スポンサーリンク

デロスペルマ属(Delosperma)の特徴と種類・育て方

デロスペルマ属の写真

デロスペルマ属・夕波デロスペルマ属・夕波 花山嵐 Delosperma_cooperi花山嵐(出典:Wikipedia 沙坐蘭白花 Delosperma_sutherlandii沙坐蘭白花(出典:Wikipedia

デロスペルマ属(Delosperma)の特徴

ツルナ科
育てやすさ:
生育型:夏型
成長速度:
殖やし方:挿し穂、株分け
原産地:南アフリカ


※育てやすさ(4段階評価)
◎育てやすい–〇普通–△やや難しい–×難しい

※成長速度(4段階評価)
◎早い–〇普通–△遅い–×とても遅い

デロスペルマ属はこんな植物
一言でいうと:花の姿からも分かるようにマツバギクに近い植物でとても丈夫。多肉植物として栽培されるほか、普通の花壇や土が見えている所を埋めるため(グランドカバー)にも使われている。だんだんと横に広がっていく(ほふくする)
特徴:基本的に2枚の葉が対になって出てくる。夕波のような太めの葉、もっと細い葉の種類もある。耐寒性もあり春には花を咲かせる。黄色、紫色などの鮮やかな花をたくさん咲かせるので、「花ものメセン」ともいわれる。
育て方:高温多湿に弱く耐暑性がやや弱いので、夏は遮光したり水やりを控えたりする必要がある。

年間栽培カレンダー

水やり 春から秋の生育期は週に2~3回与える
冬は生育が鈍るので月に1~2回程度に抑える
置き場所 耐寒性があるので年間を通して外で栽培できる
植え替え 生育が旺盛なので地植え向き、鉢で栽培する場合は、生育期の春か秋に植え替えする
殖やす 春と秋に株分けと挿し木ができる
肥料 特に必要ない
開花 春に種類により黄色やむらさきの花を咲かせる

主な種類名

夕波 (ユウナミ) : Delosperma corpuscularia lehmannii
細雪 (ササユキ) : Delosperma pottsii
スパルマントイデス : Delosperma sphalmantoides
アンヌラレ : Delosperma annulare
ボセラヌム : Delosperma bosseranum
花山嵐 (ハナヤマアラシ) : Delosperma cooperi
リデンブルゲンセ : Delosperma lydenburgense
ロゲルシー : Delosperma rogersti
沙坐蘭白花 (サザランシロバナ) : Delosperma sutherlandii ‘Albiflorum’

育て方のポイント

水やり

置き場

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

越冬最低温度と冬越し方法

殖やし方

挿し芽の方法:

葉挿しの方法:

株分けの方法:

種まきの方法:

植え替え:

肥料

開花

病害虫

育て方のコツ

失敗してしまう人へ

管理人コメント

ワンポイント

コメント