こちらから文字サイズを変更できます
スポンサーリンク

ユーフォルビア属(Euphorbia)の特徴と種類・育て方

ユーフォルビア属の写真

ユーフォルビア オベサ(玉形)オベサ ユーフォルビア ホリダ(玉形)ホリダ ユーフォルビア 瑠璃晃の花瑠璃晃の花
ユーフォルビア 奇怪々島(根塊)奇怪々島 ユーフォルビア 飛竜(根塊)飛竜
ユーフォルビア 大正キリン(柱)大正キリン ユーフォルビア 白樺キリン(柱)白樺キリン
ユーフォルビア ミルクブッシュミルクブッシュ ユーフォルビア 花キリン花キリン ユーフォルビア 花キリン花キリン

ユーフォルビア属(Euphorbia)の特徴

トウダイグサ科
ユーフォルビア属
生育型 夏型・春秋型
育てやすさ 種類による
成長速度 種類による
殖やし方 挿し木、種まき、根ざし
原産地 マダガスカル、アフリカ

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

ユーフォルビアはこんな植物
種類数がとても多い
ユーフォルビアは熱帯から温帯に2000種類ほど自生している大きなグループで、多肉化したものも500種類ほどある。草姿もサボテンに似ているもの、塊根ができるもの、タコものと呼ばれる種類、木のような形になるタイプなど5つのグループに分けられている。多くは葉が退化してトゲが有りサボテンのように見えるが、刺座(しざ)がないためサボテン科ではない。

寒さと取り扱いに注意
ユーフォルビアは熱帯~温帯の植物なので日本の寒さは苦手。冬は5℃以下になったら室内に取り込む必要がある。夏に生育する夏型のものと穏やかな気候を好む春秋型の2つがある。花キリンなど育てやすいグループもあれば、難易度が高い品種もある。ユーフォルビアは樹液に毒があり、手につくとかぶれてしまう。挿し木の時に出てくる白い樹液は触らないようにし、ビニール手袋などを使ったほうがよい。植え替え作業の時は鋭い棘に気をつける。根の極度の乾きには弱いので、鉢をカラカラにさせないようにする。

育て方のコツ

  • 寒さが苦手なので5℃以下になったら室内に取り込む
  • 多くは夏型だが、春秋型もありそれぞれ育て方が異なる
  • 水やりを好むものは普通の植物なみに水を与える
  • 一年を通して雨ざらしにしない
  • 休眠期も根をカラカラにさせない程度の水やりが必要

年間栽培カレンダー

夏型の場合

夏型種の場合
生育期 5~10月
休眠期 12~2月
緩慢な時期
水やり
  • 3~10月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 7、8月は月に2回程度、量も少なめに
  • 9~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 12~2月は断水か表面を濡らす程度を月に1回程度
置き場所
  • 年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に
  • 4~6月は直射日光の当たる屋外
  • 7~8月は明るい日陰(50%遮光)
  • 9~11月は直射日光のあたる屋外
  • 12~3月は雨の当たらない屋外か、5℃以下ならは日当たりの良い窓辺や温室など
植え替え
  • 5~8月頃が適期
殖やす
  • 5~7月頃にさし芽、株分け、種まき
肥料
  • 植え付け時に緩効性肥料か、5~8月頃に月1回液肥を与える
開花
  • 12~1月頃

春秋型の場合

春秋型種の場合
生育期 9~11月と2~4月
休眠期 7~8月
緩慢な時期 12~1月
水やり
  • 2~5月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 6~9月は断水か表面を濡らす程度を月に2回程度
  • 10~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 12~1月は表面を濡らす程度を月に1回程度
置き場所
  • 年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に
  • 4~6月は直射日光の当たる屋外
  • 7~8月は明るい日陰(50%遮光)
  • 9~11月は直射日光のあたる屋外
  • 12~3月は雨の当たらない屋外、5℃以下ならは日当たりの良い窓辺や温室など
植え替え
  • 9~11月頃が適期
殖やす
  • 10~11月頃に挿し木、種まき、株分け
肥料
  • 植え付け時に緩効性肥料、9~11月頃に月1回液肥を与える
開花
  • 12~2月頃

主な種類名

ユーフォルビアは5つに分類されている。

球形種
(玉サボテンに似ている)
オベサ、ギムノカリキオイデス、シンメトリカ、スザンナエ、バリダ、ホリダ、峨眉山、群星冠、鉄甲丸など
塊根性種
(塊根ができる)
アエルギノーサ、奇怪ヶ島、トリカデニア、キリンドリフォリア、トルチマラ、飛竜など
タコもの類
(茎がタコの足のように伸びる)
フスカ、九頭竜、金輪際、孔雀丸
樹木型
(柱サボテンに似ている)
キリン冠、五彩閣、姫キリン、勇猛閣、彩雲閣、墨キリン、大正キリンなど
花キリン類 花キリン、大花キリン、アンカレンシス、ベハレンシス、ホロンベンセ
花麒麟 (ハナキリン) Euphorbia milii
オベサ Euphorbia obesa
峨眉山 (ガビザン) Euphorbia ‘Gabizan’
奇怪々島 (キカイガシマ) Euphorbia squarrosa
キリンドリフオリア Euphorbia cylindrifolia
金輪際 (コンリンザイ) Euphorbia gorgonis
ゴルゴニス Euphorbia gorgonis
白樺麒麟 (シラカバキリン) Euphorbia mammillaris
蘇鉄麒麟 (ソテツキリン) Euphorbia ‘Sotetsukirin’
大正麒麟 (タイショウキリン) Euphorbia officinarum
多宝塔 (タホウトウ) Euphorbia melanohydrata
稚児キリン (チゴキリン) Euphorbia pseudoglobosa
鉄甲丸 (テッコウマル) Euphorbia bupleurifolia
白衣ホリダ (ハクイホリダ) Euphorbia horrida
プレシステンス Euphorbia persistens
紅彩閣 (コウサイカク) Euphorbia enopla
ホリダ Euphorbia horrida
ホワイトゴースト Euphorbia lactea ‘White Ghost’
ミルクブッシュ Euphorbia tirucalli
瑠璃晃 (ルリコウ) Euphorbia susannae
孔雀丸(クジャクマル) Euphorbia flanaganii
怒竜頭(イカリリュウズ) Euphorbia micracantha
アエルギノーサ Euphorbia aeruginosa
クラビゲラ Euphorbia clavigera
キリンドリフォリア Euphorbia cylindrifolia
デカリー Euphorbia decaryi
蓬莱島(ホウライジマ) Euphorbia decidua
グリーンウェイ Euphorbia greemwayii
グロエネワルディー Euphorbia groenewaldii
ギムノカリキオイデス Euphorbia gymnocalycioides
レウコデンドロン Euphorbia leucodendron
パキポディオイデス Euphorbia pachypodioides
ペルシステンス Euphorbia persistens
ポイソニー Euphorbia poisonii
笹蟹(ササガニ) Euphorbia pulvinata
ルゴシフローラ Euphorbia rugosiflora
クアルチコラ Euphorbia quartzicola
闘牛角(トウギュウカク) Euphorbia shoenlandii
飛竜(ヒリュウ) Euphorbia stellata
ステノクラダ Euphorbia stenoclada
弁財天(ベンザイテン) Euphorbia venenata
青珊瑚(アオサンゴ) Euphorbia tirucalli
休眠期とは?
多肉植物の日本での栽培は自生地の環境と異なる。そのため日本の寒さや暑さに耐えられなくなると生育が鈍ったり成長が止まったりする。その時期のことを「休眠」という。時期は種類によって異なり、夏に休眠するタイプと冬に休眠するタイプがある。休眠期は生育が鈍るので肥料や水やりを控え、挿し木や株分けなど株へ負担をかける作業を控える。

育て方のポイント

ユーフォルビアは2つのタイプがあり、夏型は20~35℃で最もよく生育し、日本では春・夏・秋にあたる。10℃を下回る冬には休眠する。一方、春秋型は10~25℃で最も生育し、日本では春秋にあたる。気温が高い夏は休眠する。どちらも耐寒性は弱く5℃を切ったら室内に取り込む必要がある。

広い地域に生息しているので同じ夏型でも好む環境は異なる。花キリン類と樹木型は高温と強い光を好み、夏でもよく日に当てて育てる。球形型とタコもの類、塊根性種は穏やかな季節を好み、夏は直射日光に当てないようにする。

水やり

水やり夏型の場合
生育期の3~10月は土が乾いたら鉢底から流れるまで、1週間に1回程度を与える。暑さに弱い一部の種類は7、8月は月に2回程度を控えめの量与える。9~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)、12~2月は断水か表面を濡らす程度を月に1回程度にする。根の乾きに弱いので冬は暖かい所に置いて月1回くらい水やりするのが理想。

春秋型の場合
2~5月は生育期で土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)与える。6~9月は土が乾いたら少なめを月に2回程度、10~11月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)、12~1月は断水させるか、表面を濡らす程度を月に1回程度にとどめる。

種まきで育てている小さな苗は親株より水切れに弱いので、こまめに水やりをしたほうがよい。またユーフォルビアは根の極端な乾燥を嫌うので、休眠期でも土をカラカラに乾かさないようにする。

寒い時期は暖かい朝~昼に水をやり、暑い時期は涼しくなる夕方に水を与える。水やりを控えめにすると耐暑性と耐寒性が強くなる。

花キリン類や樹木型のグループなど、強い品種は雨ざらしでも大丈夫で、他の種類より多めに水を与える。

置き場

置き場年間を通して風通しのよいところに置く。花キリンなどは夏でも直射日光に当ててよいが、弱い品種は遮光してやる必要がある。樹木型や花キリンは雨ざらしにできるが、それ以外は雨よけのある所で育てる。冬に5℃を下回ったら温室か室内に取り込む。

夏型の場合
4~6月は直射日光の当たる屋外に、7~8月は明るい日陰(50%遮光)するが花キリンや樹木型は日なたに出してよい。9~11月は直射日光のあたる屋外に置き、12~3月は雨の当たらない屋外で育てる。寒さに弱く冬に5℃を切ったら日当たりの良い窓辺や温室などに移動させる。

春秋型の場合
4~6月は直射日光の当たる屋外に、7~8月は明るい日陰(50%遮光)に置く。9~11月は直射日光のあたる屋外で管理し、12~3月は雨の当たらない屋外、5℃以下なら日当たりの良い窓辺や温室などに取り込む。

室内に取り込む場合、日光不足に気をつける。日光不足と水やりのしすぎで間延び(徒長)するので1日最低4時間直射日光が当たる所が望ましい。冬に取り込む室内に場合は断水ではなく少しずつ少量の水を与えるのが理想。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し花キリンなど高温に強いグループは、直射日光によく当て水も充分に与える。穏やかな環境を好む種類は、50%程度遮光するか明るい日陰に置き、水やりも少なくなるべく涼しく過ごさせる。

梅雨時は週1回など固定せず、鉢が乾くまで水やりをしないようにする。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越しユーフォルビアの最低越冬温度は5℃、寒さに弱いので冬は暖地でも室内や温室への取り込みが必要になる。外で越冬する場合は断水する(一切水をやらない)。室内に取り込んだ場合、断水せず少量の水を与える。徒長を防ぐため、暖かい日は外に出して日光に当てる。

水やりを控えると耐寒性が上がり2~3℃でも耐えられるようになる。

殖やし方

殖やし方ユーフォルビアは挿し木と種まき、根ざしで殖やせる。時期は夏型の場合5~7月に、春秋型の場合は10~11月に行う。

さし芽の方法
型に応じて適期に元気な枝を切り取る。切り取り後切り口から白い樹液が出るが、これは根を出にくくする作用があるので水で洗い流すか拭き取る。土を湿り気味にして半日陰に置いておくと2~3週間ほどで発根する。

種まき(実生)の方法
種まきも型によって春と秋に行う。種まきした小苗は生育をよくするため肥料を与え、水を切らさないようにする。

植え替え

全般的には2~3年に1回植え替えるが、生育の旺盛な花キリンは年に1回植え替え作業を行う。植え替え時は根を乾かさないよう手早く作業する。夏型は5~8月に、春秋型は9~11月頃が適期。冬の間の植え替えは避ける。

土と鉢

土土は他の多肉植物と同じように、水はけと通気性のよい土を使う。

肥料

肥料植え付け時に緩効性肥料を土に混ぜ込む。夏型は5~8月頃に月1回液肥を与え、春秋型は9~11月頃に月1回液肥を与える。

病害虫

病害虫冬に水やりをしすぎると根腐れすることがある。乾燥時にはハダニ、梅雨時にはナメクジ、カタツムリがつきやすい。

ユーフォルビアによくあるトラブル

  • 花が咲くのに種が採れない・・・ユーフォルビアは雌雄異株で雄花と雌花が別々に咲く。そのため手作業で受粉させる必要がある
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・

コメント