スポンサーリンク

ハオルシア属(ハオルチア)の特徴と種類・育て方

このページでは、ハオルチア(ハオルシア)属について基礎から丁寧に解説しています。

ハオルシア(ハオルチア)属の写真

ハオルシア 万象万象 ハオルシア 玉扇玉扇 ハオルシア 十二の巻十二の巻(十二の爪)
ハオルシア不明種 ハオルシアアスペラタorトリブネリア ハオルシアのつぼみハオルシアのつぼみ
ハオルシア不明種 不明種 ハオルシア 不明種不明種

ハオルシア属(Haworthia)の特徴

アロエ科(ユリ科・ツルボラン科)
ハオルチア属(Haworthia)
生育型 春秋型
育てやすさ 種類により普通~やや難しい
成長速度 普通~やや遅い
増やし方 品種により葉挿し、株分け、根伏せ、種まき
原産地 南部アフリカ、マダガスカル島など

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

ハオルシアはこんな多肉植物
特徴
大きいものでも15cm程度と小型の多肉植物で、南部アフリカ(モザンビーク、ナミビア、レソト、スワジランド、南アフリカ)が原産地になっています。原種だけでも200種見つかっており、色々な園芸品種も生まれています。一口に「ハオルチア」といっても色々な姿形があり、軟葉系・硬葉系・万象・玉扇などグループ分けされています。世界でも日本でも人気の高い多肉植物で、ホームセンターや園芸店の薄暗い棚に並んでいることが多いです。

分類
生長がやや遅い多肉植物です。アロエ科に分類されている通りアロエの近縁種で、他にガステリア、アストロロバとも近い関係があります。半球形に生長し、光の取り込み口である「窓」を持つものは「軟葉系」、硬い葉を持ち周りに白い模様や縞、リングなどが入るものは「硬葉系」といわれます。その他「玉扇(タマオウギ・ギョクセン)」「万象(バンショウ・マンゾウ)」などを別に分類することもあります。

育て方
日本では春と秋に成長する春秋型で特に「やさしい光」と「風通し」を大切に栽培します。もともと藪の中や岩陰など直射日光が当たらない所に自生している植物なので、日本では一年を通して日光の当てすぎに注意しながら育てます。日本では葉焼けや凍結、根腐れなどを起こしやすく、初心者には少し管理が難しい種類かもしれません。太根タイプなので植え替えや株分けの時などに根を切ったり乾かしたりしないように注意しましょう。

硬葉系と軟葉系とは

  • 軟葉系・・・葉が密集し半球形に生長し、光の取り込み口である「窓」を持つものが多いです。ただ軟葉系でも葉の堅いものがあります。
  • 硬葉系・・・硬い葉をもちアロエのように上に向かって成長します。葉先はとがっていたり三角形のような形が多いようです。透明な窓がなく、葉の周りに白い模様や縞が入りそれがリング状に見えて「ドーナツ」など名前がついているものがあります
  • レース系・・・葉先から細い毛や棘のようなものが生えているタイプで透明な窓がない種類です。

ハオルチアの分類について
ハオルチア属は長らくハオルチア属(Haworthia)としてまとめて扱われてきましたが、最新の分類体系(APG IV)で3属に分離されました。一つ目はこれまで通りのハオルチア属(Haworthia)です。やわらかい葉の軟葉系のほとんどがこれに属します。残りがハオルチオプシス属(Haworthiopsis)トゥリスタ属(Tulista)です。この二つにはほとんどの硬葉系のハオルチアが属します。

育て方のコツ

  • 強い日差しに弱いので春夏秋は強めの遮光が必要
  • 室内でも栽培できるが、通風不足による根腐れに特に注意する
  • 根をカラカラにさせないようにする
  • 生育期は鉢底から流れるほど充分水やりする

年間栽培カレンダー

生育型 春秋型
生育期 3~6月と9~11月
休眠期 7~8月と1~2月
緩慢な時期 3月と12月
水やり
  • 4~5月、9~11月の生育期は、土が乾いたら週に1回ほど鉢底から水が流れ出るまで与える
  • 6月は土が乾いてから、月に3回ほど
  • 7~8月は少し生育が鈍る(半休眠)ため月に2回ほどに抑える
  • 12月~3月は休眠期なので、月に2回ほど鉢の半分くらい(根を乾かさない程度)
置き場所
  • 年間を通して雨よけがある通気のよい所が望ましい
  • 5~9月の生育期は室内の窓辺か、屋外の明るい日陰(70%遮光)
  • 10~11月、3~4月は屋外の明るい日陰(50%遮光)か室内の窓辺
  • 12~2月の5℃を下回る時期は温室か室内の窓辺
植え替え
  • 4~6月、10~11月が適期
増やす
  • 4~6月と10~11月が適期。種類により葉挿し・根伏せ・株分け・挿し木、種まき(実生)ができる
肥料
  • 3~5月に月1~2回、2000倍の液肥を与えてもよい
開花
  • 4~7月頃、白い小さな花を咲かせる

主な種類名

玉扇 (ギョクセン・タマオウギ) Haworthia truncata
万象 (バンショウ・マンゾウ) Haworthia maughanii
グリーン玉扇 Haworthia ‘Lime Green’
オブツーサ Haworthia cooperi var. truncata
ピグマエア Haworthia pygmaea
ギガス Haworthia gigas
トランシエンス Haworthia transiens
ピクタ Haworthia emelyae ‘Picta’
ピリフェア錦白斑 Haworthia coperi var.pilifera variegated
十二の巻 (キンビフォルミス)(12の巻) Haworthiopsis fasciata
冬の星座 (フユノセイザ) Haworthiopsis papillosa
星の林 (ホシノハヤシ) Haworthiopsis reinwardtii var. archibaldiae
瑠璃殿(ルリデン) Haworthiopsis limifolia
十二の光 Haworthiopsis fasciata f. variegata
プミラ Tulista pumila

スポンサーリンク

育て方のポイント

ハオルシア(ハオルチア)は多肉植物としては珍しく強い光に弱い植物で、他の多肉植物と同じように扱っていると葉がやけどしてしまいます。そのため四季を通して半日陰程度の日よけしてやる必要があります。また他の多肉植物より湿度があるところ(60%程度)を好みますが、日本の夏のような高温多湿には弱く根腐れしてしまうこともあります。室内や温室で育てる場合は、第一に風通しに気を配りましょう。半日陰で風通しがよく雨の当たらない戸外の軒下などが理想的な置き場所です。

水やり

水やりハオルシアは基本的に葉に水をため込む性質があるので、普通の植物のような頻繁な水やりは不要です。以下で季節ごとの水やり方法を書いていますが、実際に育てている株の状態を見ながら、土が乾いていないようなら水やりは不要です。土がカラカラに乾いているのを確認してから水やりをしましょう

生育期(4~5月、9~11月)
生育期なので土が乾いたら、週に1回ほど鉢底から水が流れ出るまでたっぷり与えます。ハオルシアは下に根を伸ばす太根タイプなので、表面にちょろっと水をやっただけでは浸透せず、水を吸い込むことができません。必ず鉢底から流れ出るまで与えましょう。

休眠期(6~8月)
夏にかけて生育が少し鈍る「半休眠」に入るので、月に3回ほどの水やりに控えます。梅雨時なので土が乾かなければ完全に乾くまで待ってから与えます。7~8月は半休眠期になり水をあまり吸い上げなくなるので、月に2回ほどの水やりに控えます。蒸れ対策のため、暑い日の朝方ではなく、比較的涼しい日の夕方に与えるようにします。

半休眠期(12月~3月)
寒さのため半休眠状態になり、根が水をほとんど吸い上げなくなります。そのため水を控えめに月1回程度にとどめます。土を軽く湿らせる程度にしましょう。また3℃を下回る頃は必ず室内か温室に取り込み、根を乾かさない程度の水やりを月に2回ほど行います。3℃ですぐ枯れるわけではありませんが、みずみずしくきれいな状態を保つには5℃以下でとの取り込みが推奨されています。室内が乾燥している場合、スプレーで葉水(葉に水をかける)したり、覆いを掛けて湿度を保ったりします。

3月に入ると再び生育が始まるので水やり回数を増やします。外で育てる場合は、寒い時期は午前中に水やりします。夏は逆に夕方に水やりをします。そうすることで凍結や蒸れ腐りを防ぐことができます。

置き場

置き場
ハオルチアの原生地は藪や薄暗い岩影なので、日本では年間を通して光の量を調節する「遮光」をする必要があります。また戸外で栽培する場合は、雨ざらしにしないようにしましょう。ハオルシアを健康に育てるためには遮光ネットの使用がほぼ必須になります。ハオルシアは室内で栽培されるものと思われがちですが、温度や家庭の状況が許すかぎり戸外での栽培が望ましいです。室内でも戸外でも、できるだけ日照時間が長く取れるところが望ましいです。

5~9月
日差しがとても強いので、室内の窓辺に置く場合レースなどをかけます。または外に置く場合は暗めの日陰(70%遮光下)に置きます。

10~11月
日差しが若干弱まるので、屋外の明るい日陰(50%遮光)か室内の窓辺に置きます。

12~2月
凍結対策のため、5℃以下で室内の窓辺に置きましょう。暖地でも最低越冬温度を下回る寒波の時などには室内に取り込まないと溶けて枯れてしまいます。

2~4月
から急に日差しが強くなってくるので、屋外で育てている場合は50%程度の遮光をするか明るい日陰に置きます。室内の場合はそのまま窓辺で管理します。

置き場所の決め方
種類によっても必要な日光の強さは微妙に異なります。そのためどのくらいがよいか判らない場合、ハオルシアを実際に置いてみて、もし株が赤みがかってきたら日差しが強すぎることを意味しています。茶色くなってしまった場合は枯れる心配があるため、ただちに暗い所に移動させます。また逆に白い茎が上に伸びるようなら日差しが足りないサインです。

蒸れを防止するためには
ハオルシアは風通しがとても大切です。外に置く場合は意識しなくても風が当たりますが、室内に置く場合はどうしても不足してしまいます。夏場は扇風機で人工的に空気を送ってやらないと根腐れを起こしてしまうこともあります。一方冬も室内に置く場合、空気が乾燥しすぎていることがあります。いくら乾燥に強い多肉植物といえども、湿度が30%以下の乾いた暖房の空気を一日吹き付けられると干からびてしまいます。ハオルシアを置く室内はなるべく暖房は控えめにしましょう。

参考:ハオルチアの置き場所(遮光環境)の作り方

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し
耐暑性は中くらいです。直射日光に弱いですが暑さ自体にすごく弱いわけではありません。夏は室内に置いていて実測35度近くなることもありますが耐えられます。しかし蒸れや多湿には弱く、室内で育てる場合は窓を開けたり扇風機で風を送ったりしましょう。そうでなければ根腐れを起こしてしまう可能性が高いです。

外で育てる場合は風通しは充分ですが日よけの必要があります。ビニール温室で育てるなら、ビニールカバーを全開にして新聞紙やエアコンカバー、遮光ネットなどで直射日光が当たらないようにします。水やりを控えている状態で、直射日光が当たっていなければ屋外で35℃は耐えられます。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し
最低越冬温度は3℃程度です。0℃まで耐えられますが、安全をみて3℃程度を保ちましょう。きれいに育てるためには最低5℃が必要です。外で育てる場合は必ずビニール温室などに入れ冷気を避けます。そして夜はビニール温室にプチプチ(エアキャップ)などを巻いて寒さをしのぎます。ハオルチアの上に不織布のシートをかけるのも効果があります。しかし簡易ビニール温室やプチプチなどは本格的寒さには耐えられませんので、3℃を下回る予報が出ていれば室内に取り込んだほう安全です。1回でも凍結させるとせっかく育ててきたのに枯れてしまいます。

室内に取り込む時期
室内に取り込む場合は最低一日4時間は日に当てましょう。種類によっては室内であってもレースなどをかけたほうがよいものがあります。日が当たらないと徒長してしまいますので気をつけましょう。また暖房のかけ過ぎには注意し、湿度計と温度計をおいてなるべく湿度40%以下、温度15℃以上にならないように調節しましょう。寒冷地の夜は室内でも窓辺はそこそこ寒くなるので、多肉植物を置いている棚などは分厚いカーテンをひいたり、部屋の真ん中に移動するなど工夫してください。

増やし方

殖やし方
種類によってできる方法が異なります。しかし葉が硬い系も柔らかい系も適切な時期は4~6月、10~11月頃の成長期です。失敗を減らすために適切な時期に作業しましょう。種類により葉挿し、挿し木、株分け、種まき(実生)、根挿し(根伏せ)が行えます。

根ざしは主に万象と玉扇で行えるため、以下のページで解説しています。
根ざしの詳しい方法

葉挿しについても以下のページで解説しています。
葉ざしの詳しい方法

根ざしと葉挿しの実践記録はこちらです。
ハオルチアの万象・玉扇の根ざし・葉挿しの方法と実践経過を解説

株分けの方法:

株分けとは株元付近など(種類によります)にできた子株を親と切り離して別々に植え付けることをいいます。ハオルシアでは株分けが一番殖やしやすく初心者向けともいえます。

手順
まず株を鉢から抜き出して、丁寧に周りに付いている土を落とします。子株は茎と根の境目の部分で親株とつながっている場合が多いので、どのようにつながっているのか確認してから清潔なカッターやナイフなどで丁寧に切り分けます。株分けするときは元気な根(白い根)を残し、枯れた根(茶色く触るとフカフカした根)を取り除きます。そして根が乾かないうちに素早く新しい鉢に植え替えます。他の多肉植物は植え替え後すぐに水やりしてはいけないものが多いですが、ハオルシアは根を乾かさないようすぐに水を与えます。

種まき(実生)の方法

実生(種まき)で殖やすこともできます。葉挿し、株分け、挿し木は親と全く同じものが育ちますが、種から育てた場合親と違う特徴を持った株を得ることができます。種まきの適期は9~10月の秋まきです。(最適な気温は23℃程度です。)ハオルシアの場合は種が採れたらすぐ蒔く「採りまき」が基本で、その年度に採れた種をまきます。種を自分で作るのではなく、通販などで購入した場合は、9~10月頃に蒔きましょう。

手順
蒔き方は鉢にバーミキュライトや赤玉土小粒などを敷き詰め、それを一回り大きな水を張った容器に浸けます。種はパラパラと蒔くか一粒ずつ、先を濡らした爪楊枝で蒔きます。蒔いた後土はかぶせません。鉢は乾燥を防ぐためラップで覆います。1ヶ月ほどで芽が出るので焦らないで待ちます。3ヶ月後で2枚程度の葉が出るのが目安です。種が更に生長し、葉が4枚程度出たら1回目の植え替えを行います。通常の鉢に植え替えて上からの水やりに切り替えます。幼苗のうちは親より更に日差しに弱いので、通常よりさらに20%程度遮光を強めます。

種子の交配方法

ハオルチアは種から育てることができますが、購入した種を蒔くことはもちろん、自分で好みのハオルチアを交配して自分独自の種を採って蒔くことも可能です。以下は種の交配の概略です。

ハオルチアの交配はそれほど難しくありません。自分の気に入っている株を2つ用意し交配させ、採れた種を蒔き、芽が出て葉が育ったら好みの模様や姿をしている個体を残してそれを大きく育てていきます。

手順
手順は花粉が出ている花を1株1つずつ選びそれぞれ花びらを取り除きます。次にむきだしにした花をこすり合わせおしべとめしべが充分にこすり合わさるようにします。うまくいくと両方に種が実ります。交配が成功したら交配した花より先をはさみで切り取ります。受粉が成功するとさやが大きくなるので、切ったストローをかぶせるなどして種が飛び散らないようにします。交配から2~3ヶ月たったらさやが開き始めるのでストローごとさやの下で切り離します。1つの鞘からは10個程度の種が採れます。新鮮なうちに蒔きましょう。また夏や冬など種まきできない時期に採れた種は封筒などに入れて冷蔵庫の野菜室にいれて保管し、生育期になったら蒔きます。

植え替え:

ハオルチアを健康に育てるためには植え替えが必要です。頻度は小さい鉢(3号鉢以下)のうちは1年に1回の植え替え、それ以上になったら2年に1回程度が目安です。

植え替えをしないでいると水はけが悪くなったり肥料分が切れたり、根が古くなって傷んだり、古い根がわさびのように硬くなったり、根詰まりといった症状を引き起こしてしまいます。そのためやや面倒ですがとても大切な作業なので適期に行うようにしてください。時期は4~6月、10~11月頃が適切なタイミングです。

手順
植え替えるときは株を鉢から掘り起こし古い土を丁寧に落とします。茶色く枯れてしまった根は全て取り除き、生きている白い根を残します。根には根ジラミ(白い虫)が付いていないかチェックし、付いていたらその部分を洗い流すか切り落とします。同時に古くなった下葉を取り除きます。そして一回り大きな鉢に植え替えるか株分けなどをして元の鉢に植え戻します。底には中粒の軽石などを敷き、その上に通常の多肉植物の土を入れます。同時に多肉植物用土に緩効性の化成肥料を混ぜ込むとよいでしょう。ハオルシアは植え付けてすぐに軽く水やりを行います。植え替え後2週間程度は通常より暗い所に置きます。

土
土は他の多肉植物と同じように水はけの良いものを選びましょう。市販の「多肉植物用の土」が使えます。また自分で作りたいという場合は、赤玉土3:腐葉土2:ボラ土1などを混ぜます。また赤玉土、鹿沼土、ピートモス(または腐葉土)、軽石、川砂、くん炭、パーライトなどを同量混ぜてもOKです。ポイントは1種類の土ではなくいくつかの土を混ぜることです。ピートモスは酸性でくん炭はアルカリ性が強いなど特徴があるので、混ぜることで性質が偏らない土を作ることができます。

深めの鉢を選ぶ
万象・玉扇は太い根を長く伸ばしていきます。そのため鉢は普通鉢(高さと口径が同じもの)ではなく高さのある「深鉢」が適しています。

肥料

肥料

ハオルシアも肥料が必要
ハオルシアにも肥料が必要です。ハオルシアをピートモスやボラ土など有機成分がほとんど入っていない土で育てるため、微量元素が不足して生育が悪くなることがあります。そのため3~5月や10~11月の生育期に液肥を月1~2回液肥を与えるか、植え替え時に土に緩効性の化成肥料を混ぜ込むとよいでしょう。

効き目の早さ
実は固形肥料や緩効性肥料はすぐの効き目はありません。水やりを繰り返してだんだんと成分が水に溶けて根に吸収されることで効果を発揮します。そのため普通の植物より水やり回数が少ない多肉植物は、効き目がゆっくり出てくる点に注意しましょう。いっぽう液肥は水に成分が溶けていて、水やり代わりに与えて根に届くとすぐに効果が出ます。

肥料の副作用
肥料はやりすぎると茎がヒョロヒョロと倒れる「徒長」や肥料焼けを起こしてしまうので、量が分からない場合は少なめから始めていきましょう。

施肥の例
(例1)液肥の例、ハイポネックス1000~2000倍、生育期に月1~2回、水の代わりに与える
(例2)固形肥料の例、マグアンプK(細粒)を植え替え時に土に混ぜ込む

開花

春から夏(3~6月頃)にかけて株から花茎をひゅっとのばして花を咲かせます。小さい白~ピンク色のユリのような形の花を咲かせるものが多く、一般的にはあまり鑑賞価値がないとされています。また花を咲かせると株を弱らせてしまうため、花に興味が無い場合は花芽を切り取ったほうがよいでしょう。しかし自分のオリジナルの品種を作りたいという場合、交配すれば種を採ることができるので、花を咲かせられる充実した株の栽培を目指しましょう。

ハオルチアは株が充実していないと花を咲かせなかったり、つぼみができても途中で枯れてしまいます。そのため花が咲いたら栽培がうまくいっているサインです。

病害虫

病害虫

病気対策
ハオルシアは一年を通して土をカラカラに乾かさないように育てますが、そのため夏や休眠期は蒸れや根腐れを起こしやすくなってしまいます。また6月頃は溶けて悪臭を放つ軟腐病や黒斑病などを起こすことがあります。このようなカビが原因の病気はベンレートなどの農薬である程度防いだり治したりできます。

害虫対策
害虫ではカイガラムシが葉の付け根についたり、アブラムシがついたりすることがあります。また根には小さな白い虫のネジラミが発生することがあります。ネジラミがつくと生育が悪くなるので、生育が悪くなったときや植え替え時には根の様子を点検しましょう。緩効性のベニカや速効性のあるオルトランを散布すると良いでしょう。

生理障害
生理障害(病気でないダメージ)では直射日光に当てたり、日よけが十分でないと葉がやけどしてしまう「葉焼け」を起こしやすいです。株全体が赤み・茶色を帯びてくることがありますが、これは日差しの強すぎを表しています。病気ではありませんが、このような生理障害にも注意して育てましょう。

コメント