スポンサーリンク

大型銀月の育て方

育てレポへジャンプ

基本情報


■キク科
■セネシオ属
■大型銀月(雪化粧)


学名:Senecio hawortii
原産地:南アフリカ(標高900-1200m)
大きさ:高さ20cm程度
耐暑性:弱め
耐寒性:弱め
温度:5℃-38℃


育てやすさ:△やや難しい
管理場所:春秋-屋外、夏-日陰、冬-室内
殖やし方:挿し穂〇・葉挿し×
水やり:やや多め
トラブル:根腐れ・葉の傷み
成長スピード:やや遅い


特徴

真っ白のフェルトに覆われているような美しい多肉植物。最大で20cmから30cm程度の大きさまで成長することがある。夏の高温多湿に弱く特に蒸れている状態に弱い。意外と栽培が難しく慣れるまで水やりや土選びなどが難しい。基本は明るい日向で風通し良くすること、春と秋は多めに水を与える。

詳しい育て方

水やりのポイント

春と秋は土が乾いたらたっぷりと水を与える。夏は土が乾いてから2-3日後に与える。冬は1ヶ月に1回程度。根腐れを起こしやすいので水のやりすぎに注意。しかし完全に根が乾いた状態は良くない。休眠りの断水時にも完全に根を乾かさないようにする。この辺りが難しい

日当たり・置き場・通風・温度

基本は日光を好むので春秋冬は直射日光の下で管理する。しかし強い日差しは苦手なので夏は明るい日陰に置く。葉が痛むのが怖いからといって室内に取り込んでおいたままにすると風通し不足で根腐れを起こすので、扇風機を回したり工夫する。

高温多湿に弱いといっても高温には比較的耐えることができ、湿気、つまり蒸れに弱い。38°ぐらいの夏でも外の日陰であれば育てられる。冬の寒さには比較的強いが、根や茎が凍ってしまうと溶けてしまうので雪をかけない・霜が降りないようにカバーなどをかける。または5度以下になりそうな日はあらかじめ室内に取り込んでおく。

植え方と殖やし方

冬型なので植え替えは9月から11月頃行う。また挿し穂で増やすことができる。セネシオなので葉挿しはできない。

普通、多肉植物は挿し穂で増やす時、切り取った茎を乾かして乾いた用土にさすが、銀月は根の乾きに弱いので切った後乾かさずに、すぐ濡れた用土に挿す。

土の種類・鉢

水はけの良い多肉用の土、または多肉用の土と挿し穂用の柔らかい土をブレンドすると根が伸びやすくなる。固い土だとなかなか根が張れない。おすすめの配合は赤玉土3・鹿沼土2ボラ土2・腐葉土3など

鉢はすぐ乾いてしまう素焼きは不向き。乾きがゆっくりしているプラスチック鉢などが良い。

肥料

冬型なので9月から11月に月1回ほど与える。

病害虫

よくあるトラブル

しわしわになる

夏の直射日光に当ててしまったり乾かしすぎる事ですぐにシワシワになってしまう。また根腐れさせることで十分に水分を与えていても水を吸い上げられなくなり、しわしわになってしまうことがある。しわがよってきたら掘り上げて根の状態を確認する。休眠期や夏は多少のしわしわは仕方がない

茶色くなる

銀月は特に下葉が黒くなる、茶色くなるといったトラブルがある。白さを保つためには絶対に雨ざらしにしないことを心がける。また土をかけてしまうと汚れが落ちにくくなるので植え替え時や挿し穂の際、土がつかないように注意する。

その他

育てレポへジャンプ

コメント