スポンサーリンク

朧月(おぼろづき)の育て方

このページではグラプトペタルム属(グラプトセダム属)の多肉植物「朧月」の育て方を基礎から丁寧に解説しています。
実際の栽培記録や写真はこちらの育てレポートに⇒育てレポへジャンプ

朧月(オボロヅキ)の写真

朧月
朧月の画像

クリックで拡大します

朧月(雨ざらし)朧月(雨ざらし)12月 朧月の花芽朧月の花芽(1月) 朧月の開花(4月)朧月の開花(4月)
朧月の紅葉(2月)朧月の紅葉(2月) 朧月の葉挿し朧月の葉挿し 朧月の葉挿し朧月の葉挿し
花の拡大写真花の拡大写真

基本情報

■ベンケイソウ科
■グラプトペタルム属(グラプトセダム属)
■学名:Graptopetalum paraguayense
■名前:朧月(オボロヅキ)

原産地:メキシコ・アリゾナ
生育型:春秋型
大きさ:高さ20cm程度、幅10cm程度
耐暑性:強い
耐寒性:強い
温度:書籍値0℃-30℃程度
温度:実測値1℃-40℃程度 ※水やりを控えた場合の値で、状況によりこれより狭くなることがある


育てやすさ:
管理場所:春秋-日なた、夏-日陰、冬-0℃以下は室内
殖やし方:挿し木(挿し穂)〇・葉挿し〇
成長スピード:


※育てやすさ(4段階評価)
◎育てやすい–〇普通–△やや難しい–×難しい

※成長速度(4段階評価)
◎早い–〇普通–△遅い–×とても遅い

朧月の特徴

朧月はこんな多肉植物
属
多肉といえば朧月:
日本の暑さ寒さに割と耐えるし、どんどん成長して増やすのも簡単なので扱いやすく初心者向きでもある。メキシコが自生地で、日本に入ってきたのは昭和の初期といわれる。今でも近所の家の軒下や玄関周りなどで見かけることがあり、朧月探しも楽しめる。最初は1本だった朧月も、数年経つと太い茎が長く伸び数も増え、立派な群生株になっていることもある。葉の表面には白い粉が吹き、冬の寒さや強い日差しにさらされると、きれいな淡いピンク色に染まる。

冬の寒さと水やりのしすぎに注意:
朧月は日本では春と秋によく育つ「春秋型」として育てる。育てやすいが、寒さには案外弱く、0度を切ると葉が傷んでしんなりしてしまう。エケベリアより耐寒性はない模様。長く育てていると茎がのび、下葉がポロポロ落ちてしまうが、これは生理現象なので仕方ない。うまく育てていると冬に花芽をつけ、春に星のような花を咲かせる。水やりのしすぎも失敗の原因なので気をつける。

育て方のコツは

  1. 水はけのよい陶器の鉢に植え、排水性のよい土をブレンド
  2. 水やりは土がカラカラになってからする
  3. 夏以外は日に良く当て、雨ざらしにしない
  4. 冬0℃以下にしないこと

これさえ守ればとりあえず枯らさないで育てられる。

年間栽培カレンダー

水やり 4~6月、9~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで
7、8月は月に2回ほど
12~3月は3℃以上の日、月に2回ほど
置き場所 4~6月は直射日光の当たる雨の当たらない屋外
7~8月は雨の当たらない明るい日陰(50%遮光)
9~11月は直射日光の当たる雨の当たらない屋外
12~3月は日当たりの良い窓辺か雨の当たらない屋外
植え替え 生育期の3~6月、10~11月頃が適期
殖やす 生育期の3~6月、10~11月頃に葉挿し、挿し穂、株分け
肥料 生育期の3~6月、10~11月頃に月1回液肥を与える
開花 春(3~5月)頃

育て方のポイント

水やり

水やり朧月は水不足に強い多肉植物なので水やりは慎重にする。普通の植物のようにじゃぶじゃぶ水やりをすると根腐れしたり、茎が無駄に伸びてヒョロヒョロになってしまう。水やりのタイミングは下葉に少しシワが見えてくるぐらいに与える。鉢の中を完全に乾かしてから鉢底から流れ出るくらいの水をやる。土がカラカラのタイミングは、水やりしたとき土が湿るシュワーという音がするのでそれを参考にしてサイクルを決める。音がしないときはまだ早い。水を控えめにするといっても、1回の水やりの水量を減らすわけではなく回数が少ないということ。ただ例外もあり、真夏や真冬は1回の水やりの量も減らさないといけない。

具体的な頻度は生育期の3~5月、10~11月は10日に1回ほど鉢内が充分湿るぐらい水をやる。鉢底の穴から水が出てきても問題ない。梅雨時に入る6月からは蒸れやすくなるので水やり回数を減らす。2週間に1回くらいにする。そして7~9月は暑すぎて生育が鈍るためあまり根が水を吸わなくなる。そのため月に1回ほど鉢が半分濡れるくらいにとどめる。10月からまた水やりの回数を増やす。冬の12~2月は休眠期なので水をほとんど吸わなくなるので月1回程度、表面をさらっと湿らせるぐらいに。

冬と夏は水やり時間もタイミングがあり、夏は涼しくなった夕方に、冬はこれから暖かくなる朝にやる。凍るような寒い日や35度を超えるように時は無理に水やりはしない。朧月は少々シワがよっても大丈夫。夏は水やりを全くしなくて良いと書いてある本もあるが、それは小さな苗では危険。水不足に耐えきれなくなり、葉がしわしわになって茎から取れてしまうことがあるので、すずしい夕方に月一回程度与えるくらいがよい。

置き場

置き場日本の7~8月は日差しが強すぎるので、雨がかからない屋外の明るい日陰(半日陰=50%遮光)に置く。成長期の4~6月と9~11月は直射日光の当たる雨の当たらない屋外でなるべく日に当てる。4~6月の生育期は生育が盛んで、ちょっと日陰に置きっ放しにするだけでも徒長(ヒョロヒョロになる)してしまう。一度徒長すると元に戻らない。12~3月は日当たりの良い窓辺か雨の当たらない屋外に置く。グラプトペタルムは寒さには強く0℃を下回ってすぐかれることはない。しかし葉が傷んでしまうことがあるので、なるべく3℃を下回ったら室内や温室に取り込む。朧月は言われているほど寒さに強くない。また雨ざらしにすると徒長し、姿が乱れるので軒下や玄関の外など雨のかからないところに置きたい。通気が悪いと蒸れて枯れやすいので風通しにも気を配る。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し暑さには強く直射日光が当たらなければ40度くらいまで耐えられる。丈夫とはいえ、7~8月に直射日光の当たる所に置いておくと葉焼けして葉が腐ってしまうことがある。7~9月くらいは60%カットの遮光ネットをかけるなど、直射日光に当てないようにする。また水やりの直後数日は特に蒸れ、根腐れを起こししやすいので水やりは日を選ぶ(なるべく涼しい日が続くときに与える)また葉焼けが怖いからといって遮光ネットを二重にするとヒョロヒョロになってしまうので、過度に遮光しないようにする。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し基本的には朧月は0℃で枯れることはない。しかし水やりをしたばかりの日や水やりが多すぎて葉に水分がたくさんあるときは凍って枯れてしまうこともある。そこまでいかなくても葉が傷むので、きれいに育てたい場合は3℃以下では室内か温室で管理した方が安全。零下になる地域の場合、簡易ビニール温室に入れることがあるが、実はほとんど寒さ対策にならない。それどころか昼間温室内が暑くなりすぎる。

殖やし方

殖やし方朧月は挿し木(挿し穂)、葉挿し、株分けができる。時期は生育期の3~6月、10~11月頃が適している。夏は発根するまでに腐ってしまったり、冬はなかなか芽が出ないなど上級向けになる。朧月はよく殖える多肉として有名で、株から落ちた葉が勝手に葉挿しになってドンドン殖えてしまう。

挿し木(挿し芽)の方法:

挿し木は親株から5cm程度茎をカットし、下の方の葉をもぎとり断面を3~4日乾かす。乾いたら乾燥した用土に挿す。発根するまでの時間も早く1~2週間で根が出てくる。根が1cm程度出たら水やりを開始する。いきなりバシャバシャやらずに徐々に増やしていく。カットした親株には2ヶ月程度で新しい芽が出てくる。数年たつと植え替えなどの整理や仕立て直しが必要になるが、そのとき出た切り取った枝がそのまま挿し木に使える。

葉挿しの方法:

葉挿しは親株から下の方の葉をもいでそのまま土の上に置いておく。もいだ葉は直射日光が当たらない、明るい日陰に置く。根や芽がでるまで2週間~1ヶ月程度かかる。芽と根が出たら水やりを始める。だんだん親葉が小さく最後はカリカリになって自然にぽろっと取れるようになるので、無理に引きはがさないようにする。挿し木より大きくなる過程がゆっくりだが、1枚の葉から1株が作れるので大量に欲しい時におすすめ。葉挿しは暖かい時のほうが成長が早いが、真夏はゆっくりになる。

株分けの方法:

数年間育てて群生した株は株分けができる。土から掘り出して古い根を整理し子株ごとにわけて植え付ける。植え付けてから3~4日後から水やりを始める。株分け前は10日以上水やりを控えて土をサラサラにしておく。
種まき:原種は種まきもできる。

植え替え:

植え替えも株分けと同様に生育期の3~5月、10~11月に行う。事前に水やりを1週間ほど控えて土を乾燥させておく。真夏などに植え替えると株にダメージを与えるので控える。朧月は成長が早く、1~2年に1回の植え替えが必要になる。放置すると根が鉢一杯に成長して根詰まりを起こし、成長が悪くなってしまう。植え替えには、鉢を掘り起こして古い根を取り除き、肥料不足になった土を新しい土と取り替える。

土土は排水性のよいもので肥料分が少ないものを選ぶ。適当な土がないからといって「普通の野菜と花の土」を使うと水はけが悪く肥料が多すぎて、伸び放題になりきれいに育たない。他の多肉植物と同じように市販の「多肉植物の土」を使っても良い。自分でブレンドする場合は、くん炭やピートモス、ボラ土、赤玉土、鹿沼土(いずれも小粒)を混ぜ合わせる。全部鹿沼土などではなく、5種類以上の土を混ぜ合わせるのが理想的。

(例)赤玉土2:鹿沼土2:ピートモスか腐葉土1:川砂1:くん炭1:パーライト1 など 
鉢底には軽石をしいて水はけをよくするとよい。

また容器はプラスチック鉢より通気のよい「駄温鉢」(陶器の鉢)が適する。素焼きの鉢は割れやすいので注意。

肥料

肥料
基本的には普通の植物よりごく少量でよい。やらないでも育つが早く大きくしたい場合は、生育期の3~5月、10~11月に施肥する。多肉植物は水やりの回数が少ないので固形肥料が使いづらい。ハイポネックス2000倍液のような薄めた液肥を、月1回程度与える。肥料が多すぎると暴れたり(伸び放題で見苦しくなる)紅葉しなくなってしまう。施肥を迷った場合、初心者のうちはやらなくても大丈夫。

病害虫

病害虫
朧月は病害虫がほとんど心配ない丈夫な種類。しかし庭などでは他の植物から病害虫が入り込んでくることがある。ナメクジが花を食害したり、根に白い虫がついていたらカイガラムシなので爪楊枝などで1つずつ取り除く。生育が悪いと思ったら根にネジラミ(サボテン根コナカイガラムシ)がついていることがあるので根を点検する。一般的な殺虫剤も効く。病気は特に心配ないが通気の悪さで根腐れ、蒸れが起こることがあるので混み合ってきたら間引きしたり、子株を整理する。

朧月によくあるトラブル

  • ひょろ長くなってしまった・・・水と肥料のやりすぎ、気温が高すぎる、日光不足などが原因で「徒長」している。
  • 茎の下の方の葉がポロポロ落ちてしまう・・・極端に水やりしないとポロポロ葉が落ちる、また長く育てていくうちに下葉が落ちるのは生理現象
  • 中心が灰色から緑っぽくなった・・・これは日光不足と水のやり過ぎが原因、日に当てて水を控えると元に戻る
育て方のコツのまとめ
ポイント

  1. 水はけのよい陶器の鉢に植え、排水性のよい土をブレンド
  2. 水やりは土がカラカラになってからする
  3. 夏以外は日に良く当て、雨ざらしにしない
  4. 冬0℃以下にしないこと

実際の栽培記録や写真はこちらの育てレポートに⇒育てレポへジャンプ

コメント