スポンサーリンク

プレイオスピロス属(Pleiospilos)の特徴と種類・育て方

プレイオスピロス属の写真

帝玉帝玉 令和の桃子令和の桃子

プレイオスピロス属(Pleiospilos)の特徴

ツルナ科
育てやすさ:×
生育型:冬型
成長速度:×
殖やし方:葉挿し× 株分け〇
原産地:南アフリカ


※育てやすさ(4段階評価)
◎育てやすい–〇普通–△やや難しい–×難しい

※成長速度(4段階評価)
◎早い–〇普通–△遅い–×とても遅い

プレイオスピロスはこんな植物
一言でいうと:
特徴:
育て方:

年間栽培カレンダー

水やり
置き場所
植え替え
殖やす
肥料
開花

主な種類名

令和の桃子 (レイワノモモコ) : Pleiospilos
帝玉 (テイギョク) : Pleiospilos nelii ‘Teigyoku’
青鸞 (セイラン) : Pleiospilos simulans
鳳卵(ホウラン): Pleiospilos bolusii
陽光(ヨウコウ): Pleiospilos compactus ssp.canus
巨鳳(キョホウ): Pleiospilos compactus ‘Magnipunctatus’
紅帝玉(べにていぎょく): Pleiospilos nelii ‘Royal Flash’
明玉(めいぎょく):Pleiospilos hilmari
エンビィ: Pleiospilos ‘Envy’

育て方のポイント

水やり

置き場

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

越冬最低温度と冬越し方法

殖やし方

挿し芽の方法:

葉挿しの方法:

株分けの方法:

種まきの方法:

植え替え:

肥料

開花

病害虫

育て方のコツ

失敗してしまう人へ

管理人コメント

ワンポイント

コメント