リトープスの種まき(実生)12ヶ月の育て方

このページではリトープスを種まきから育てる時の12ヶ月間の流れについて解説しています。
※今回は採りまき(本年度産の種子を蒔いています)そのため、昨年度産より発芽が遅く、生長過程の写真も幼めに写っています。あらかじめご了承ください。

リトープスの種まき

9月(種まき0ヶ月目)

9月の栽培
リトープス実生1年9月27日撮影
生育目安 上に載せている写真は、実際に2020年9月に種まきして9月に撮った写真です。1年後にこのような状態になっているような栽培を目指しましょう。なお鉢は9cmポット(プレステラ90)に植えています。
作業 種まきをします
リトープスの種は秋と春に蒔くことができますが、初心者のうちは秋まきのほうが成功率があがります。

また種まき可能な時期は9月から11月頃とされていますが、実際には気温などの条件を考えると25℃程度に下がる9月下旬~10月中旬が厳密には最適な時期です。8月は暑すぎて苗が溶けてしまい、また10月末以降は気温が下がりすぎて発芽が遅くなり、冬越しが難しくなります。10月1日の前後10日以内がベストなタイミングです。

そこでこのページでは9月末から10月初めにまくことを想定して解説します。また時期は寒冷地や暖地で若干ことなりますがそれでも半月から1ヶ月程度の差なので、適宜読み替えてください。

種まきの仕方はこちらをご覧ください。
実生の詳細ページ

日当たり(遮光率)
置き場所
置き場所は半日陰です。半日陰は50%遮光ネットを張った状態で明るい日なたともいいます。半日陰がどのくらいの明るさか分からない場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。
明るい日陰・半日陰とは?

また外に置いていると乾燥が激しい場合があります。その場合はラップで覆って上からプチプチと穴を空けます。ラップで覆う場合はラップ内が暑くなりすぎないよう、充分に遮光してください。だいたい発芽が揃ったらラップを外して大丈夫です。

水やり 水やりは少し特殊な方法です。土の上から水をかけると種ごと流れてしまうため、水を張った容器に鉢ごと浸けます。これを腰水(こしみず)といいます。種をまいた鉢が底1cm~1.5cmほど水に浸かるようにしてください。
腰水の方法はこちらを参照ください。
腰水(こしみず)とは?

10月(種まき1ヶ月目)

10月の栽培(30日程度)
リトープス 種まき10月19日撮影
生育目安 早いものでは種まきから1週間程度で発芽が始まります。発芽の早さは種の古さにもより、今年春に採れた種を蒔く場合(採りまき)10日以上かかるのが普通です。そして一斉に発芽するのではなくだんだんと発芽してきます。ピークは2週間目~3週間目くらいでしょうか。遅いものでは1ヶ月半かかるものもあります。個体差が大きいです。

一方昨年度に採れた種子など古い種子は発芽が早く、4日程度で発芽が始まり1ヶ月でほとんどが出揃います。発芽目安を知るため、種を購入する場合は必ず何年度産か確かめておくようにしましょう。

作業 発芽が揃ってきたら薄い液肥をスプレーすると大きく育てることができます。(初心者のうちは難しい場合、しなくても大丈夫です。)
日当たり(遮光率)
置き場所
40%程度の遮光が必要です。20%程度の遮光ネットを3枚程度重ねるか、40~50%程度の遮光ネットを1枚張るか、明るい日陰に置きます。
水やり 9月に引き続き腰水をつづけます。水が少なくなったらすぐに足すようにします。水切れするとたちまち干からびて枯れてしまうので、くれぐれも土を乾かさないようにします。少し過保護になるくらいでOKです。

11月(種まき2ヶ月目)

11月の栽培
リトープス2019年11月
生育目安 発芽は終わり双葉が大きくなっていきます。最初は肉眼で確認するのもやっとだったリトープスも水分と日光を吸収して何倍にも大きくなります。同じ日に蒔いたのに小さいものや大きいものの差が開いてきて、種まきの面白さを実感できるのもこの頃です。とはいってもまだまだ生まれたてほやほやの苗なので、水切れさせないようにします。
作業 気温により室内外へ移動させます。薄めた液肥をスプレーして生育を促進しましょう。
日当たり(遮光率)
置き場所
11月に入ってからは遮光をしなくてよくなります。遮光ネットを張っていた場合は外し、半日陰においていた場合は日なたに移動させます。日差しは弱く日照時間も短くなっています。リトープスもよく光合成することで大きくなりますので、なるべく日に当てて育てるようにしましょう。

11月から気温がかなり下がってきます。小さい苗は成株より寒さに弱いため、5℃を切ったら室内へ取り込む必要があります。取り込む際は室内の明るい日の差す窓辺が一番よいです。難しいようであれば植物育成用LEDライトを使うのもありです。

水やり 上からジョウロなどで水をやると苗が流れてしまう場合は腰水を続けます。苗がしっかり立つようになってきたら腰水をやめ上からの水やりに切り替えます。
水やりの方法 11月から気温がかなり下がってきます。小さい苗は成株より寒さに弱いため、5℃を切ったら室内へ取り込む必要があります。取り込む際は室内の明るい日の差す窓辺が一番よいです。難しいようであれば植物育成用LEDライトを使うのもありです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
実生(種まき)
れのみをフォローする
~多肉ちゃんこんにちは~多肉植物の育て方サイト

コメント