スポンサーリンク

プレクトランサス属-アロマティカスの特徴と種類・育て方

プレクトランサス属の写真

アロマティカスアロマティカス none none

プレクトランサス属(Plectranthus)の特徴

シソ科
プレクトランサス属
生育型 夏型
育てやすさ 育てやすい
成長速度 早い
殖やし方 さし芽
原産地 南アフリカ、熱帯、亜熱帯など

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

アロマティカスはこんな植物
日本ではプレクトランサスの中で「アロマティカス」が一番身近に育てられている。シソ科からも分かるとおりとても強いハーブの香りを漂わせる。それは葉をさわるだけで手に香りが移るほど。亜熱帯アジア、南アフリカ、オーストラリアなど広い地域でおよそ100種類が知られている。

育てやすく殖やしやすい
初心者でも育てやすい夏型のハーブ多肉。繁殖力が強く挿し木していると、すぐ鉢が一杯になってしまう。水もよく春から秋にかけては数日おきに水やりが必要になる。一方寒さには弱く、冬の間は5℃(できれば10℃)以上保てるところに置きたい。光線不足で葉が黄色になるので、しっかり日光に当てて緑色を鮮やかに濃くする。多肉植物は紅葉するものが多いが、アロマティカスは冬でも緑色を保っている。

育て方のコツ

  • 寒さに弱いので5℃以下になったら室内に取り込む
  • 真夏以外はしっかり直射日光に当てる
  • 生育期の間は他の多肉植物より水やりを多めにする
  • 休眠時は水やりを控えて低温にさらさないようにする

年間栽培カレンダー

夏型
生育期 4~10月
休眠期 12~2月
緩慢な時期 3月、11月
水やり
  • 4~6月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に2回程度)
  • 7~8月はやや控えめに鉢底から流れるまでを週に1回程度
  • 9~10月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に2回程度)
  • 11月と3月はやや少なめの量を2週に1回程度
  • 12~2月は鉢の半分くらいを濡らす程度を2~3週に1回程度
置き場所
  • 年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に
  • 3~6月は直射日光の当たる屋外
  • 7~8月は明るい日陰(50%遮光)
  • 9~11月は直射日光のあたる屋外
  • 12~2月は5℃以下なら日当たりの良い窓辺に
植え替え
  • 5~9月頃が適期
殖やす
  • 5~9月頃に挿し木
肥料
  • 4~9月頃の生育期は月1回液肥を与える
開花
  • 9~11頃

主な種類名

アロマティカス Plectranthus amboinicus
パステルミント Plectranthus ‘Pastel mint’
休眠期とは?
多肉植物の日本での栽培は自生地の環境と異なる。そのため日本の寒さや暑さに耐えられなくなると生育が鈍ったり成長が止まったりする。その時期のことを「休眠」という。時期は種類によって異なり、夏に休眠するタイプと冬に休眠するタイプがある。休眠期は生育が鈍るので肥料や水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控える。

育て方のポイント

水やり

水やりアロマティカスは全体的に普通の草花感覚で育てられる多肉植物で、水やりも他の多肉植物よりかなり多めになる。多めといってもやはり多肉植物なので保水力があり、水やりを多少忘れても枯れたりはしない。鉢や土の種類によって幅が出るので、水やりは週1回と決めず、土がカラカラに乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えるのが基本になる。

具体的には生育期の4~6月は土が乾いたら鉢底から流れるまで、およそ1週間に2回ほど。7~8月は高温での根腐れを防ぐためにやや控えめに鉢底から流れでない程度を週に1回ほど。9~10月はよく生育し土が乾いたら鉢底から流れるまで、1週間に2回程度与える。休眠を控え11月から回数を減らしやや少なめの量を2週に1回程度にする。12~2月は休眠中なので、鉢の半分くらいを濡らす程度を2~3週に1回程度にする。3月から再び回数を増やしていく。

寒い時期は暖かい朝~昼に水をやり、暑い時期は涼しくなる夕方に水を与える。そうすると蒸れや凍結を予防できる。また夏・冬は水分を控えることで耐寒性・耐暑性が上がる。冬、室内で育てる場合は徒長防止に水を控えめにする。

置き場

置き場年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に置く。基本的には直射日光によく当てるが、7~8月は日差しが強すぎるので遮光するか日陰に移動する。光線不足で葉の色が薄く黄色っぽくなるので、様子を見ながら場所を決めていく。

具体的には、3~6月は直射日光の当たる屋外に置く。7~8月は明るい日陰(50%遮光する)。9~11月は直射日光のあたる屋外に、12~2月もできれば戸外で育てたいが、5℃以下になる場合は室内に取り込む。日当たりの良い窓辺などを確保する。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し耐暑性は強く、真夏も直射日光に当てさえしなければ元気に育つ。7~8月は遮光ネットで覆って風通しをよくし、夕方に水やりするようにすれば根腐れの心配もない。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し最低越冬温度は5~10℃、日本の冬ではほとんど室内で育てることになる。5℃を下回ってもすぐ枯れるわけではないが、葉の周囲が茶色くなったり葉が落ちたりするので、室内が安心。

殖やし方

殖やし方挿し木はかなり簡単にできるグループで、暖かな気候の5~9月に行うとうまくいく。方法は株の中でも元気に生育している枝を5cmほど切り取って数日切り口を乾かす。夏場は自然と根がでるので、少し出たら土に挿して少量ずつ水を与え始める。ここまでは明るい日陰に置いておく。3週間ほどでしっかり根が出るので、その後は親株と同じ環境で育てる。

植え替え

成長が早いアロマティカスは定期的に植え替えしてやる必要がある。植え替えしないでおくと鉢いっぱいになった所で成長が止まってしまう。植え替えは生育期の3~9月に行う。特に3~6月は適期で失敗が少ない。寒い時期や休眠期に植え替えると、株にダメージを与えることがあるので避ける。

具体的な方法は、土をほぐしやすくするため植え替え前4~5日は水やりを控える。株を鉢から抜き出したら枯れた葉や傷んで茶色くなった根を取り除く。白い根は生きている根なので切らないように気をつける。根が鉢の中でパンパンになっている場合は、根の三分の一をカットして更新する。その後、緩効性肥料を少量混ぜ込んだ新しい土を用意し植え込む。最初の1~2週間は明るい日陰で管理し軽く水をやる。

土と鉢

土土を選ぶときは肥料分がほとんど入っていない多肉植物・サボテン要の土を使うか、自分で配合したものを使う。市販の多肉サボテンの土は水はけがよすぎたり粒が大きすぎたりすることがあるので、適宜水持ちをよくする小粒の赤玉土や鹿沼土などを入れ込んでもいい。自分で作る場合は単用(1種類の土だけ)はせずできれば4種類以上の土を混ぜるのが理想的。

(例)赤玉土1:腐葉土1:鹿沼土1
(例)赤玉土3:ピートモス3:ボラ土2:鹿沼土1:川砂1:くん炭1

鹿沼土、ピートモスは酸性、くん炭はアルカリ性なので色々な土を混ぜることで性質を中和することができる。
鉢は特に選ばないが、大きすぎる鉢は避ける。繁殖力が強いので増やすぎ防止には好みのサイズの鉢に植える。

肥料

肥料肥料がなくても育つが、葉の色が悪くなったり微量要素が不足することがあるので、生育期の5~10月に月に1回ハイポネックスなど液肥を水やり代わりに与えると良い。

病害虫

病害虫病害虫は特に心配ない。

によくあるトラブル

  • 葉が黄色くなってきた・・・肥料不足や日光不足が考えられる
  • 成長が悪くなってきた・・・根詰まりの可能性があるので植え替えして根を更新し土を新しくする
  • カットした苗からなかなか根が出ない・・・秋の遅くや冬だと根が出ないので、生育期に挿し木するとよい

コメント