スポンサーリンク

パキフィツム属(パキフィッツム)・パキベリアの特徴と種類・育て方

パキフィツム属の写真

月美人月美人・星美人 桃美人桃美人 グラウクムグラウクム
紫麗殿(シレイデン)紫麗殿

パキベリア属の写真

月下美人月下美人

パキフィツム属(Pachyphytum)・パキベリア属(Pachyveria)の特徴

ベンケイソウ科
育てやすさ:普通
生育型:春秋型
成長速度:遅い
殖やし方:葉挿し〇 挿し穂〇
原産地:


※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

パキフィツムはこんな植物
属一言でいうと:むっちりしていて茎が太く全体に白い粉をまとう多肉植物。メキシコの高さ600~1500mほどの地域に自生している。原種はたった20数種類しかなく、国内でも流通している種類数もそう多くはない。しかし星美人や月美人、オビフェルムなど人気の高い品種が多い。名前のPachyphytumはギリシャ語の「厚いpachys」と「植物phyton」という語から来た。最近人気があるようだが、実は明治時代から栽培されているロングセラーである。

特徴:パキフィツムは成長がかなり遅い方で一年に数枚しか葉が出ず、成長が止まっているように感じる。葉挿しで育てるにも時間がかかり1年間で2cmくらいにしかならない。寒くなる紅葉して白い粉を通して株全体が赤色~紫などに変わって美しい。粉は取れてしまうともう再生しないので植え替え時などにうっかり触らないように注意したい。

育て方:日本では春と秋に成長する「春秋型」といて栽培する。栽培上の注意点は大きく分けて2つ。1つ目は多湿に弱いこと。日本の夏は湿気が多いので水やり回数は減らし風に良く当て蒸れ・根腐れを防ぐ。2つ目は雨、雨ざらしにすると水分で徒長するほか、パキフィツムの粉の美しさが台無しになってしまう。夏は葉がもげやすく丁寧に取り扱いたい。

パキベリアについて
パキフィツムは自然界にもともと生息していた「原種」。パキベリアはパキフィツムとエケベリアを人工的に交配して作られたもので「交配種」という。パキベリアは親のどちらかがパキフィツムなので、性質がパキフィツムと似ており、ほぼ同じように育てることができる。

年間栽培カレンダー

水やり 生育期の3~5月、9~11月は土が乾いたら10日に1回ほど鉢内が充分湿るぐらい水をやる
6月から水やり回数を減らす
7~9月は月に1~2回ほど与える
12~2月は休眠期なので月1~2回程度、鉢内を軽く湿らせる程度に
置き場所 3~5月は屋外の日なたに
6~9月は日差しが強すぎるため50%遮光(明るい日陰)に
10~11月は屋外の日なたに
12~2月も基本屋外の日なたに
0℃を下回る場合は温室か室内の窓辺に取り込む
(年間を通して雨ざらしにしない)
植え替え 生育期の3~5月、9~11月に
殖やす 生育期の3~5月、9~11月に挿し木、葉挿し、株分け
肥料 ほとんど要らないが、生育期の3~5月、9~11月に月1回2000倍の液肥を与えても良い
開花 春(2~4月)に花芽が伸びてその咲きに咲く(ピンク・橙)

主な種類名

パキフィツムの品種

星美人 (ホシビジン) Pachyphytum bracteosum
月美人 (ツキビジン) Pachyphytum oviferum cv.
月花美人 (ゲッカビジン)
グラウクム
紫麗殿 (シレイデン)
フーケリー
桃美人 (モモビジン)
青星美人 (アオホシビジン)
ガンゾー Pachyphytum ‘Ganzhou’
ベビーフィンガー Pachyphytum rzedowskii(?) ‘Baby Finger’
フレーベル Pachyphytum glutinicaule
ウェルデマニー Pachyphytum werdermannii
キムナッチー Pachyphytum ‘Kimnachii’
コエルレウム Pachyphytum coeruleum
ビリデ Pachyphytum viride
千代田松 (チヨダノマツ) Pachyphytum compactum

パキベリアの主な品種

立田(タツタ) Pachyveria scheideckeri
霜の朝 (しものあした)(オビフェルム × カンテ) Pachyveria ‘Powder Puff’
都踊り (みやこおどり) Pachyveria ‘clavifolia’

育て方のポイント

水やり

水やりパキフィツムは多肉植物の中でも乾燥に強いタイプなので水やり回数はとても少ない。しかし全く与えないと枯れてしまう。そこで土が鉢の中までカラカラくらいになり鉢を持った感じもとても軽くなったら水をやる。ただ気をつけないといけないのが水は控えめといっても1回の水やりはたっぷりやること。年間を通して1回の水やりの量はほとんど変わらない。ただ頻度が変わるだけなので注意。頻度は生育期の3~5月、9~11月は10日に1回ほど鉢内が充分湿るぐらい水をやる。鉢底の穴から水が出てくるほどやっても構わない。梅雨時の6月からは蒸れやすくなるので水やり回数を減らす。2週間に1回くらいにする。そして7~9月は暑すぎて生育が鈍るためあまり根が水を吸わなくなる。そのため月に1~2回ほどに減らす。9月からまた水やりの回数を増やす。冬の12~2月は休眠期なので水をほとんど吸わなくなるので月1回程度。また30度を超える猛暑の間と5度以下になる厳冬時は、1回の水やり量も鉢内を軽く湿らせる程度に減らす。高い気温で多すぎる水をやると葉が突然割れ深い溝ができてしまうことがある。また冬と夏は水やり時間もタイミングがあり、夏は涼しくなった夕方に、冬はこれから暖かくなる朝にやる。凍るような寒い日や35度を超えるように時は無理に水やりはしない。パキフィツムは少々シワがよっても大丈夫。それよりたった1度の水やりで凍ったり溶けたりして枯れてしまうほうが怖い。

置き場

置き場パキフィツムは日本より気候がおだやかで温度変化の少ないメキシコ生まれの多肉植物のため、置き場所は工夫が必要。まず雨がとても少ない所なので年間を通して雨ざらしにはしない。そして風通しが良いことが大切。3~5月は屋外の日なたに置き、日光を良く浴びせる。6~9月は日差しが強すぎるため50%遮光(明るい日陰)に置く。この時期は特に蒸れないよう風通しに注意する。ふたたび10~11月は屋外の日なたに、12~2月も基本屋外の日なたに置く。ただ0~5℃を下回る場合は温室か室内の窓辺に取り込む。外に置く場合はほとんど意識しなくて良いが、室内に置く場合は風通しに気をつける。またあまり暖かすぎると徒長(ヒョロヒョロになる)するので暖房が効いた部屋にはなるべく置きたくない。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し寒さにはやや弱く、0℃とも5℃ともいわれる。できれば5℃程度。低くても0℃以下にならないようにする。霜に当てたり茎が凍結すると枯れることがある。枯れなくても傷みがひどくなり葉や株が傷ついてしまう。

殖やし方

殖やし方パキフィツムは挿し木(挿し穂)、葉挿し、株分けができる。時期は生育期の3~5月、9~11月が適している。他の季節はできないかといえば、できないわけではないが、休眠中などで根が出ないなどのトラブルが起きやすい。

挿し芽の方法:

挿し木は親株から5cm程度茎をカットし下の方の葉をもぎとり断面を3~4日乾かす。乾いたら乾燥した用土に挿す。発根するまで2~3週間かかるが気長に待つ。根が1cm程度出たら水やりを開始する。いきなりバシャバシャやらずに徐々に増やしていく。カットした親株には2ヶ月程度で新しい芽が出てくる。

葉挿しの方法:

葉挿しは親株から下の方の葉をもいでそのまま土の上に置いておく。もいだ葉は直射日光が当たらない、明るい日陰に置く。根や芽がでるまで1ヶ月以上かかりそこから葉が5mm程度まで育つまで4ヶ月以上かかる。最初の水やりはもぎとった葉がカラカラに乾いてから。そのため最初の半年は水をやらないことになる。
→詳細はパキフィツム「月美人」の葉挿しページへ

株分けの方法:

数年間育てて群生した株は株分けができる。土から掘り出して古い根を整理し子株ごとにわけて植え付ける。植え付けてから3~4日後から水やりを始める。株分け前は10日以上水やりを控えて土をサラサラにしておく。
種まき:原種は種まきもできる。

植え替え:

植え替えも株分けと同様に生育期の3~5月、9~11月に行う。事前に水やりを控えて土を乾燥させておく。真夏などに植え替えると株にダメージを与えるので控える。根が張りやすいので小さいうちは1年に1回、大きい鉢になってきたら2年に1回ほど一回り大きな鉢に植え替える。注意点があり、小さい鉢から一気に大きな鉢に植え替えるのはよくない。そうすると根が張っていない鉢底に水がたまり蒸れや根腐れを起こしやすい。

土土は排水性のよいもので肥料分が少ないものを選ぶ。他の多肉植物と同じように市販の「多肉植物の土」を使っても良い。原産地ではごつごつした山の岩肌に生えているので砂のような土をイメージすると良い。自分でブレンドする場合は、くん炭やピートモス、ボラ土、赤玉土、鹿沼土(いずれも小粒)を混ぜ合わせる。全部鹿沼土などではなく、5種類以上の土を混ぜ合わせるのが理想的。(例)赤玉土2:鹿沼土2:ピートモスか腐葉土1:川砂1:くん炭1:パーライト1 など

肥料

肥料基本は乾燥地帯に育つため、肥料はほとんど要らない。しかし肥料を与えると生育がよくなり早く成長するのも事実。肥料をやる場合は生育期の3~5月、9~11月に月1回薄い液肥を与える。ハイポネックスなら2000倍に希釈して1回の水やり代わりにたっぷり与える。ただ肥料のやり過ぎはよくない。肥料をやりすぎると茎ばかりヒョロヒョロ伸びて株が弱る。また秋から冬にかけてあまり紅葉しなくなる。初心者のうちなど、やったほうがよいか迷ったら無理にやらなくてよい。固形肥料は水やりの回数が少ないパキフィツムには使いづらい。

病害虫

病害虫パキフィツムはあまり病害虫は心配ない。しかし庭などでは他の植物から病害虫が入り込んでくることがある。比較的つきやすいのがカイガラムシ、ネジラミ、ナメクジなど。葉の裏の付け根に白いものが付いていたらカイガラムシなので爪楊枝などで1つずつ取り除く。生育が悪いと思ったら根にネジラミ(サボテン根コナカイガラムシ)がついていることがあるので根を点検する。一般的な殺虫剤も効く。病気は特に心配ないが根腐れに注意する。

パキフィツムの花

グラウクムパキフィツムは冬に花芽がつき、春に花を咲かせる。だいたいエケベリアと同じような感じだが、12月~2月に成長点に近い部分から突然花芽がでてきて、じっくりつぼみを膨らませて3~4月頃開花する。
→詳細はパキフィツムの花のページへ

育て方のコツ

ポイント

  • 月美人が紅葉しないのはなぜ?水と肥料のやりすぎ、気温が高すぎ、風通しや日当たりが少ないと紅葉しなくなる
  • 葉がポロポロ落ちてしまう→もともと葉が取れやすいタイプだが、夏はますます生理障害で葉が落ちやすくなる。なるべく涼しいところで管理する
  • 葉挿しの葉からなかなか根・芽が出てこない→葉挿しは100%成功するとは限らない。根だけ出て芽がでないということもある。3ヶ月以上根・芽が出ないものは諦める
  • 粉がはげてしまった。再生させるには?→残念ながら再生はできない。しかし育て続けると新しい葉が中心から出てきて粉はげの葉は下葉になるので気にならなくなる

失敗してしまう人へ

管理人コメント

ワンポイント

  • 生育は遅いがほったらかしで育てられ病気の心配も少なく手軽
  • 種類は少ないが月美人など美人シリーズが人気
  • 斑入り種は斑なしより耐寒性や耐暑性が弱い、扱いが難しいものが多い
  • 水やりは少なめできゅっと締めて徒長しないように慎重に栽培するときれい
  • 月美人と星美人は実質的には差が無い(同じ品種)といわれている。その他もオビフェルムをかけ合わせて新しい品種が作られた

コメント