スポンサーリンク

市販の多肉植物用の培養土の性質を比較・おすすめも紹介!

市販されている7つの多肉植物・サボテン培養土を実際に購入して内容を調査してみました。使用したところ、水もちや水はけ、その土の特徴などさまざまなことが分かりましたので、表にして紹介しています。

市販の多肉植物用土を比較

市販の土 培養土

まず、結果は表の掲載順で載せています。名前が似ているので、土袋の写真を目印にしてみてください。いずれもクリックで拡大します。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
花ごころ さぼてん多肉植物の土
詳細ページ
Amazon
プロトリーフ サボテン多肉植物の土
詳細ページ
Amazon
ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
詳細ページ
Amazon
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土
詳細ページ
Amazon
プロトリーフ 培養土 室内向け観葉・多肉の土
詳細ページ
Amazon
サンアンドホープ サボテン・多肉植物の土
詳細ページ
Amazon
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土
詳細ページ
Amazon

メジャーとの比較

写真は横幅がおよそ20cmになるように調節しています。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
花ごころ さぼてん多肉植物の土 プロトリーフ サボテン多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 培養土 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン・多肉植物の土
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土

プレステラ105にいれて比較

プレステラ105とは、縦横幅9.2cmのプラスチック鉢です。多肉植物によく使われるため、粒の大きさを参考にしてみてください

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
花ごころ さぼてん多肉植物の土 プロトリーフ サボテン多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 培養土 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン・多肉植物の土
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土

総合評価とおすすめ度

おすすめ度は5段階評価(★が多いほどおすすめ)となっています。
総合評価は4段階評価(×、△、〇、◎)とさせていただいています。今回×のものはありませんでした。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
〇 (★★★★) △ (★★) 〇~◎ (★★★★)
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
△ (★★) 〇~◎ (★★★★★) 〇 (★★★★)
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
△~〇 (★★★)

1L当たりの価格

価格(コスパ)は5段階評価(★が多いほど割安)です。
また円~とは、複数の商品(リットル数)があった場合、一番安い袋で計算した価格です。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
98円~(★★★★★) 112円~(★★★★★) 112円~(★★★★★)
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
306円~(★★) 143円~(★★★) 89円~(★★★★★)
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
178円~(★★)

スポンサーリンク

詳細を比較

土の重さ(1L当たり)

土は乾燥時に1Lあたり400g~600gのものが標準的といわれています。

今回、調査した土では、乾燥した状態で届いた土と湿った状態で届いた土がありました。湿った状態でとどいた土は、アイリスオーヤマの土とサンアンドホープの土です。どちらも600gを超えています。しかし乾燥させたところ、大幅に軽くなったため、今回400g~600g以内にに収まっていました。(どれも標準的な重さでした。)

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
やや軽い~ちょうどよい (479g) 軽め (438g) ちょうど良い (558g)
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
軽め (411g) ちょうど良い (500g) やや重い (691g) →乾燥時496g
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
重い (818g) →乾燥時553g

水やり後の重さ(+)

プレステラ105という容器に土を入れて鉢底から流れ出るまで水を与えた場合、何グラムになったか、また何グラムの水を吸収したかを調査しました。括弧内は吸収した水のグラム数です。

吸水した土の重さと吸水量は、土によってかなり差が出ました。多いものは200gを超え、少ないものは100g半ばと130gの差が出ています。

多肉植物では排水性がよいことが重視されますが、その反面適度な水持ち(吸水力)も必要とします。20~30gしか水を吸わなかったものは吸水力が不足していて、多肉植物にとっても使いづらい土となっています。

一方、吸水しすぎるのも問題で、適度なものが望ましいです。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
232g (+83g) 156g (+32g) 274g (+93g)
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
148g (+20g) 233g (+82g) 284g (+74g)
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
264g (+25g)

水はけ・通気性のよさ

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
良い 普通 中~良い
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
あまりよくない 良い
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
良い

粒の大きさ

土の粒には、一般的に小さい順から細粒、小粒、中粒、大粒に分けて販売されています。

土のサイズは植える植物の大きさや鉢の大きさによって使い分け、通常大きな鉢・植物ほど大きな粒を使います。(また鉢底には大きな粒を敷いて鉢底石とすることがあります。)

今回は多肉植物用の土だったということもあり、細粒~小粒のものが多かったです。

また、粒はできるだけサイズが揃っているほうがよく、小さな多肉植物(直径12cm鉢以下の)にとっては細粒~小粒のものが適しています。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
全体的に細かい 細粒~小粒 小粒で揃っている
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
細粒~小粒 小粒で揃っている 小粒~中粒混合
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
小粒~中粒の大きさで揃っている

保水量(保水性)

保水性は先ほどの吸水量の実験と同じもので、グラム数を言語化したものです。

今回の土は40g以下か80g以上と吸水性が2方向に分かれてしまいました。そのため吸水性が弱いものと良いものの2通りになっています。

ここで保水性が弱いものは、水をやっても土に水分が吸収されにくく多肉植物に水が行きにくいので、避けて置いた方がよいと考えられます。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
多め(よい) 少ない(弱い) 多め(良い)
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
少ない(弱い) 多め(良い) 多め(良い)
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
少ない(弱い)

土の乾きやすさ

土の乾きやすさは鉢底から流れ出るまで水を与えて、その後3日、5日、7日後に与えた水分のうち何グラムが乾いたか調査したものです。

土には水やり直後に保水されるものの比較的早く乾くもの、乾きにくいもの、鉢底から流れ出やすいものなど様々な種類があります。

そこで直後の重さと1週間後の重さを比較し、どのくらい蒸発・流れ出たかを表にしています。

ここで乾いたグラムが元を超えているものは、土に元々入っていた水分まで乾いたことを意味しています。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
やや乾きづらい(83g中54g乾く) しっかり乾く(32g中36g乾く) 乾きづらい(93g中56g乾く)
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
しっかり乾く(20g中40g乾く) しっかり乾く(82g中82g乾く) しっかり乾く(74g中94g乾く)
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
しっかり乾く(25g中60g乾く)

素材の数

土は様々な素材でできています。そして素材によって酸性土や水はけ、保水力など特徴が異なるため、できるだけ3種類以上の土を混ぜ合わせて使うことが推奨されています

そこで、ここでは1、2種類の素材を使っているものを少ない、3種類以上使っているものを良いとしています。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
良い(4種類以上) 良い(6種類以上) 少ない(1種類)
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
良い(3種類以上) 良い(3種類以上) 良い(3種類以上)
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
少ない(2種類)

みじんの量

みじんとは、土の粒子が極度に細粒化して(小麦粉のように吹いたら飛ぶ)粉状になってしまった土のことをいいます。これは土の通気性や水はけを悪くするため、みじんは少ないほうがよいとされています。

多肉植物にも同様のことが言え、みじんの少ないものが良い土となります。ただ多肉植物の土は細粒から小粒のものが多く、また川砂、鹿沼土、赤玉土などが使われることが多いため、みじんが多くなりがちになっています。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
やや多い ややあり 中程度あり
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
ややあり ほぼ無し ややあり
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
なし

水の抜け方

水の抜け方は水を鉢底から流れ出るまで与えた時、鉢底から流れ出る出方です。

水を与えた時、鉢底から勢いよく水が流れることで、鉢に溜まった古い空気と水が押し出され、根に新鮮な空気と水が届きます。そのため、ざばーっと抜ける土が良い土です。

そのため、水が染みこみにくかったり、鉢の表面の土が浮いてしまう土はさけたほうがよいです。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
やや抜けにくい 水やり後、鉢底から抜けづらく土が浮く 良い(ざっーと抜ける)
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
染みこまずに水が溜まってしまう 良い(ざーっと抜ける) 良い(ざーっと抜ける)
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
そのまま抜ける

水の濁り

土を使い始めるとき、最初水が濁る場合があります。これは土にみじんが含まれていることを表しています。その場合は、初回の水やり時にしっかり濁りがなくなるまで水を注ぎ続けることが必要です。

今回調査した土ではほとんどにごりは見られませんでした。

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
無し 無し 無し
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
無し あり 無し
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
無し

スポンサーリンク

メリット・デメリット

それぞれの土の紹介ページに載せている、メリットとデメリットをこちらでまとめています。項目が多すぎてどれにしたらよいか分からない場合は、デメリットの所を参考にして絞っていくとよいかもしれません。

花ごころ さぼてん多肉植物の土
花ごころ さぼてん 多肉植物の土
メリット
  • ゼオライトと軽石で、失敗しがちな根腐れに焦点を当てている
  • 中性で無肥料なのでコントロールしやすい
  • 粒が細かいので小さな鉢に適している
  • やや軽いが苗が立つ重さがある
デメリット
  • みじん(粉状になった土)が多め
  • 大きい鉢にはやや粒が細かすぎる
  • やや水が染みこみにくく排水に少し時間がかかる
詳細ページ
プロトリーフ サボテン多肉植物の土
プロトリーフ サボテン・多肉植物の土
メリット
  • 鹿沼土、赤玉土、木炭など5種類以上の素材が使われている
  • 細粒~小粒と小さな多肉植物の鉢に最適
  • 土が軽いので根が潰れにくい
デメリット
  • 水のしみ込みが悪く土が浮いてしまう
  • 水が抜けづらい
  • ややみじん(粉状の土)がある
詳細ページ
ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
メリット
  • 小粒で粒サイズが揃っている
  • 適度な重さがあり植物が立つ
  • 適度な保水性があり、水はけもよい
  • 水やり時の土の浮きや水の染みこみにくさがない
  • 清潔で室内にもおける
デメリット
  • みじんがやや入っている
  • 単体で日向土のみの配合
  • 1L袋は336円で割高
詳細ページ
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土
メリット
  • 4種類以上の素材が使われている
  • 細かめの土で小さな鉢の多肉植物に向いている
  • 土が軽いので扱いやすい
  • ゼオライト配合で根腐れしにくい
デメリット
  • 1L袋なのに0.8Lしか入っていない
  • 水が染みこみにくく排水に数分かかる
  • 保水性が弱く与えた水がほとんど流れ出てしまう
詳細ページ
プロトリーフ 培養土 室内向け観葉・多肉の土
プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土
メリット
  • 土の重さがちょうど良く、粒も揃っておりサイズもよい
  • 3種類の素材が配合されている
  • 有機肥料が入っていないので虫・カビが出にくい
  • 水のしみこみがよく水はけもよい
  • 適度な保水力がある
デメリット
  • 最初、鉢底から出てきた水が濁る
  • 1L=143円からと価格が高め
  • 小さい鉢には粒がやや大きめなのが気になる
詳細ページ
サンアンドホープ サボテン・多肉植物の土
サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
メリット
  • 粒が全体的に小さく小さめの鉢に適している
  • 適度な重さがあり苗が立つ
  • 適度な保水性がある
  • ゼオライトなど根腐れしにくい素材が配合されている
  • 水はけがよく水の染みこみもよい
デメリット
  • やや湿った状態で届いた
  • ややみじんがある
  • 時々大きい粒が入る(大小の差が大きい)
詳細ページ
アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
メリット
  • 適度な重さがあり、大きめの苗が立ちやすい
  • 水はけがよく大きな鉢に向いている
  • 水がよくしみこみ、浮くものがない
  • 粒が均一で大小がない
  • 粒状の土で通気がよい
デメリット
  • 粒が大きすぎて小さな多肉植物に不向き
  • 水はけが良すぎて保水性が弱い
  • 粒状培養土の成分が不明である
詳細ページ

多肉植物用土おすすめランキング

今回7つの土を調べてみましたが、どの土にもメリット・デメリットがあり特別なおすすめはありませんでした。またこれは絶対避けたほうがよいというものもありませんでした。(△のものは避けた方が無難です…)

(再掲)

花ごころ さぼてん 多肉植物の土 プロトリーフ サボテン・多肉植物の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
〇 (★★★★) △ (★★) 〇~◎ (★★★★)
詳細ページ
Amazon
詳細ページ
Amazon
詳細ページ
Amazon
花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土 プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 サンアンドホープ サボテン多肉植物の土
△ (★★) 〇~◎ (★★★★★) 〇 (★★★★)
詳細ページ
Amazon
詳細ページ
Amazon
詳細ページ
Amazon
アイリスオーヤマ 多肉植物用 ゴールデン粒状培養土
△~〇 (★★★)
詳細ページ
Amazon

そうなるとどれを買ったらよいのか・・となってしまいますが、ベターだと思われた土を3つ紹介します。

  • プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土
  • ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土
  • 花ごころ さぼてん 多肉植物の土
プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土 花ごころ さぼてん 多肉植物の土
プロトリーフ 培養土 室内向け観葉・多肉の土 ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土 花ごころ さぼてん多肉植物の土
0.6L=209円
3.5L=560円
8.4L=1,209円
1L=338円
3L=336円
5L=1,451円
2L=258円
5L=529円
12L=1,185円
詳細ページ
Amazon
詳細ページ
Amazon
詳細ページ
Amazon

この3つは水はけ、水持ち、土の重さ、水の乾き具合など総合的にみて失敗がないのではないかと感じました。この中でも1番の「プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土」が一番無難なのではないかと感じます。

同じ〇がついている、サンアンドホープの土もなかなかよいのですが、粒の大小があるのでふるいにかけないといけません。

市販用土を混ぜることも
また、これ以外の土でも混ぜ合わせることで、お互いの性質を中和できて使いやすい土に改良することも可能です。

たとえば

  • 「プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土」と「花ごころ さぼてん 多肉植物の土」
  • 「ハイポネックス サボテン・多肉・観葉植物の土」と「プロトリーフ サボテン・多肉植物の土」

を1対1で混ぜ合わせるなどです。

土選びは多肉植物を育てる上でも、本当に大切な要素です。

市販の土で手軽に多肉植物の栽培を始めたいと思っている方にとって、これがおすすめ!といえる土が販売されるとよいと思います。

コメント