スポンサーリンク

オスクラリア属(Oscularia)-白鳳菊の特徴と種類・育て方

オスクラリア属の写真

琴爪菊琴爪菊 白鳳菊

オスクラリア属(Oscularia)の特徴

ツルナ科
育てやすさ:
生育型:冬型
成長速度:
殖やし方:挿し木
原産地:南アフリカ


※育てやすさ(4段階評価)
◎育てやすい–〇普通–△やや難しい–×難しい

※成長速度(4段階評価)
◎早い–〇普通–△遅い–×とても遅い

オスクラリア属はこんな植物
一言でいうと:南アフリカのケープ半島に数種類が自生している小さなグループ。
特徴:青白い葉が対になって伸び、数年すると根元は木のようながっしりした茎になる。メセン類の中では生育が早く、毎年剪定しないと広がりすぎてしまう。きれいな花を楽しめる「花ものメセン」のひとつで、冬~春になるとピンク色の花を次々咲かせる。
育て方:丈夫な性質で耐寒性、耐暑性があり、放置気味でも大丈夫。メセンにしては根腐れの心配や遮光などの面倒もない。伸びすぎたらカットし、土に挿して水をやると簡単に挿し木もできる。

年間栽培カレンダー

フェネストラリアの「生育期」は秋~春を指し、具体的には10月~3月頃。
おおむね、春は3~5月、夏は6~9月、秋は10~11月、冬は12~2月をさす。

水やり 10~3月は生育期なので土が乾いたらたっぷり、1週間に1回程度。
0℃を下回る日の水やりは避ける
4~5月は10日に1回程度
6~9月は月に1~2回程度
置き場所 年間を通して屋外で栽培できるが、雨がかからないところが望ましい
7~9月は遮光したほうが安全
10~6月は直射日光の当たる屋外に
0℃を下回る時は室内か温室に取り込む
植え替え 生育期の春か秋が最適
殖やす 春か秋に挿し木ができる。カットすると脇芽が分岐
肥料 特に必要ない
開花 冬~春にピンク色の花をたくさん咲かせる

主な種類名

白鳳菊 (ハクホウギク・キンソウギク) : Oscularia pedunculata
琴爪菊 (キンソウギク) : Oscularia caulescens

育て方のポイント

水やり

置き場

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

越冬最低温度と冬越し方法

殖やし方

挿し芽の方法:

葉挿しの方法:

株分けの方法:

種まきの方法:

植え替え:

肥料

開花

病害虫

育て方のコツ

失敗してしまう人へ

管理人コメント

ワンポイント
属ごと
スポンサーリンク
シェアする
れのみをフォローする
~多肉ちゃんこんにちは~多肉植物の育て方サイト

コメント