スポンサーリンク

セネシオ属(Senecio)の特徴と種類・育て方

セネシオ属の写真

大型銀月大型銀月 グリーンネックレスグリーンネックレス ドルフィンネックレス
グリーンネックレスグリーンネックレス斑入り エンジェルティアーズエンジェルティアーズ
銀月銀月 京童子京童子 青涼刀青涼刀
美空の鉾美空鉾 万宝万宝 セネシオ・ハリアヌスハリアヌス
マサイの矢尻マサイの矢尻 ヤコブセニーヤコブセニー

セネシオ属(Senecio)の特徴

※セネシオはセネキオとも呼ばれる

キク科
セネシオ属(Senecio)
育てやすさ:
生育型:春秋型・夏型・冬型
成長速度:
殖やし方:葉挿し× 挿し穂〇
原産地:アフリカ、メキシコ、インド、マダガスカル、カナリア諸島など


※育てやすさ(4段階評価)
◎育てやすい–〇普通–△やや難しい–×難しい

※成長速度(4段階評価)
◎早い–〇普通–△遅い–×とても遅い

どんな属の植物?
三つの生育型があり、葉の形は丸いもの、尖った形、長細い形など色々なタイプがあって面白い。世界中に生息しており1500から2000種類ある大きな属。しかし多肉化したものは限られる。

多肉化したセネシオはグリーンネックレスがナミビア原産、ケープアイビーが南アフリカ原産など、アフリカ・マダガスカル・カナリア諸島・インドなど、乾燥地帯に生育している。

一方普通のセネシオは白妙菊(シロタエギク)やキオンが有名。ハーブや低木から高山植物など幅広く存在する。中には毒のあるものもある。花は黄色がほとんどだが白や青・紫・緑色も見られる。そんなセネシオは意外と育てるのが難しく、注意深い観察と丁寧なお世話が必要。

年間栽培カレンダー

水やり 12-3月は乾燥気味
4-6月、9-11月は土が乾いたら
置き場所 11-4月は日当たりの良い室内か温室
4-6月、9-10月は日当たり
7-8月は明るい日陰
植え替え 4-6月、9月
殖やす 4-6月、9月に挿し穂、株分け
肥料 夏型は5-6月に月1回ずつ
冬型は9-10月に月1回ずつ
開花 6-11月

主な種類名

大型銀月 (オオガタギンゲツ) : Senecio talonoides
京童子 (キョウドウジ) : Senecio herreanus
銀月 (ギンゲツ) : Senecio haworthii
グリーンネックレス (グリーンネックレス) : Senecio rowleyanus
グリーンネックレス斑入り (グリーンネックレスフリイ) : Senecio rowleyanus variegated
ケープアイビー (ケープアイビー) : Senecio macroglossus
七宝樹 (シチホウジュ) : Senecio articulatus
七宝樹錦 (シッポウジュニシキ) : Senecio articulatus f.variegata
新月 (シンゲツ) : Senecio scaposus
青涼刀 (セイリョウトウ) : Senecio ficoides
ドルフィンネックレス (ドルフィンネックレス) : Senecio
万宝 (バンポウ) : Senecio serpens
マサイの矢尻 (マサイノヤジリ) : Senecio kleiniiformis
美空鉾 (ミソラホコ) : Senecio antandroi
ヤコブセニー (ヤコブセニー) : Senecio jacobsenii
ハリアヌス (ハリアヌス) : Senecio hallianus
鉄錫杖 (テツサクジョウ) : Senecio stapeliformis
ヘブディンギー (ヘブディンギー) : Senecio hebdingii
白寿楽 (ハクジュラク) : Senecio citriformis

大型銀月(オオガタギンゲツ) 育てレポ

育て方のポイント

生育型により育て方が異なるが、どちらも春秋に成長する。共通するのは根が繊細ということ。根の乾燥に弱く、普通に育てている時も植え替える時、挿し木する時など水を完全に切らさない。また休眠中でさえも完全な断水はしない。水が好きな属といえる。蒸れや水のやり過ぎもまたダメで、冬と夏は水を少なめにすると根腐れなどで枯れてしまう率を下げられる。もちろん雨ざらしはNG。

置き場は夏は明るい日陰、それ以外は直射日光に当てても良い。室内に置きっ放しだとどうしても日光不足で徒長しやすく、また通風不足で根腐れを起こしやすい。

平均的な最低気温は3℃から5℃、それ以外になってしまう場合は家の中に取り込むか、ビニール温室などで育てる。

殖やす時は挿し穂で行い、葉挿しはできない。

害虫はカイガラムシ、バッタ、アブラムシなどが付きやすく、歯ブラシ落としたり大量の場合は殺虫剤をかける。また軟腐病になりやすいので枯れた葉は早く除去する。

土は種類によって異なるが細い根をしっかり伸ばすためには、他の多肉植物より柔らかい土がよい。しかし水はけが良いことも必要。また植木鉢はすぐに乾いてしまう素焼きは不向きで、プラスチック鉢や駄温鉢、素焼きではないテラコッタなどが向いている。

ワンポイント

  • 一定の水を蓄えているしっとりした土が好き
  • 葉を綺麗な状態で保つには日の当たりすぎに注意!
  • 室内では通風不足で根腐れ起こしやすいのでできるだけ外で育てる
  • 管理が難しく中級上級者向けの品種が多い!

コメント