スポンサーリンク

フェルニア属(Huernia)の特徴と種類・育て方

フェルニア属の写真

フェルニア属(Huernia)の特徴

キョウチクトウ科(旧ガガイモ科)
育てやすさ:
生育型:夏型
成長速度:
殖やし方:株分け、挿し木
原産地:東部アフリカ、南部アフリカ、アラビア半島


※育てやすさ(4段階評価)
◎育てやすい–〇普通–△やや難しい–×難しい

※成長速度(4段階評価)
◎早い–〇普通–△遅い–×とても遅い

フェルニアはこんな植物
一言メモ:棒や柱のような形をしているフェルニアは、スタペリアに近い属で葉が退化し太い茎だけになってしまっている。茎はとげのような突起に覆われていてごっつい感じを受ける。フェルニアは花にも特徴があり、多くは星形で点や縞が入り花の中まで突起がある。収集家の注目ポイントもこの花にあるようだ。フェルニアは南部~東部アフリカ、アラビア半島に約50種類が自生している。

特徴:夏の高温の時期に生育する「夏型」の多肉植物。生育期によく日に当て、毎年植え替えをすると花が付きやすくなる。いっぽう寒さには弱く、7℃以下では断水し暖かい室内などに取り込む必要がある。扱いが難しそうにみえるが、性質はとても丈夫で繁殖力も強く初心者でも簡単に栽培できる。茎のトゲと花の腐臭に気をつけて育てたい。

育て方:栽培難易度はやさしいグループ。春からだんだんに生育がよくなり夏に盛んに、冬に近づくにつれ休眠するという、日本の草花に近い感覚で育てられる。育て方のポイントは、冬の「冬越し対策」と「毎年の植え替え」。暖かい地域生まれなので最低越冬温度が5℃程度、沖縄を除く日本全国で室内への取り込みなど寒さ対策が必須になる。

年間栽培カレンダー

フェルニアの「生育期」は夏を指し、具体的には5~9月頃。
おおむね、春は3~5月、夏は6~9月、秋は10~11月、冬は12~2月をさす。

水やり ・5~9月の生育期は週に1回程度、鉢底から流れ出るまで
・10~12月は月2回から月1回程度に徐々に減らし、鉢全体が湿る程度の量
・1~2月は休眠期のため全く水をやらない断水をする
・3~4月は月1~2回から徐々に回数を増やしていく。1回の量も少量から多くしていく
置き場所 年間を通して雨があたらない風通しのよいところが望ましい
・5月は戸外の日なたに
・6~9月は戸外の半日陰に
・10~12月は戸外の日なたに
・1~2月は室内の窓辺か温室に
・3~4月は戸外の日なたに
植え替え 4~7月に毎年1回行う
殖やす 4~6月に挿し木、株分けができる
肥料 5~7月に月1~2回液肥を与えるか、植え替え時に緩効性肥料を土に混ぜ込む
開花 種類により色はことなり、茶褐色・うす黄色などの直径2.5cm~程度の星形の花を咲かせる。時期も種類により秋咲きのもの、夏咲きのものがある。

主な種類名

縞馬錦(シマウマニシキ)・ゼブリナ:Huernia zebrina
阿修羅 (アシュラ) : Huernia pillansii
蛾角 (ガカク) : Huernia brevirostris
バルバータ : Huernia barbata

アンゴレンシス:Huernia angolensis
バイエリ:Huernia bayeri
クラビゲラ:Huernia clavigera
ディスティンクタ:Huernia distincta
ピランシー : Huernia pillansii
フミリス:Huernia humilis
ブロウィシー:Huernia plowesii
ヒスロピー:Huernia hislopii
プロカンベンゼ:Huernia procumbense
竜王角(リュウオウカク):Huernia thuretii var.promulina
ホワイトスロアネアナ:Huernia whitesloaneana

育て方のポイント

寒さに弱いグループなので秋の早いうちから休眠に備えて水やりを控える。冬は室内に入れるなど寒さ対策をきっちりして凍結させたり霜にあてないようにする。基本的には丈夫な植物なので、春から秋はたっぷり日に当てるとどんどん子株を出して繁殖する。(ただし日差しが非常に強い7~8月は日よけが必要)

水やり

春秋の生育期に一番水やりを多く、基本的に土がすっかり乾いて鉢が軽くなってから水やりをする。冬の休眠中はほとんど水を与えない。乾燥が気になる場合は霧吹きで葉水(株を霧で濡らす)してもよい。

◆5~9月の生育期は週に1回程度、鉢底から流れ出るまで与える。時々株全体に霧吹きで水をかけて湿度を保つ。真夏の水やりはかんかん照りの時ではなく、夕方の涼しい時間に。

◆10~12月は休眠期への準備に入る。10月のまだ暑い時期は月2~3回の水やりをするが、11月と12月で月1回程度に徐々に減らしていく。1回の量は鉢全体を湿らせる程度に。

◆1~2月は室内に取り込む。休眠期のため全く水をやらない(断水)か、月1回程度、表土が湿る程度与える。休眠期に水を与えると根が水を吸わず、いつまでも土が乾かないだけでなくカビや根腐れの原因になってしまう。

◆3~4月は再び生育期に入る準備に入る。月1~2回から徐々に回数を増やしていく。1回の量も少量から多くしていく。

置き場

年間を通して雨があたらない風通しのよいところが望ましい
・5月は戸外の日なたに
・6~9月は戸外の半日陰に
・10~12月は戸外の日なたに
・1~2月は室内の窓辺か温室に
・3~4月は戸外の日なたに 植え替え 4~7月に毎年1回行う 殖やす 4~6月に挿し木、株分けができる 肥料 5~7月に月1~2回液肥を与えるか、植え替え時に緩効性肥料を土に混ぜ込む 開花 種類により色はことなり、茶褐色・うす黄色などの直径2.5cm~程度の星形の花を咲かせる。時期も種類により秋咲きのもの、夏咲きのものがある。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

越冬最低温度と冬越し方法

殖やし方

挿し芽の方法:

葉挿しの方法:

株分けの方法:

種まきの方法:

植え替え:

肥料

開花

病害虫

育て方のコツ

コメント