ち方に差が出る。陶器の鉢はすぐ乾き、鉢を冷やす作用もありやや扱いが難しいので、初めて育てる場合は管理しやすい小型のプラスチック鉢(プレステラ90など)がおすすめ。

肥料

肥料基本的に普通の植物のような大量の肥料はいらない。しかし無機質の用土を使っていると微量要素が不足したり、水はけがよくて肥料がすぐ流れてしまうなどの問題があるので、元気に育てていくには与えたほうがよい。

肥料を与える場合は生育期の一番盛んな3~5月、9~10月頃に月1回液肥を与えるか、植え替え時に小粒の緩効性肥料を土に混ぜ込む。液肥で与える場合は普通植物の2倍程度に薄めて与える。具体的には緩効性肥料はマグアンプKなど、液肥は2000倍のハイポネックスなどがよく使われる。

液肥は少し与えるのではなく、1回の水やりの代わりとして鉢底から流れるまで与える。緩効性肥料は微粒のサイズでN-P-Kが8-8-8のものや、マグアンプKのようなN-P-Kが6-40-6などを土に混ぜ込んで、だんだん溶けるようにする。

与えすぎると肥料やけや徒長を起こさすので、やりすぎに気をつける。

病害虫

病害虫

コメント