スポンサーリンク

グラプトペタルム属(Graptopetalum)の特徴と種類・育て方

※このページでは、グラプトペタルムを中心に、グラプトペタルムとのかけ合わせ(交配種)である「グラプトベリア」「グラプトセダム」の育て方を紹介。似たような特性をもつのでひとつのページにまとめている。

グラプトペタルム属の写真

朧月朧月 姫秋麗姫秋麗 だるま秋麗だるま秋麗
ミリナエミリナエ

グラプトセダム属の写真

秋麗秋麗 ブロンズ姫ブロンズ姫 桜牡丹桜牡丹
蒼星蒼星 淡雪淡雪 カリフォルニアサンセットカリフォルニアサンセット

グラプトベリアの写真

薄氷薄氷 パープルディライトパープルディライト 白牡丹白牡丹
シテリナシテリナ マーガレットレッピンマーガレットレッピン

グラプトペタルム属(Graptopetalum)の特徴

ベンケイソウ科
育てやすさ:
生育型:春秋型
成長速度:
殖やし方:葉挿し〇 挿し穂〇
原産地:メキシコ・アリゾナ
※グラプトセダムとグラプトベリアはグラプトペタルムとの交配種


※育てやすさ(4段階評価)
◎育てやすい–〇普通–△やや難しい–×難しい

※成長速度(4段階評価)
◎早い–〇普通–△遅い–×とても遅い

グラプトペタルムなどなどはこんな植物
グラプトペタルムは本来アリゾナなどアメリカ南西部からメキシコにかけて自生している20種ほどの多肉植物。原産地では1200m~2300mの高い山に育つ。そのため他の多肉植物と比較して耐寒性が高く、0℃でも大丈夫。朧月などは古い一軒家で雨ざらしのまま群生していることも多い。そんなグラプトペタルムとセダムを交配した種が「グラプトセダム」、エケベリアとの交配種が「グラプトセダム」。

10℃~25℃で一番生育するので、日本では全部春秋型として育てる。グラプトセダムの代表的な種類の「秋麗」は丈夫でどんどん育ち初心者でも育てやすい。またグラプトベリアはエケベリアのバラの形(ロゼット状)とグラプトペタルムの肉厚さを併せ持つ。原種グラプトペタルムも交配種も種類数は決して多くはない。しかし葉がぷっくりしていてかわいい、丈夫で育てやすいので人気の高く、朧月や秋麗、ブロンズ姫など一度は名前を聞いたことがある種類が多い。

年間栽培カレンダー

水やり 4~6月、9~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで
7、8月は月に2回ほど
12~3月は3℃以上の日、月に2回ほど
置き場所 4~6月は直射日光の当たる雨の当たらない屋外
7~8月は雨の当たらない明るい日陰(50%遮光)
9~11月は直射日光の当たる雨の当たらない屋外
12~3月は日当たりの良い窓辺か雨の当たらない屋外
植え替え 生育期の3~6月、10~11月頃が適期
殖やす 生育期の3~6月、10~11月頃に葉挿し、挿し穂、株分け
肥料 生育期の3~6月、10~11月頃に月1回液肥を与える
開花 春(3~5月)頃

主な種類名

グラプトペタルム

朧月 (オボロヅキ) : Graptopetalum paraguayense
姫秋麗 (ヒメシュウレイ) : Graptopetalum mendozae
だるま秋麗 (ダルマシュウレイ) : Graptopetalum
アメジスティヌム : Graptopetalum amethystinum
ペンタンドルム (イエロームーン、新立田):Graptopetalum pentandrum
マクドウガリー: Graptopetalum ‘macdougallii’
菊日和 (キクビヨリ) : Graptopetalum ‘filiferum’
銀天女 (ギンテンニョ) : Graptopetalum rusbyi
都の霞 (ミヤコノカスミ) : Graptopetalum cv.
ミリナエ: Graptopetalum ‘Mirinae’
キュート : Graptopetalum ‘Cute’
ブルービーン : Graptopetalum ‘Blue Bean’
蒼星?

グラプトベリア

薄氷 (ハクヒョウ) : Graptoveria
初恋 (ハツコイ) : Graptoveria cv. Huthspinke
メルヘン : Graptoveria
ピンクプリティー : Graptoveria
デビー : Graptoveria ‘Debii’
アメトルム : Graptoveria ‘Amethorum’
スーパースター : Graptoveria ‘Super Star’
スプライト : Graptoveria ‘Sprite’
ファニーフェイス : Graptoveria ‘Funy face’
ルージュ : Graptoveria ‘Rouge’
白雪日和 (シラユキビヨリ) : Graptoveria ‘Sirayukibiyori’
バイネシー : Graptoveria ‘Bainesii’
グリムワン (不明) : cv. ‘Grim One’
白牡丹 (朧月×静夜) : E.derenbergii × Graptopetalum paraguayense cv. Sirobotan ‘Titubans’
シルバースター : ‘Silver Star’
マーガレットレッピン (菊日和×白牡丹) : Graptopetalum filiferum×Graptoveria ‘Titubans’ ‘Margarete Reppin’
パープルディライト : ‘Purple Delight’
オパリナ (コロラータ×アメジスティヌム) : E.colorata var.colorata×Graptpetalum amethystinum
パープルドリーム : ‘Purple Dreams’
シテリナ (アガボイデス×朧月) : E.agavoides × Graptopetalum paraguayense Siterina

グラプトセダム

カリフォルニアサンセット: Graptosedum
秋麗 (シュウレイ) : Graptosedum ‘Francesco Baldi’
淡雪 (アワユキ) : Graptosedum
ブロンズ姫 (ブロンズヒメ) : Graptosedum paraguayense cv.Bronze
グローリア : Graptosedum ‘Gloria’
リトルビューティー
桜牡丹 (朧月×セダムsp.) : Graptosedum ‘Ghosty’

育て方のポイント

水やり
10℃~25℃で最も生育する春秋型なので、生育期(3~6月、10~11月)は土が乾いたら鉢底から流れるまでしっかりと水やりする。30℃を超える日本の真夏は若干生育が弱まり水の吸い上げが減るので水やりは、月に2回くらいに抑える。真夏は葉に水が残らないように水やりをする。エケベリアの葉の真ん中のような所に水が溜まったら、吹き飛ばすかティッシュなどで吸い取った方がよい。また高山という自生地の特徴から寒さには比較的強く0℃まで耐えられる。しかし葉が凍ると見た目も悪くなり最悪枯れてしまうこともあるので、12月から3月の間で3℃を下回るときは水やりをやめるか、室内や温室にいれて水やりをする。温暖な地域で葉が凍らなければ、外で越冬することも出来る。耐寒性を高めるためにも冬の水やりは少ない方が良い。

置き場
日本の7~8月は日差しが強すぎるので、雨がかからない屋外の明るい日陰(半日陰=50%遮光)に置く。成長期の4~6月と9~11月は直射日光の当たる雨の当たらない屋外でなるべく日に当てる。12~3月は日当たりの良い窓辺か雨の当たらない屋外に置く。グラプトペタルムは寒さには強く0℃を下回ってすぐかれることはない。しかし葉が傷んでしまうことがあるので、なるべく3℃を下回ったら室内や温室に取り込む。高山は気温が低く、湿り気が少ないので、日本の蒸し暑さに弱い。風通しの良いところを選んで置くことも大切。

越冬最低温度
グラプトペタルムもエケベリアも0℃に耐えられるので、基本0℃で枯れることはない。しかし水やりをしたばかりの日や水やりが多すぎて葉に水分がたくさんあるときは凍って枯れてしまうこともある。そこまでいかなくても葉が傷むので、きれいに育てたい場合は3℃以下では室内か温室で管理した方が安全。

殖やし方
グラプトペタルムは初心者でも簡単に繁殖できる。まず「葉挿し」。自分で葉をもいで土に転がしていても根や芽が出てくるし、鉢の中に落ちた葉から勝手に芽と根が出て株が育つこともあるほど簡単。そしてもちろん枝を切って土にさせば挿し穂もできるし、数年育てて群生するようになったら株分けもできる。時期はやはり厳冬や猛暑の期間は苦手で、春秋型の生育のいい10℃~25℃の3~6月、10~11月頃がうまくできる。葉挿しの葉を自分で採るときは、1週間くらい親株の水やりを控えておくと簡単にもげやすい。挿し穂は徒長して仕立て直すときに出来た枝の下葉を数枚取り除いたものを活用できる。種まきもできないことはないが、管理が難しいので中級者以上向け。寒くなってしまったり、暑くなってしまうととたんに繁殖力が落ちるので繁殖の適期になったらすぐ取りかかりたい。


土は普通の多肉植物の土を使う。花と果物の土などの一般植物用の土だと養分や保水性が高すぎて徒長してしまう恐れがある。自分でブレンドするなら赤玉土(中粒)を中心に3:鹿沼土3:軽石1:腐葉土3などが考えられる。

病害虫
多肉植物のなかでは病害虫に強いが、あまりにも高温時期に雨ざらしにすると軟腐病など腐敗菌がついてしまうことがある。枯れ葉はなるべくはやく摘み取ること。また他の多肉植物と同じようにアブラムシやカイガラムシがつく可能性がある。朧月などは農薬や殺菌剤がかかりにくい粉がついていることがあるので粒剤の殺虫剤をまいておくといい。

育て方のコツ

  • 茎が異常に伸びている→グラプトペタルム類は特に日照不足に注意!よく日に当てること
  • 紅葉しない→オレンジや赤・紫など紅葉させるには、生育期の日照時間をなるべく長くして水と肥料を控えめにする
  • どんな葉を葉挿しに使えば良いか?→葉挿し用の葉は小さいもののほうが発根や発芽がよい(が小さすぎると体力が少なく、充分芽が育つまでもたないこともあるので中間くらいの大きさの葉を)
  • だるま秋麗に斑か病気のようなイボがでてきた?→だるま秋麗の特性でもともと出てくるものなので心配いらない
ワンポイント

  • グラプトペタルムは基本、エケベリアと同じような栽培方法でOK
  • 葉挿しでよく殖えるので観察が面白く、また成長が早く丈夫なので初心者向きの多肉植物
  • グラプトセダムやグラプトベリア、グラプトペタルムの分類が図鑑によって異なるが近縁なのであまり深く気にしなくていい。

※多肉植物にかかわらず、植物は最近のゲノム解析で科や属がよく変わってしまうことがある

管理人コメント

育てた感じはエケベリアと同じような感じなので、エケベリアのコメントから引用

「初めてだと困るのが水やりの量。プラスチック鉢か駄温鉢か、テラコッタか、また保水性のよい土を使っているか、すぐ乾く多肉土を使っているかにもより、グラプトペタルムは何回、といったことが言えない。

例として福岡県(温暖)で、赤玉土3:ボラ土2:腐葉土2:バーミキュライト1の土で、駄温鉢の場合、4~6月は月4回くらい、7~8月は15日に1回くらい、9~11月は月4回くらい、(12~2月は未体験)がうまく成長している。プラスチック鉢は駄温鉢などと比べて断然蒸発が遅いので、もっと頻度を減らす。水やりの量は季節関係なくまた葉挿しで育てた1年目は苗が小さく乾きに弱いのでもう少し頻度を多くした方がよい。根が鉢底まで張っていないので鉢底から流れ出るほど与えると乾きが遅くて徒長してしまう。

その他の環境の場合の目安は、1週間以上土が湿らないこと。2日くらいで表土が乾き、5日くらいで鉢中まで乾くのが目安。

置き場所は、3~5月は日に5時間以上直射日光があたるところ、6~9月は朝だけ2時間直射日光が当たり、その他の時間は明るい日陰、10~2月は未体験。でうまくいっている。また水やりした直後3日は蒸れや葉焼けで起こる急な枯れ予防に明るい日陰を置くようにしている。」

グラプトペタルム、グラプトセダム、グラプトベリア、固有の注意点

  • 真夏に水をやってすぐ直射日光を当てると高温で葉が溶けてしまう。28℃以上では遮光して水やり後管理した方が安心。
  • 挿し穂などするときは切り口をよく乾かす。すぐに(1週間くらい)で発根する。
  • 姫秋麗は葉がとても取れやすいので触らないように気をつける。ちょっとした刺激でぽろっといってしまう。
  • 自宅近辺の古い民家をよく見ると玄関や軒下などに朧月が結構ある。探すのも楽しい
  • 生育が早い反面徒長もしやすいので保水性の高い土は向いていない
  • 生育が早いので寄せ植えにするとグラプトペタルムがひとりで大きくなってしまうくらい。
  • 植え替え後は株が弱るので2週間くらいは直射日光に当てない。

コメント