スポンサーリンク

金のなる木・黄金花月の育て方

このページでは、金のなる木(カネノナルキ)と斑入り種である黄金花月、小型種の姫花月や姫花月錦、そして変種であるゴーラムについて詳しく育て方を解説しています。皆Crassula ovataという一つの学名の変種で育て方も似ているのですが、注意点や異なる点もあるので、参考にしてみてください。

金のなる木・黄金花月の写真

金のなる木金のなる木 黄金花月黄金花月 ゴーラムゴーラム
金のなる木の葉挿し斑入りのお金のなる木の葉挿し 姫花月錦姫花月錦 クラッスラ ゴーラムゴーラム(約2年後)
クラッスラ ブルーバードブルーバード

金のなる木・黄金花月の特徴

ベンケイソウ科
クラッスラ属
種類名 金のなる木:Crassula ovata
黄金花月:Crassula ovata ‘Ougon Kagetu’
ゴーラム:Crassula ovata ‘Gollum’
姫花月・姫花月錦:Crassula ovata
ブルーバード:Crassula ovata ‘Blue Bird’
生育型 夏型
育てやすさ 育てやすい
成長速度 普通
殖やし方 挿し木〇、葉挿し〇
原産地

※4段階評価
育てやすい–普通–やや難しい–難しい
成長が早い–普通–遅い–とても遅い

金のなる木はこんな多肉植物
金のなる木とは?
金のなる木は色々な名称があり、お金のなる木、カネノナルキ、コインツリー、花月などといわれ、また斑入り種である黄金花月、変種であるゴーラム、ブルーバード、姫花月、姫花月錦もこの仲間です。全て学名Crassula ovataの仲間で、特徴や栽培方法が似ています。名前はコインツリー、お金(コイン)のような葉が付く木という意味で名付けられました。

特徴
どの種類も夏型とされていますが、実際には春秋に良く生育し、夏は生育が鈍くなります。冬は生育が止まりほとんど水を吸いあげなくなりますので断水します。秋から冬にかけて紅葉する種類もあり、黄金花月や姫花月錦などは秋から冬にしっかり日に当てて育てると葉の縁がピンク色に染まって美しくなります。

育て方
寒さに非常に弱い性質を持ちます。0℃以下においてしまうと、葉がとろっと溶けて枯れてしまいます。そのため冬零下の時期には室内や温室などに取り込む必要があります。暖地では冬中戸外に置きっ放しにされていることがありますが、それだと寒波がきた時やられてしまいます。暖地でも寒冷地でも0℃を下回る時は必ず室内に入れましょう。

また、金のなる木は強健種ですが、斑入り種である「黄金花月」や「姫花月錦」はとても弱い性質で、夏に直射日光に当てると日焼けして葉がボロボロと落ちてしまいます。必ず遮光してなるべく涼しい所に置いた方がよいでしょう。クーラーの効いている室内に入れない限りは葉落ちは避けられないです。ゴーラムはこの中では比較的強い性質で、真夏も葉落ちしたりせず生育を続けます。

育て方のコツ

  • 冬の寒さに弱いので3℃できれば5℃を切ったら室内に取り込む
  • 斑入り種は性質が弱いので、暑さや直射日光に気をつける
  • 夏型だが暑さには弱く春秋に良く生育する
  • 水やり量と土の種類が普通の植物と異なる

年間栽培カレンダー

生育型 夏型
生育期 4~6月と9~10月
休眠期 11~3月
緩慢な時期 7~8月
水やり
  • 4~6月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 7~8月は2週に1度少なめに
  • 9~10月は土が乾いたら鉢底から流れるまで(1週間に1回程度)
  • 11~3月は鉢を3分の1濡らす程度を月2回
置き場所
  • 年間を通して雨の当たらない風通しのよい所に
  • 3~5月は直射日光の当たる屋外
  • 6~9月は明るい日陰(50%遮光)
  • 10~11月は直射日光のあたる屋外
  • 12~2月は雨の当たらない屋外、5℃以下の場合は日当たりの良い窓辺に
植え替え
  • 3~5月頃が適期
殖やす
  • 3~5月、9~10月頃に葉挿し、挿し穂、株分け
肥料
  • 植え付け時に緩効性肥料、3~5月、9~10月頃に月1回液肥を与える
開花
  • 11~2月頃

スポンサーリンク

育て方のポイント

水やり

水やり
基本の水やり
普通の植物に比べると水やりは少なくて大丈夫です。それより水をあげすぎてしまうほうが根腐れして枯れる原因になってしまいます。金のなる木は葉が分厚く、ここに水分をため込むようになっています。そのため1ヶ月水やりしないくらいでは枯れません。葉がシワシワと柔らかくなってしまいますが、水をやるとすぐに元に戻ります。

目安
通常の場合は以下のようなタイミングで水やりをします。

4~6月は土が乾いたら鉢底から流れるまで、頻度は1週間に1回程度です。7~8月は2週に1度量も少なめにします。9~10月は土が乾いたら鉢底から流れるまで、頻度は1週間に1回程度に増やします。11~3月はほとんど水分が要らず鉢の中を3分の1濡らす程度を月2回程度で充分です。

休眠と生育
このようなパターンになるのは、金のなる木は生育期(春と秋)はよく水を吸って育つのに対し、真夏や真冬は生育が鈍って水を吸わなくなってしまうためです。これを休眠といいます。休眠期は動物の冬眠と同じように、水分や養分を必要としなくなります。そのため無理に与えると、腐って枯れてしまいます。

置き場

置き場
基本の置き場
金のなる木は日光を好みますが、強すぎる光は好みません。
また暗い所に置いたら普通の多肉植物は徒長してしまいますが、金のなる木はそれほどひょろ長くもならず生長してくれます。また、過湿に弱い植物なので一年を通して雨の当たらない所で管理します。そして風通しのよくすることもとても大切です。

冬の寒さにとても弱いです。霜当てたり0℃を切るような寒さに当てると、葉がどろっと溶けて枯れてしまいます。そのため春夏秋は戸外に置いて冬には室内に入れるのが基本の置き場所になります。

目安
具体的には季節ごとに以下のような場所に置きます。

3~5月は直射日光の当たる屋外に置きます。6~9月は日差しが強いので半日陰=明るい日陰(50%遮光)に置きます。10~11月は日差しが弱くなるので直射日光のあたる屋外に置き、12~2月は雨の当たらない屋外が基本ですが、5℃以下の場合は日当たりの良い窓辺にしまうようにします。

斑入り種の場合
この置き場所は普通のお金のなる木(強い種類)の場合で、斑入り種や姫花月錦などの弱い種類では異なります。斑入り種である黄金花月は葉緑素が少ないため、日差しに弱いです。そのため4月~10月までは50%遮光(半日陰)に置き、11~3月は直射日光にさらしても大丈夫です。

夏場に直射日光にさらすとどうなるかですが、葉がやけどをして茶色~黒っぽくなり、酷いと葉ごとパラパラと落ちてしまいます。やけど(葉焼け)した部分は元には戻らないので、遮光ネットなどを浸かって予防することが大切です。

耐暑性と最高気温・夏越しの方法

夏越し耐暑性は種類によりますが、全体的に強いほうではありません。緑色の普通のカネノナルキは割と強いですが、黄色や白の斑入り種では耐暑性が弱く、「花月錦」「黄金花月」「斑入り」と書いてあるものは夏の暑さに注意が必要です。およそ35℃を超えると、下の方から順に葉がパラパラと落ちて酷いと丸はげになってしまうので、室内のクーラーの効いた涼しいところに一時的に取り込む必要もでてきます。

外で涼しく過ごさせるには、遮光ネットを利用します。遮光ネットを張ると直射日光が遮られて温度がかなり下がります。シルバーの50~60%遮光ネットを使うとよいでしょう。

越冬最低温度と冬越し方法

冬越し耐寒性は弱いほうで、最低越冬温度は5℃とされています。5℃以下にするとすぐ枯れるわけではないですが、霜が当たると枯れるので注意が必要です。毎日0℃を下回る寒冷地などでは冬にずっと室内に取り込む必要があります。その場合なるべく昼間は窓辺で日に当て、夜は室内の中央などに寄せるようにします。

寒さに当てた場合
寒さに当てて葉が落ちてしまった場合、葉はしなっとやわらかくなりその部分は枯れてしまいます。元に戻すことはできませんが、マイナス2℃程度の寒さであれば、幹や根は生きているので新しい葉が出てくると再生できます。葉がくしゃっとなってすぐに棄ててしまうのはもったいないです。しかしさらに低い気温にさらした場合は根が凍ってしまうと助かりません。どちらにしても暖かくなるまで待って復活するかを見極める必要があります。

殖やし方(挿し木・葉挿し)

殖やし方
お金のなる木・黄金花月は挿し木や葉挿しで増やすことができます。挿し木は切った枝から増やすことで、葉挿しは葉1枚から子株を作り出す方法です。お金のなる木の繁殖は簡単な方で、初心者でも失敗せず行えます。斑入り種の場合、挿し木であれば斑の入り方はそのまま移行しますが、葉挿しの場合、斑なしや全斑、混ざりなど異なる形質になるようです。

挿し木の方法:

挿し木を行う場合は、生育期の4~6月か9~10月に行うようにしましょう。休眠中(真夏・真冬)に増やそうとしても、根が出なかったり腐ったりして失敗してしまいがちです。

まず親株から茎(挿し穂)を5~8cm程度切り取りましょう。あまり長く切り取ると根が出るまで長い時間がかかるので、ほどほどの長さにします。そして下の方についている葉を数枚落として、切り口を乾燥させるために土に植えないで1週間程度そのまま放置します。必ず日陰に置くようにしてください。切り口が乾いたら乾いた土に挿し、それから1週間程度で水やりを開始します。水やり開始後に根が伸びてくるので、徐々に水やりを多くし、親株と同じ置き場に慣らしていきます。

葉挿しの方法:

葉挿しは比較的一年中行うことができます。もちろん生育期の4~6月か9~10月が一番よいですが、真夏と真冬を除けば大体成功します。

まず親株から葉を丁寧にもぎ取ります。もぐとき少しコツがいり、付け根の部分も一緒にもぎとるようにしましょう。上の方の若い葉より下の方の古い葉のほうがもぎやすいです。葉挿しは成功率が100%ではないので、作りたい子株の数より多めに葉を採取します。葉をもぎ取ったらトレイや土の上などに並べて発根するのを待ちます。花月・お金のなる木は生長が遅く、根や芽が出てくるのもとても遅いです。1ヶ月以上かかることもありますので気長に待ちます。半年程度経つと親葉がカリカリになって子株の根ものび大きくなっています。親葉が完全にカラカラになったら、子株の水やりを始めます。

植え替え

金のなる木は植え替え不足に比較的強く、あまり成長障害を起こさないタイプです。そのため2年に一度植え替えを行います。植え替えには根詰まりを解消する(鉢の中が根で一杯になってしまう)、根に付く害虫を駆除する、空気の入りやすい新しい土に変える、などの効果がありますので、問題なさそうでも行うようにしましょう。

手順
植え替えは生育期の4月から6月に行います。植え替え作業では根を切って再生させるため、真冬や真夏のような休眠時期に行ってしまうと、後から根が出なくて困ってしまいます。まず作業する前数日は水を与えず、土を乾燥させておきます。次に鉢を叩いて株を抜けやすくします。

株を抜いたら古い土を落とし、そのとき茶色い枯れた根などを取り除き新しい土に植え付けます。もし、根腐れしているようであれば、土を全部落として根を丸出しにし、枯れた根を切り落として生きた根だけを残します。もし根に白い粉状の虫がついていれば、それは根ジラミなので丁寧に水で洗い流すか、その部分を切り捨てます。その後日陰で数日乾燥させてから土に植え付けます。

土と鉢

土
水はけと通気のよい土に植えます。普通の植物用に作られた「花と野菜の土」のような土だと肥料が多く、水分を多く含んでしまうので、乾燥気味に育てたい金のなる木には向いていません。そこでホームセンターなどに売っている多肉植物の培養土やサボテン用土などを選びます。このような土は始めから水はけがよく通気のよい土の配合になっているので、そのまま使うことができます。

ブレンド
もちろん自分で作ることもできます。その場合は赤玉土をメインに腐葉土やバーミキュライト、パーライトなどを混ぜて作ります。また暖地では地植えすることもあるかと思いますが、その場合は庭の土にそのまま植えずに、水はけのよい土(パーライト、軽石小粒、くん炭など)を混ぜてから植えたほうがよいでしょう。

肥料

肥料
特に必要ありません。金のなる木にほとんど肥料が必要ないのは、普通の植物や野菜のようにどんどん大きくなって、たくさんの花や実をつけることがないためです。そのため肥料を与えすぎると吸収しきれず「肥料焼け」のような副作用を起こしてしまいます。

鉢植えの場合
ただずっと鉢植えで育てていると、肥料分や微量要素が不足してくることがあるので、生育が思わしくない場合は、ハイポネックスなどの液肥を3~5月か9~10月に月に2回程度、水やり代わりに与えるとよいでしょう。植え替え時に土の中にマグアンプKのような緩効性肥料を混ぜ込んでおくのも良い方法です。植え替え時に緩効性肥料を入れた株は、半年はハイポネックスなど別の肥料を与える必要はありません。半年以降で肥料が切れてきたとき追肥として、液肥を与えるとよいでしょう。

病害虫

病害虫
特に心配はありません。病気にも害虫の被害にも極めて遇いにくいです。

金のなる木によくあるトラブル

  • 葉が下を向いている・・・日光不足です。もう少し日の当たるところに置きましょう。
  • 冬に葉が腐ってしまった・・・寒さに当てたせいと思われます。寒さに弱いので3℃以下にしないようにしましょう。
  • 葉の形がおかしくなった・・・ベンレートなどの殺菌剤(農薬)で薬害が出ることがあります。他の多肉植物に農薬をかける時は金のなる木にはかからないように注意しましょう。
  • 葉の一部が黒くなった・・・日差しが強すぎるサインです。葉が焼けたように黒くなる現象が5~10月に起きたら直射日光を避けて遮光しましょう。
  • 花が咲かない・・・通常の種類はある程度株が大きくならないと花が咲きません。大きくなるまで育てるか、小さな株でも花を付けるように品種改良されている種類を選ぶとよいでしょう。(12月頃に出回ります)
  • 葉が下を向いて丸まる・・・日照不足が考えられます。もう少し遮光を弱くするか、日当たりの良い所に移動させるようにします。
品種ごとの育て方
スポンサーリンク
れのみをフォローする
~多肉ちゃんこんにちは~多肉植物の育て方サイト

コメント