スポンサーリンク

アナカンプセロス属(桜吹雪)の特徴と種類・育て方

アナカンプセロス属の写真

桜吹雪桜吹雪 桜吹雪(紅葉)桜吹雪(紅葉)
吹雪の松吹雪の松 アナカンプセロスアナカンプセロス不明種 アナカンプセロスアナカンプセロス不明種
アナカンプセロスアナカンプセロス不明種 フィラメントサフィラメントサ

アナカンプセロス属(Anacampseros)の特徴

スベリヒユ科(現在はアナカンプセロス科とも)
アナカンプセロス属(Anacampseros)
生育型 春秋型
育てやすさ 育てやすい
成長速度 遅い
殖やし方 挿し木、種まき
原産地 南部アフリカ

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

アナカンプセロスはこんな多肉植物
アナカンプセロスとは
大きく育っても10cmくらいの小さな植物で南部アフリカが原産地になっています。自生地では100種類くらいが知られていますが、日本で流通しているのは、緑色の「吹雪の松」とそのピンク斑入り種である「桜吹雪」をよく見かけます。

特徴
生育がとてもゆっくりであまり大型化しないので、狭い窓辺などで育てることもできます。葉の色にかかわらず葉の付け根から白い綿のような糸をだし、それを纏いながら成長するさまがとても美しいです。この綿は幼苗のころからあり、3mmくらいの本葉が出るときにもう生えています。桜吹雪・吹雪の松は花が咲きやすく、5~6月になるとぴょんぴょん花芽を伸ばし一日花を咲かせます。そして種が良くとれて勝手にこぼれ種であちこちに広がります。実生(種をまいて育てる)も、他の多肉植物よりかなり簡単で楽しい作業です。

育て方
日本では春と秋によく生育する「春秋型」として栽培します。夏の暑さと冬の寒さに比較的強く、初心者でも育てやすいです。かなり乾燥に強く、葉がしわしわになっても水をやればすぐに元に戻るくらいです。0℃を下回るようになったら室内に取り込んだ方が安全です。

育て方のコツは

  1. 夏に蒸れて腐りやすいので風通しのよい戸外に置く
  2. 休眠期は水を控える
  3. 強すぎる日差しは避け、雨ざらしにしない
  4. 冬0℃以下にしないこと

年間栽培カレンダー

水やり
  • 生育期の3~5月、9~11月は土が乾いたら7~10日に1回ほど鉢内が充分湿るくらい水をやる
  • 6月から水やり回数を10日に1回以下にする
  • 7~8月は月に1回程度の水やりをする
  • 12~2月は月に1回程度(室内で育てるなら生育期と同じ量の水やり回数が必要)
置き場所
  • 4~6月は屋外の日なたに
  • 6~9月は日差しが強すぎるため屋外で50%遮光か明るい日陰に
  • 10~11月は屋外の日なたに
  • 12~2月は基本屋外の日なたに
  • ただ0℃以下になる間は日の当たる室内に取り込む
  • 年間を通して雨ざらしにしない
植え替え
  • 3~6月、9~11月が適期
殖やす
  • 3~6月、9~11月に挿し木(挿し芽)、種まき、葉挿しは難しい
肥料
  • ほとんどいらないが、3~6月、9~11月に月1回2000倍の液肥を与えても良い
開花
  • 5~6月にピンク色で星のような花を咲かせる。こぼれ種がたくさんできる

主な種類名

桜吹雪 (サクラフブキ) Anacampseros rufescens f.variegata
吹雪の松(フブキノマツ) Anacampseros rufescens
春夢殿
茶傘 (チャガサ)
フィラメントサ Anacampseros filamentosa
休眠期とは?夏でも休眠するの?
多肉植物の日本での栽培は自生地の環境と異なります。そのため日本の寒さや暑さに耐えられなくなると生育が鈍ったり成長が止まったりします。その時期のことを「休眠」といいます。時期は種類によって異なり、夏に休眠するタイプと冬に休眠するタイプがあります。休眠期は生育が鈍るので肥料や水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控えます。

桜吹雪は春秋に成長し、夏冬は成長が鈍るので「春秋型の多肉植物」扱いで、春秋を生育期、夏と冬を休眠期といいます。

スポンサーリンク

育て方のポイント

水やり

水やり他の多肉植物より水が少なめでも大丈夫です。

多くやりすぎると茎が長くなる徒長を起こし茎が倒れてしまいます(桜吹雪は地面に垂れながら育つタイプなのである程度の倒れは仕方ないようです)

季節ごとの量
生育期は3~6月、9~11月頃です。生育期は土が乾いたら10日に1回ほど鉢内が充分湿るくらい水を与えます。鉢底から水が流れ出ても構いません。梅雨時は雨が多いので6月から水やり回数を10日に1回以下に減らします。そして7~8月は月に1回程度の水やりに減らします。冬の12~2月は休眠期なので月1回程度に控えます。

夏と冬は土表面をさらっと濡らす程度で充分です。夏の間、水を控えることで葉にシワが寄ってきてしまう場合もありますが、秋にまた水をやれば元に戻るので心配ありません。冬の12~2月は寒さのため休眠期になります。根が水を吸わなくなるのでほとんど水が要らなくなります。

水やりを減らすと植物体内の水が少なくなり、気温が下がっても凍りにくく寒さに強くなります。真夏30℃を超える時期は無理に水やりすると蒸れて腐ってしまう心配があるので、暑い日が続いている間は無理にやらないようにしましょう。少し涼しい日を見つけて夕方に水やりを行います。冬に外で育てている間は比較的寒くない日の朝に水をやります。

置き場

置き場南部アフリカが原産地のアナカンプセロスは、基本1年を通してしっかりと日に当てる事が必要です。また雨が少ない所なので日本で育てる場合は雨ざらしにしないほうがよいです。アナカンプセロス属に限らず多肉植物は高温は割と耐えられても、「多湿」には弱い点を気をつけましょう。そのため風通しが良いことが大切です。

具体的には4~6月は屋外の日なたで日光をよく当てます。7~9月は日差しが強すぎるため屋外で50%遮光するか、明るい日陰に置きます。明るい日陰は木陰のようなイメージです。特に夏は閉めきった室内に置いておくと根腐れしてしまいます。外に置いておく場合は風通しについては充分よいので意識しなくて大丈夫です。(もちろんビニール温室などではビニールは常にオープンにしておきます)。

秋が来て10~11月は再び屋外の日なたでよく日光を当てます。12~2月は基本屋外の日なたに置きます。寒さには比較的耐え0℃までは大丈夫とされています。

滅多に零下にならない関西以南では外での冬越しができるかもしれません。しかし0℃を下回る寒冷地では室内に取り込み、窓越しに直射日光を浴びせます。室内は暖房が効いていますが、多肉植物を置く部屋はなるべく強い暖房はかけないようにしましょう。暖房器具はとても乾燥した空気を出すので、多肉植物といえども体の水分が失われてしまいます。また日光不足に暖かすぎが加わると徒長(ひょろひょろになる)する心配があります。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し直射日光が当たる所は30℃が限度ですが、直射日光が当たらない日陰なら40℃程度に耐えます。アナカンプセロスは比較的暑さに強く、暑いからといって室内に取り込む必要はありません。最近は猛暑が続き気温が38℃を超えることも珍しくありません。しかし日よけさえしていれば、40℃くらいなら大丈夫です。

具体的な日よけの仕方は、簡易ビニール温室の場合ビニールを全開放し、ビニールを上に持ち上げて後ろに倒し前面が完全に開くようにします。そして温室の一番上に強めの遮光ネット(60~70%遮光など)をかけます。夏は深くまで日が差さないので、前面は遮光ネットをかけて日よけとします。

西日が差し込み始める9月~10月は温室の西側にも遮光ネットを張って、直射日光が植物にかかることがないよう気をつけます。簡易ビニール温室ではない場合、何らかの方法で直射日光が当たらないように、確実に覆いを掛ける必要があります。遮光シートは黒・シルバー・白がありますが、黒色は熱を持つので、できればシルバーのものが最適です。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し0℃まで耐えるとされています。0℃を下回る前に室内に取り込むようにします。アナカンプセロス属は暑さ寒さに比較的強いので0℃ですぐに枯れるわけではありませんが、株が傷むことは充分に考えられるので、なるべくぎりぎりまで下げないようにします。毎日夜5~6時間以上凍る温度なら明らかに室内にいれたほうがよいでしょう。気温は太陽が出る直前の6:00頃が一番下がるので天気予報を毎日チェックします。

耐えられる温度は植物の状態にもより、水をやった直後は凍りやすいです。水をぐっとと控えていると耐寒性があがり凍りにくくなります。また外で育てる場合、寒い日は不織布のシートをかけてあげたり、簡易ビニール温室に入れて寒風を防ぐだけでも株の傷みは少ないです。

室内に取り込む場合は1日最低4時間の直射日光が当たるところを確保しましょう。窓際でも床近くは日が当たらないので多肉植物の棚などを設置し、上の段の日が直接当たる所に鉢を置きます。室内はなるべく15℃を超えないくらいに、また湿度が低くなりすぎないように注意します。乾燥した暖房の風が直接当たるのは避けたほうがよいでしょう。寒冷地では夜になると窓際がとても寒くなり0度近くまで下がることもあるので、部屋の内側に鉢を移動させるなど工夫が必要になります。

殖やし方

殖やし方アナカンプセロスは挿し芽と種まきができます。葉挿しは難しく根が出る場合もありますが、途中で失敗するケースが多いです。挿し木の場合は生育期にあたる3~6月、9~11月が適期です。他の季節は全くできないわけではないですが、暑さ寒さで根が出ないなどトラブルが起きやすいです。

挿し木の方法
親株から5cmくらいの茎を切り取り、下のほうに付いている葉を落とす。そして日陰で3~4日切り口を乾かす。切り口が乾いたら乾いた用土に挿します。桜吹雪は根が出るのが遅く、3週間から4週間はかかることがあります。その間水をやったりせず明るい日陰に置いて気長に待ちましょう。1cm程度発根したら水やりを開始します。いきなり普通の量やらず、すこしずつ増やしていきましょう。

種まきの方法
多肉植物の中では珍しく、種まきがとても簡単にできます。5~6月に花が咲き受粉すると種が入った房ができます。花茎が完全に枯れて房がカサカサになったら株から切り取りキッチンペーパーなどの上で房を開いて種をとります。うまく受粉できていると1房で20粒は採れます。それを種まき用の細かい土にぱらぱら撒いて、ラップで覆います。種まきは6~9月くらいが適期です。

詳しくは→桜吹雪の実生のページで紹介しています。

植え替え
植え替えも、挿し木と同じように生育期の3~6月、9~11月に行います。植え替え1週間前から水やりを控え土を乾燥させます。株を掘り出して枯れている茶色い根などを切り落とし、一回り大きな鉢に植え替えます。アナカンプセロスは小型種なのでそれほど植え替えする機会はないかもしれません。しかし花が咲いてこぼれ種であちこちに広がるのでその子株を別の鉢に移し替えないといけなくなってしまいます。

土他の多肉植物と同じように土は他の多肉植物と同じように排水性の良いものを選びます。市販の多肉植物の土だと手早いです。

普通の「花や野菜の土」は赤玉土や軽石をたくさんいれて保肥性を下げ、排水性を上げる必要があります。自分でいちから作っても良いです。ブレンド例は、赤玉土3:鹿沼土3:ピートモスか腐葉土2 その他、軽石・川砂・パーライトなど。1種類ではなくできれば4種類以上の土を入れるのが理想です。

肥料

肥料肥料は大量には必要ありません。しかし限られたスペースで育てていて肥料切れした場合は肥料を与えると生育が良くなりますし、種まきの場合は早く大きく育つという効果があります。

肥料をやる場合は3~6月、9~11月に月1回程度2000倍の液肥(ハイポネックスなど)を与えます。休眠期には肥料はやらないようにしましょう。与えすぎには注意します。肥料をやり過ぎると葉の間隔がのびヒョロヒョロして軟弱な株になってしまいます。

病害虫

病害虫他の多肉植物に比べあまり病害虫は心配ありません。しかし庭で栽培しているとそこから病気をもらったり、害虫が飛んできたりすることがあります。高温多湿の時期はカイガラムシがつきやすいです。チョウがアオムシの卵を産み付けたりアブラムシがついたりすることもあります。その場合はベニカXファインスプレーなどの浸透移行性の殺虫剤を撒いておくとよいです。病気はあまり心配ないがですが、うどんこ病などカビ性の病気に罹ったらベンレートやオルトランスプレーなどを撒いて対処しましょう。

開花

開花時期は5~6月で、株から何本も花茎がのび、星形のピンク色の花が咲きます。1日咲いたらしぼんでしまう一日花で、種を採りたい場合はまめに観察し、受粉の機会を逃さないようにしましょう。花が咲くと株が枯れてしまう多肉植物もありますが、アナカンプセロスは枯れないタイプで安心です。

桜吹雪/アナカンプセロスによくあるトラブル

  • 葉にシワがよってきた・・・夏や冬に水やりを控えていると葉がシワシワになりやわらかくなってしまうことがあります。春や秋に水やりをすれば元に戻ります。しかしシワシワで元に戻らないこともあるようです。
  • 花が咲かない・・・株が成熟し2月頃からしっかり日に当てて育てていると花芽がつきやすいです。一日花なので見逃してしまうこともあります。
  • 挿し木がうまくいかない・根が出ない・・・成長がゆっくりで根が出るのも遅いです。乾燥させすぎないよう、室内の日なたたに置いてじっくり待つようにしましょう。
  1. 夏に蒸れて腐りやすいので風通しのよい戸外に置く
  2. 休眠期は水を控える
  3. 強すぎる日差しは避け、雨ざらしにしない
  4. 冬0℃以下にしないこと

コメント