スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプテニア属(ベビーサンローズ)の特徴と種類・育て方

アプテニア属の写真

ベビーサンローズ斑入りベビーサンローズ斑入り ベビーサンローズベビーサンローズ(花)

アプテニア属(Aptenia)の特徴

ツルナ科
アプテニア属(Aptenia)
生育型 春秋型
育てやすさ 育てやすい
成長速度 早い
殖やし方 挿し木
原産地 南アフリカ

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

アプテニア属はこんな植物
南アフリカのケープ州などに自生しているグループで、ベビーサンローズ斑入り種(錦)と普通のベビーサンローズが見つかっている。暑さ寒さに強く、どんどん殖えるので花壇などにも適している。5~6月になると真っ赤な花が数日間、閉じたり開いたりと咲かせる。

南アフリカといっても温暖な気候の地域に生息しているので、真夏のかんかん照りや凍るほどの寒さには弱い。育てやすいものの春秋型として育て、真夏と真冬は半休眠状態で過ごさせる。まるで草花のような扱いで水もやらないとすぐにしんなりしてしまうが、そこは多肉植物。くしゃくしゃになっても水を与えるとしばらくして復帰する。

育て方のコツ

  • 水不足に弱いので他の多肉植物より水やりを多めに
  • 根詰まりしやすいので植え替えを怠らない
  • 真夏は遮光し、それ以外の季節はしっかり日に当てる
  • 5℃以下になったら室内に取り込む

年間栽培カレンダー

春秋型
生育期 3~6月と9~11月
休眠期 8月頃、2月頃
緩慢な時期 7月頃、1月頃
水やり
  • 3~6月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に2回程度)
  • 7~8月は鉢の土を半分湿らせる程度を1週間に1回程度
  • 9~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に2回程度)
  • 12~2月は鉢の土を半分湿らせる程度を月に1回程度
置き場所
  • 年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に
  • 3~5月は直射日光の当たる屋外
  • 6月は少し遮光した屋外
  • 7~8月は明るい日陰(50%遮光)
  • 9月は少し遮光した屋外
  • 10~11月は直射日光のあたる屋外
  • 12~2月は雨の当たらない屋外、5℃以下の場合は日当たりの良い窓辺に
植え替え
  • 3~5月頃が適期
殖やす
  • 3~5月、9~10月に挿し木、株分け
肥料
  • 植え付け時に緩効性肥料か、3~5月、9~10月頃に月1回液肥を与える
開花
  • 5~7月頃に赤ピンク色の花を咲かせる

※栽培カレンダーはあくまでも目安です。実際は土や鉢の種類、地域によって大きく異なります。この表はプラスチック鉢で土配合は(赤玉土3:ピートモス3:ボラ土2:鹿沼土1:川砂1:バーミキュライト1)、福岡県平野部で育てている場合のため、地域や使っている土、置き場所によって適宜読み替えて下さい。

主な種類名

ベビーサンローズ(花蔓草) Aptenia cordifolia
ベビーサンローズ錦(花蔓草錦) Aptenia cordifolia f.variegata
休眠期とは?
多肉植物の日本での栽培は自生地の環境と異なる。そのため日本の寒さや暑さに耐えられなくなると生育が鈍ったり成長が止まったりする。その時期のことを「休眠」という。時期は種類によって異なり、夏に休眠するタイプと冬に休眠するタイプがある。休眠期は生育が鈍るので肥料や水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控える。

育て方のポイント

水やり

水やりベビーサンローズはツルナ科であるものの全体的に普通の草花感覚で育てられる多肉植物で、水やりも他の多肉植物より多めになる。春秋型なので生育期の春秋はたっぷりの水を与え、休眠期は少量にするのが基本になる。また鉢や土の種類によって大きな差が出るので、水やりは週2回などと決めずよく観察し、土がカラカラに乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えるのが基本になる。

実際の目安は、3~6月の生育期は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に2回程度)。この時期は本当によく水を吸うのでカラカラに切らさないようにする。梅雨に入ったら土がしっかり乾くまで待ってから水やり(週1回程度に抑える)。7~8月は高温で半休眠しており、鉢の土を半分湿らせる程度を1週間に1回程度。再び生育期の9~11月は、土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に2回程度)。12~2月は寒さで休眠するので、鉢の土を半分湿らせる程度を月に1回程度に抑える。季節の変わり目は旧にサイクルを変えるのではなく徐々に増減していく。

寒い時期は暖かい朝~昼に水をやり、暑い時期は涼しくなる夕方に水を与える。そうすると蒸れや凍結を予防できる。また夏・冬は水分を控えることで耐寒性・耐暑性が上がる。冬、室内で育てる場合は徒長防止に水を控えめにする。

置き場

置き場一年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に置くのが望ましいが、5℃を下回る時期は室内に入れる。そして直射日光に当てて育てるのが基本だが、夏の日差しは強すぎるので、50%遮光ネットをかけるか、明るい日陰に移動する。苗の様子を見ながら場所を決めていくことになる。

目安は、3~5月は直射日光の当たる屋外に置くが、梅雨が明ける6月終わり頃には30%程度の遮光を始める。7~8月は日差しが一番強く、しっかり50%程度遮光するか、明るい日陰に移動させる。9月はまだ日差しが強いため少し(30%程度)遮光した屋外で管理する。10~11月は生育期で直射日光のあたる屋外で育てる。12~2月は雨の当たらない屋外が基本だが、強い寒さには弱いため、5℃以下の気温になる場合は日当たりの良い窓辺に取り込む。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し他の多肉植物よりは暑さに強く、暑さで枯れてしまうことはまれ。目安は最高気温は日なたであれば30℃程度がきついが、日陰であれば40℃は耐えられる。

南アフリカは暑いイメージがあるが、現地は地中海性の穏やかな気候のため、日本のような蒸し暑さを苦手とする。そのため夏は直射日光を遮り、水分も少なくして半休眠にさせ、涼しい所に置くようにする。遮光は50%遮光ネットを1~2枚重ねるなどで対応する。ネットをかけると通気がやや悪くなるので、風通しに注意。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し最低越冬温度は5℃であまり寒さに強くない。そのため霜が降りる地域や5℃を下回る寒波の時期では室内への取り込みが必須となる。ただ5℃を切ってもすぐ枯れるというわけではなく実測値では1℃を耐えた。

暖地では時々室内に入れる程度ですむが、寒冷地では月単位で室内に取り込むので日光不足の問題が起こる。最低1日4時間直射日光が当たる窓辺に置きたいが、無理な場合は水やりをごく控えてしのぐ。

簡易ビニール温室は寒風や雪から植物を守ってくれるが、保温効果は期待できない。そのため本格的に寒くなる日は室内へ入れるようにする。また簡易ビニール温室は昼間非常に高温になることがあるので、前面のビニールを開けるなど対処する。

殖やし方

殖やし方ベビーサンローズは挿し木と株分けで増やすことができる。時期は3~5月、9~10月の生育期で、休眠期にはしないようにする。

挿し木はかなり簡単にできるグループで、挿し穂を5cm程度切り取り明るい日陰で切り口を乾かすと、数日で白い根が出てくる。カラカラの土ではなく、少し湿った土に割り箸などで穴を空けて挿しておくと根が一気に伸びる。挿して1週間くらいしたら水やりを開始する。ここまでは半日陰で管理する。挿し床がカラカラの土だと根が伸びにくいので、セダムと同じように土を少し湿らせておくのがポイント。

植え替え

成長が早いベビーサンローズは定期的に植え替えしてやる必要がある。植え替えしないでおくと鉢いっぱいになった所で成長が止まってしまう。そこで掘り起こして根を整理し、新しい土を入れるのが植え替え作業。鉢植えの植物を元気に育てていくには必須の作業になる。

植え替えは生育期の3~5月か9~10月に行う。すぐ寒くなるので秋より春のほうが適期で失敗が少ない。寒い時期や休眠期に植え替えると、うまく根が伸びず株にダメージを与えることがあるので避ける。

具体的な方法は、土をほぐしやすくするため植え替え前4~5日は水やりを控える。株を鉢から抜き出したら枯れた葉や傷んで茶色くなった根を取り除く。白い根は生きている根なので切らないように気をつける。根が鉢の中でパンパンになっている場合は、根の下の部分を三分の一程度切り捨てる。その後、緩効性肥料を少量混ぜ込んだ新しい土を用意し植え込む。その後1週間は少量の水を与え乾燥気味に保つ。1週間経ったら通常の半分量の水を与える。この期間は明るい日陰で管理する。そして徐々に通常の管理に戻していく。

土と鉢

土土を選ぶときは肥料分がほとんど入っていない多肉植物・サボテン要の土を使うか、自分で配合したものを使う。市販の多肉サボテンの土は水はけがよすぎたり粒が大きすぎたりすることがあるので、適宜水持ちをよくする小粒の赤玉土や鹿沼土などを混ぜ込んでもいい。自分で作る場合は単用(1種類の土だけ)はせずできれば4種類以上の土を混ぜるのが理想的。

(例)赤玉土1:腐葉土1:鹿沼土1
(例)赤玉土3:ピートモス3:ボラ土2:鹿沼土1:川砂1:くん炭1

鹿沼土、ピートモスは酸性、くん炭はアルカリ性なので色々な土を混ぜることで性質を中和することができる。

鉢はプラスチック鉢と陶器の鉢があるが、それぞれ性質が大きく違い、水はけ、水やり頻度や株の育ち方に差が出る。ベビーサンローズは水が好きで萎びやすいので、乾きにくい小型のプラスチック鉢(プレステラ90など)が育てやすい。また鉢のサイズはその苗にちょうど良い大きさのものに植える。大きすぎる鉢は水が滞りやすく根腐れや通気不足など弊害を起こしてしまう。

肥料

肥料基本的に多肉植物は肥料が要らないが、与えた方が生育がよくなる。また多肉植物の用土は元々肥料が入っておらず、保肥性(肥料を蓄える力)も弱いものが多い。そのため3大要素や微量要素が足りなくなったり偏ったりするので肥料として補う必要がある。

そこで多肉植物では、植え付け時と植え替え時に土に緩効性肥料を混ぜ込んでおくか、生育期に毎月液肥を与えることが多い。具体的には緩効性肥料はマグアンプKなど、液肥は2000倍のハイポネックスなどがよく使われる。

液肥は少し与えるのではなく、1回の水やりの代わりとして鉢底から流れるまで与える。緩効性肥料は微粒のサイズでN-P-Kが8-8-8のものや、マグアンプKのようなN-P-Kが6-40-6などを土に混ぜ込んで、だんだん溶けるようにする。

ただ肥料の与えすぎは徒長を起こしたり紅葉がさめたりなど、副作用を起こすのでやりすぎに気をつける。また有機肥料を使う場合は発酵済みで完熟のものを選ぶ。

病害虫

病害虫特に心配ない。

コメント